パーフェクト種牡馬辞典


7月23、24日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2013〜14年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤が推奨したガリバルディ(牡5歳)が日曜中京11Rの中京記念(G3・芝1600m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○ガリバルディ(牡・母シェンク)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2011104243/
マルカシェンク・ザレマの3/4弟で、母は伊1000ギニー(伊G2・芝1600)勝ち馬。全兄トーセンシーザーは期待外れに終わったが、母母 Buckwig が Busanda≒Mr>Busher 3×4で、「サンデー×ミスプロ×Buckpasser」のA級配合形だけに、連続で空振りということはないはず。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で栗山求が推奨したクライムメジャー(牡2歳)が日曜中京5Rの新馬戦(芝1600m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
クライムメジャー
父ダイワメジャー
母クライウィズジョイ(トニービン)
牡 募集価格:4000万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014102878/
 サトノノブレス(父ディープインパクト/日経新春杯、小倉記念、中日新聞杯)やヒカルオオゾラ(父マンハッタンカフェ/関屋記念−2着、エプソムC−2着)の4分の3弟。「ダイワメジャー×トニービン」という組み合わせからはコパノリチャード(高松宮記念)が、オールドスタッフ牝系にダイワメジャーという配合からはエクセラントカーヴ(京成杯オータムH)が出ています。Irish River を持つダイワメジャー産駒も成功しています。母クライウィズジョイは手堅いスピードを伝えるので、この配合なら高確率で走ってくるのではないでしょうか。芝1400〜1800mあたりがベストでしょう。(栗山)

■土曜福島1R障害未勝利 フィリグラーナ(POG・望田)
■土曜福島8R500万下 ステイブラビッシモ(POG・望田)
■土曜函館9R500万下 ルアンジュ(一口・栗山&望田)
■土曜函館12R駒場特別 カラクプア(POG・望田)
■日曜中京7R500万下 ヴィブロス(ディープ・栗山&望田)




2016セレクションセール


セレクトセールが終わればセレクションセール。7月19日(火)に静内の北海道市場で行われました。1歳馬のみのセールです。早朝便の飛行機に乗って行ってきました。小雨が降るあいにくの天候ながら会場の熱気は凄かったですね。



売却率は73.52%、平均価格は約1442万円。いずれも1歳市場となった2011年以降では最高記録となりました。
http://umaichi.com/trade/july2016/selection/

高額落札馬ベスト3は以下のとおり。

■46番. ┌ ルーラーシップ
 牡馬 └ テンイムホウ(父ラムタラ)
      落札価格:5000万円(税別)
      購買者:(同)雅苑興業
      販売申込者・(有)辻牧場
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015103219/



■229番 ┌ ロードカナロア
 牡馬 └ レオソレイユ(父オペラハウス)
      落札価格:4100万円(税別)
      購買者:鈴木可一
      販売申込者・(有)谷口牧場
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015103173/



■24番. ┌ ルーラーシップ
 牡馬 └ ムーンザドリーム(父ダンスインザダーク)
      落札価格:3900万円(税込)
      購買者:曽我司
      販売申込者・(有)高村牧場
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015103122/



ルーラーシップ産駒がここでも人気です。春のトレーニングセールとは違い、競馬場に姿を現した初年度産駒が好成績を収めているので、買う側も安心してお金が出せるといったところでしょう。ロードカナロア産駒もいいですね。来年のデビューが楽しみです。




函館記念はマイネルミラノ


すんなりとハナに立ったマイネルミラノ(3番人気)がケイティープライド(13番人気)以下の追撃をしりぞけて逃げ切りました。
https://youtu.be/D2-licusNFw?t=19s

1〜4着馬は3、13、9、16番人気という大荒れの決着でした。勝ったマイネルミラノは重賞初制覇。昨年は前哨戦の巴賞(OP)を勝って臨んだものの本番は逃げバテて8着。前後半58秒6−62秒0と厳しいラップを刻んだことが敗因です。今年は60秒0−59秒0。丹内騎手のペース配分が上手かったと思います。ペースを落としすぎると上がりの競馬になってしまい、切れ味のある馬の餌食になるので、残り1000mからじわっとペースを上げてまんまと逃げ切りました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105964/



母パールバーリーは英愛15戦1勝という下級馬でしたが、Nayyir(英G2チャレンジSなど重賞5勝)、Highest(首G3ドバイシティオブゴールドS)の半姉にあたる良血です。近い世代に Danzig と Silver Hawk を併せ持つのでグラスワンダーに近い血統構成です。



母の父 Polish Precedent は「Danzig×Buckpasser」なのでデインヒルに配合構成が似ています。



母にデインヒルと Ribot 系のクロスを持つステイゴールド産駒といえば、フェノーメノとナカヤマフェスタの2頭が有名です。本馬はデインヒルこそないもののそれと相似な血の Polish Precedent を持ち、Ribot クロスはないものの Arts and Letters(その父 Ribot)が入ります。似たような配合構成といえるでしょう。

2代母の父 Silver Hawk は Roberto 系だけあって切れ味には欠けるものの、スピードの持続力に秀でた血です。マイネルミラノのように先に行って粘り強いという個性は、このあたりの血も影響を及ぼしていると思われます。

◎バイガエシ(1番人気)は5着。結果的にこのペースでは位置取りが後ろすぎたかもしれません。前残りの流れでは厳しかったですね。




「一口馬主好配合馬ピックアップ」で望田潤がロードをピック


望田潤がロードサラブレッドオーナーズを2頭ピックアップしました。栗山分と合わせて計4頭です。ダブリはありません。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c00037.html




「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がロードをピック


栗山求がロードサラブレッドオーナーズを2頭ピックアップしました。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c00037.html






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 7月9、10日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Athenaeum
  • ラジオNIKKEI賞はゼーヴィント
    栗山求
  • ラジオNIKKEI賞はゼーヴィント
    尾形
  • 宝塚記念はマリアライト
    ヒデハヤテ
  • 『競馬最強の法則』7月号
    さるまる
  • ラニ大健闘! ベルモントSで3着
    讃良光
  • netkeiba.com 主催の一口馬主向けイベントに出演しました
    パル
  • 『netkeiba.com』の「GIドキュメント」に寄稿しました
    テノリオ
  • 日本ダービーはマカヒキ
    ミマタオー
  • ディープインパクトと英国王室
    ニュービギニング

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode