パーフェクト種牡馬辞典


11月16、17日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤が推奨したコントレイル(牡2歳)が土曜東京11Rの東京スポーツ杯2歳S(G3・芝1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

◎コントレイル(牡、母ロードクロサイト)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017101835/
バーンフライの3/4弟。ディープインパクト×Unbridled's Song(アジアンミーティア)はJRAに27頭が出走し21頭が勝ち馬で、ダノンプラチナ、ダコール、ブランボヌールなどが出ているニックス。ノースヒルズのお家芸ともいえる配合だ。母ロードクロサイはFappiano3×4とIncantation4×5を持つので、このニックスの根拠(Sir Ivor≒Cequillo≒Incantationのニアリークロス)を更に増幅した形。斬れるマイラー。(望田)

■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤が推奨したサトノフラッグ(牡2歳)が土曜東京2Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎サトノフラッグ(牡、母バラダセール)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105472/
ダンサールの3/4弟で、母バラダセールは亜オークス(亜G1・ダ2000m)や亜1000ギニー(亜G1・ダ1600m)に勝った亜3歳女王。ディープ×Not for Saleはダノンファンタジーと同じ。母系にMariacheを引くディープ産駒もクルミナルなどJRA出走4頭全て勝ち馬。Not for SaleがSwaps4×3で自身はLyphard4×5だから、ダンサールと似たイメージで、前々で運んでHyperion的な粘着力を活かしたい中距離馬だ。(望田)

■土曜東京11R東京スポーツ杯2歳S3着 ラインベック(ディープ・栗山)




11月9、10日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で栗山求が推奨したレッドベルジュール(牡2歳)が土曜京都11Rのデイリー杯2歳S(G2・芝1600m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★東京サラブレッドクラブ
父ディープインパクト
母レッドファンタジア(母の父Unbridled's Song)
牡 募集価格:7000万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105638/

フェアリーS(G3)3着馬レッドベルローズの全弟。父ディープインパクトはUnbridled's Songと相性が良く、母方にこの血を持つ同産駒は出走13頭中11頭が勝ち上がり、ダノンプラチナは朝日杯フューチュリティS(G1)を制して2歳牡馬チャンピオンとなりました。Unbridled Songの全妹アジアンミーティアもディープインパクトと相性が良く、新潟大賞典(G3)を勝ったダコール、その4分の3同血でキーンランドC(G3)、函館2歳S(G3)を勝ったブランボヌールが出現しています。3代母 Phone Chatter は米2歳牝馬チャンピオンに選ばれた名牝で、母レッドファンタジアはインランジェリー(米G1スピンスターSなど重賞3勝)の4分の3妹。きわめて質の高いファミリーでこの先の発展が見込めます。いかにも切れるタイプのディープインパクト産駒。仕上がりも早そうです。距離は1600〜2000mがベスト。馬体や歩様もいいので姉以上の活躍が期待できます。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で栗山求が推奨したグランデマーレ(牡2歳)が日曜京都5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
父ロードカナロア
母グランデアモーレ(ネオユニヴァース)
牡 募集価格:4400万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105097/

母グランデアモーレは現役時代に4勝を挙げて準OPまで出世しました。ネオユニヴァース産駒にしてはスピードがあり、マイル以下を得意とした馬です。その初子が本馬。「ロードカナロア×ネオユニヴァース」は現時点で3頭中2頭が勝ち上がり、残る1頭も新馬戦で4着ですからいずれ勝ち上がれそうです。ネオユニヴァースの母ポインテッドパスは Hyperion 5・7×4で、Hyperion の強い血はロードカナロアと合うのでこの組み合わせは悪くないでしょう。母の「ネオユニヴァース×クロフネ」はNHKマイルC(G1)の覇者で安田記念(G1)でも2着となったアエロリットの逆配合で、クロフネの父 Deputy Minister はロードカナロアと相性良好。マイル前後で手堅く走ってくるタイプでしょう。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2019』で望田潤が推奨したシルヴェリオ(牡2歳)が土曜京都4Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

シルヴェリオ(牡・父ハーツクライ・母シルヴァースカヤ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105350/
シルバーステート、ヘンリーバローズ、ヴィルジニアなどの下で、シックスセンスのイトコ。母シルヴァースカヤはロワイヨモン賞(仏G3・芝2400m)などに勝った。いわゆるハーツクライ産駒の走るパターンではないが、母は優秀な繁殖だし、母系にSilver Hawkが入るのはグレイルと同じ。タイムフライヤーやシャドウディーヴァなどもそうだが、母系のRoberto的なパワーが表現されたハーツ産駒の早期活躍が最近は目立つ。(望田)

■土曜東京7R1000万下 ルナステラ(一口・望田&栗山、ディープ・望田&栗山)
■日曜京都11Rエリザベス女王杯3着 ラヴズオンリーユー(ディープ・望田&栗山)




キズナ産駒がJRA獲得賞金3億円突破


周知のとおり今年は新種牡馬が好調です。とくにキズナとエピファネイアの2頭は、わが国のエース級の名種牡馬群に伍して互角の戦いに持ち込んでおり、2歳総合種牡馬ランキングは1位ディープインパクト、2位キズナ、3位エピファネイアという順です。

キズナはJRAにおける獲得賞金が3億円を突破しました。新種牡馬の歴代最速記録です。11月第1週終了時点で歴代の新種牡馬の成績(JRAのみ/2億円以上)を比較すると以下のようになります(数字は「TARGET frontier JV」に拠る)。

1位キズナ(2019)…………………3億1765万円(24勝)
2位ダイワメジャー(2011)………2億8370万円(19勝)
3位サンデーサイレンス(1994)…2億5753万円(19勝)
4位ロードカナロア(2017)………2億5610万円(23勝)
5位エピファネイア(2019)………2億4565万円(22勝)
6位ディープインパクト(2010)…2億3630万円(23勝)
7位アグネスタキオン(2005)……2億2670万円(20勝)
8位ヨハネスブルグ(2013)………2億2590万円(18勝)
9位フレンチデピュティ(2004)…2億0475万円(16勝)

キズナはこのほか、地方競馬の門別競馬場で行われた北海道2歳優駿(Jpn3・ダ1800m)をキメラヴェリテが制しています。

1位にキズナ、5位にエピファネイアが食い込んでいることからも、今年の新種牡馬のレベルの高さが窺えます。現在はキズナがリードしていますが、年末までにエピファネイアが逆転する可能性も大いにあるでしょう。上位はビッグネームばかりで、いずれものちに種牡馬ランキングのトップを争っています。キズナとエピファネイア、今年どちらが先着するにしても、ゆくゆくは2頭ともランキング上位に食い込んでくる大物であるのは間違いなく、2年目以降も継続して活躍馬を出せるはずです。

こうした話題も含めて、netkeibaTVで配信中の「予想に役立つ! オンライン種牡馬辞典」で触れております。このほどパソコンでも展開されるようになり、より間口が広がりました。馬体や配合に関するポイントを、栗山求と三輪圭祐さん(社台スタリオンステーション)が解説していくというものです。日曜日の16時に更新され、もちろんバックナンバーもご覧いただけます。どうぞお楽しみに!
https://tv.netkeiba.com/program/?id=19




11月2、3日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で望田潤が推奨したスカイグルーヴ(牝2歳)が日曜東京5Rの新馬戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父エピファネイア
母アドマイヤセプター(キングカメハメハ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105186/
牝 募集価格:3500万円
母アドマイヤセプターはドゥラメンテの全姉でルーラーシップと3/4同血の間柄。ダイナカール〜エアグルーヴとつづく名牝系の本流です。本馬は同じエピファネイア×キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ノーザンテーストのアロマティコ17と配合パターンも実馬もよく似ています。Sadler's Wells≒Nureyevの3/4同血クロスにより、エピファの弱点である後駆の弱さをカバーできる配合で、非常にオススメしやすい芝中距離馬ですね。東サラでピックしたレッドソンブレロ17も含め、エピファネイア×キングカメハメハはやはり成功の手ごたえがあります。(望田)

■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で栗山求が推奨したサトノフウジン(牡2歳)が日曜東京4Rの新馬戦(芝1600m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★サトノフウジン(牡・母コンテスティッド)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104743/
2017年のセレクトセール当歳で落札価格2億円(税抜)。中日新聞杯を勝ち、NHKマイルCで2着となったギベオンの全弟で、母コンテスティッドは現役時代、エイコーンS(米G1・ダ8f)、テストS(米G1・ダ7f)など3つの重賞を含め7戦5勝の成績を残した名牝。母の父 Ghostzapper は00年代のアメリカ最強馬の1頭で Deputy Minister 系。米三冠馬 Justify や本邦輸入種牡馬ドレフォンの母の父となるなど、ブルードメアサイアーとして頭角を現している。父は Deputy Minister 系と相性が良く、じっさい本馬の全兄ギベオンは重賞を勝っている。馬の出来ひとつでクラシックでも勝負になるだろう。(栗山)




本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。本日、11月2日(土)放送分に出演いたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして古谷剛彦さんとアルゼンチン共和国杯、みやこSの見解をたっぷりお届けいたします。お楽しみに。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode