パーフェクト種牡馬辞典


JRA−VANの海外競馬サイトが正式オープン!


9月5日にプレオープンし、本日から正式オープンとなりました。10月2日の凱旋門賞から始まる海外馬券発売。海外競馬はなじみが薄く、知らない馬がほとんどなので、買いづらいというのが正直な反応でしょう。情報不足を解消するために、馬券検討のための豊富な材料を提供すること。それがこのサイトの目的です。海外競馬に関する知識を深めたい方、できれば馬券を当てて儲けたいという方は、ぜひブックマークに登録していただきたいですね。

微力ながらわたしも協力させていただきました。「凱旋門賞の解説コラム」のなかの「血統分析」です。ラクレッソニエールをはじめ回避馬が何頭か出ているのですが、執筆段階では出走予定だったため原稿に含まれています。よろしくお願いいたします。
http://world.jra-van.jp/




9月24、25日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2015〜16年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサトノダイヤモンド(牡3歳)が日曜阪神11R神戸新聞杯(G2・芝2400m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

◎サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
母マルペンサはR.V.マンシリャ大賞典(亜G1・芝2000m)勝ち馬で、Halo 4×3、Northern Dancer 4×4、Natalma 4・5×5、血統表の3/4で Almahmoud の血を何重にもクロスしている。自身は Halo≒Sir Ivor 3・5×4・5。母父 Orpen は名マイラー Lure の代表産駒でモルニ賞(仏G1・芝1200m)勝ち。中距離で奥行きがあるかとなると疑問もあるが、速攻系マイラーとして有望でPOG向きだ。(望田)

★サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
セレクトセール当歳で落札価格2億3000万円。母マルペンサはアルゼンチン産で、コパデプラタ大賞(亜G1・芝2000m)、クリアドレス大賞(亜G1・ダ2000m)、ヒルベルトレレナ大賞(亜G1・ダ2000m)を制覇。Northern Dancer 4×4の片方が Danzig を経ているという好パターン。母の父 Orpen はデインヒルと配合構成が似ており、その父 Lure は Bertolini(ジェンティルドンナの母の父)と同じ Danzig×Alydar という組み合わせ。初子だけに手探りの部分もあるが、まともなら走ってくる。(栗山)

■『2016〜17年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したムーヴザワールド(牡2歳)が日曜阪神5R新馬戦戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎ムーヴザワールド(牡、リッスン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106212/
タッチングスピーチの全弟。母リッスンはフィリーズマイル(英G1・芝8F)勝ち馬。リッスンの全姉SequoyahはモイグレアスタッドS(愛G1・芝7F)に勝ち英愛2000ギニーのHenrythenavigatorを産んだ。名牝系に代々一流種牡馬がかけられ、しかも代々好配合というピカピカの良血だ。母父Sadler's Wellsだからこれも完成は遅めかもしれないが、姉よりも母方のマイラーっぽさが出たように見える。そこに期待した。(望田)

○ムーヴザワールド(牡・母リッスン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106212/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億5000万円。タッチングスピーチ(ローズS、エリザベス女王杯−3着)の全弟で、母はフィリーズマイル(英G1・芝8f)の勝ち馬。その全姉にモイグレアスタッドS(愛G1・芝7f)を勝った Sequoyah、血統構成がまったく同じ馬(父が同じで母同士が全姉妹)にオペラ賞(仏G2・芝1850m)を勝った Insight、本邦輸入種牡馬サフロンウォルデンがいる。母は文句なしの良血だ。「ディープ+Sadler's Wells」は Mr.Prospector のサポートが重要。本馬はこのパターンに合致していないものの、Mr.Prospector の父 Raise a Native は持っており、母方の奥にスピード豊かなアメリカ血統が詰め込まれているので、Sadler's Wells の重さを解消している。おそらく完成は遅めだろうと思われるのでPOG向きとはいえない面もあるが、配合的なポテンシャルの高さからスルーするわけにはいかない。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で望田潤が推奨したガウディウム(牡2歳)が土曜阪神2Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
父ハービンジャー
母パーフェクトジョイ(ステイゴールド)
http://db.netkeiba.com/horse/2014106072/
牡 募集価格:2400万円
アルアランの甥。以前に私のブログ記事でも書いたのですが、母系にディクタスを引くハービンジャー産駒はこれまで4頭が出走してベルーフ、ウインティアラ、カゼルタの3頭が勝ち馬、残りのヒットリターンキーも先日の新馬戦でロスの多い競馬ながら3着に追い込んでおり、今のところ高確率で成功している配合パターンといえます。これにはちゃんと根拠があり、ハービンジャーの母父Beringの母母Barbraがディクタスの母Doronicとニアリーな関係(Le Fabuleux≒WordenとDomenico Ghirlandio=Donatelloが共通)で、つまりBarbra≒Doronicのニアリークロスが派生するのです。ステイゴールドとデインヒルの組み合わせといえばフェノーメノやナカヤマフェスタなどが出たニックスでもありますから、ハービンジャー×ステイゴールドには今後も大いに注目でしょう。本馬は細身でフレンチな斬れを武器とした母パーフェクトジョイ(全5勝が外回り1800m)の影響も強い体型体質で、ハービンジャー産駒ながらエトランドルのようにストライドで走るタイプ。それほど俊敏ではないですが、ナスキロ的かつWild Risk的な持続力ある末脚で東京2400mを追い込んでくる姿が目に浮かびます。(望田)

■木曜大井11R東京盃(Jpn2)3着 プラチナグロース(一口・栗山)




ローズSはシンハライト


中団につけた◎シンハライト(1番人気)が直線で大外に持ち出して脚を伸ばし、逃げ粘るクロコスミア(11番人気)をゴール直前でハナ差とらえました。
https://youtu.be/O-ug4R7Hqqc?t=10s

オークス以来の実戦で馬体重はプラス14kg。小柄な馬なのでこれぐらい増えてこないと秋のG1戦線を戦うには心許ないところです。パドックで見るかぎり太め感はありませんでした。1・1/4馬身差で勝ったデビュー戦を除けば、勝った4戦の着差はハナ、ハナ、ハナ、クビ。2着に負けた桜花賞はハナ差と、つねにゴール前で接戦になる馬です。今回は前残りの競馬が目立つなかで外から差し切るという強い内容で、着差以上に力の開きがありました。次走の秋華賞(G1)でも人気を集めることになりますが、内回りコースなので展開と位置取りが重要です。ミスがあると怖いですね。

予想は◎だけ的中。予想文を転載します。

「◎シンハライトは『ディープインパクト×シングスピール』という組み合わせ。母シンハリーズはデルマーオークス(米G1・芝9f)の勝ち馬で、本馬はアダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)の全妹、リラヴァティ(マーメイドS)の4分の3妹にあたる良血。父ディープインパクトは阪神芝1800mで連対率は28.7%と走っており、12年のジェンティルドンナ、13年のデニムアンドルビー、15年のタッチングスピーチと過去3頭がこのレースを勝っている。さらに、12年は1〜3着、15年は1、2着を占めた。血統的にコース適性が高く、シンハライト自身の実力も高いので、評価を下げる理由が見当たらない。順当に勝ち負けに持ち込めるはずだ」

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013105906/



ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)を勝ったアダムスピークの全妹。ゼンノロブロイを父に持つリラヴァティ(福島牝馬S−2着、ローズS−3着)、アダオムスブリッジ(若駒S)の4分の3妹でもあります。

父ディープインパクトは現3歳世代から11頭の重賞勝ち馬を送り出していますが、マカヒキ、サトノダイヤモンドなど4頭が Halo クロスを持っています。シンハライトもその1頭です。

シンハライトの母方に入る Glorious Song は、カナダとアメリカで通算34戦17勝の成績を残し、加年度代表馬、米最優秀古馬牝馬、加最優秀古馬牝馬(2回)に輝いた名牝です。全きょうだいの Devil's Bag(米最優秀2歳牡馬セン馬、タイキシャトルの父)、Saint Ballado(米リーディングサイアー)も北米の競馬に大きな足跡を残しています。全きょうだいがそろって成功しているということは、優秀な配合であることの証明でもあります。Glorious Song は繁殖牝馬としても優秀で、Singspiel、Rahy(Giant's Causeway の母の父)、グランドオペラ(メイセイオペラの父)、シャンソネット(ダノンシャンティの母)などを産みました。Singspiel はシンハライトの母の父です。

 Ballade(f.1972.Herbager)
   Glorious Song(f.1976.Halo)
   │ グランドオペラ(c.1984.Nijinsky)
   │ Rahy(c.1985.Blushing Groom)
   │ Morn of Song(f.1988.Blushing Groom)
   │ │ ハールワソング(f.1996.Nureyev)
   │ │   ハルーワスウィート(f.2001.Machiavellian)
   │ │   │ ヴィルシーナ(f.2009.ディープインパクト)
   │ │   フレールジャック(c.2008.ディープインパクト)
   │ │   マーティンボロ(c.2009.ディープインパクト)
   │ Singspiel(c.1992.In the Wings)
   │ シャンソネット(f.2000.Mark of Esteem)
   │   ダノンシャンティ(c.2007.フジキセキ)
   Devil's Bag(c.1981.Halo)
   Angelic Song(f.1988.Halo)
   │ レディバラード(f.1997.Unbridled)
   │   ダノンバラード(c.2008.ディープイパンクト)
   Saint Ballado(c.1990.Halo)

母方に Glorious Song を持つディープインパクト産駒は成功しており、アダムスピークとシンハライトの兄妹のほかに、ヴィルシーナ、フレールジャックとマーティンボロの兄弟などがいます。国外競走馬では仏1000ギニー(G1)を勝った Beauty Parlour もこのパターンです。連対率35.1%、1走あたりの獲得賞金額589万円は、ディープインパクト産駒全体の成績(24.2%、332万円)をはるかに上回る優秀なものです。

Glorious Song の全弟 Devil's Bag を母方に持つディープインパクト産駒はこれまで目立った成績は挙げていなかったのですが、現3世代からサトノダイヤモンド(きさらぎ賞、日本ダービー−2着、皐月賞−3着)とキャンディバローズ(ファンタジーS)を出して挽回しています。

母シンハリーズはデルマーオークス(米G1・芝9f)の勝ち馬。日本のシーザリオが優勝したアメリカンオークス(米G1・芝10f)の3着馬でもあります。繁殖牝馬としての能力は素晴らしいものがあります。

母の父 Singspiel は10〜12ハロン路線で世界を股にかけて活躍した名馬で、日本でも96年にジャパンCを勝ちました。日本ではローエングリン、ライブコンサート、アサクサデンエンなどのように、むしろ短めの距離での活躍が目立ちます。2代母 Baize はスプリンターなので、仮にこのあたりが強く出て、なおかつ気性も激しいようだとマイラータイプに出ていた可能性もあったと思います。シンハライトはオークスを制したように距離が延びても問題ありませんでした。

シンハライトの半姉ポロンナルワは、Glorious Song 2×3という強度の牝馬クロスを持っており、母となってディーパワンサ(新馬−中京2歳Sを連勝)を産みました。その父はディープインパクトの息子ディープブリランテ。シンハライトとは血統構成の50%が同一です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106144/



前述のとおり、次走の秋華賞は京都芝内回り2000mなので、展開と位置取りが重要です。ペースが速ければ差しも十分届きますが、落ち着いた流れになると直線が短いだけに怖いですね。穴馬が台頭する余地もありそうです。




「一口馬主好配合馬ピックアップ」でシルクを5頭ピック


「一口馬主好配合馬ピックアップ」で、望田潤がシルクホースクラブを5頭ピックしました。うち2頭は栗山とのダブル推奨なので、新規は3頭、シルク全体で栗山・望田の推奨馬は合計10頭です。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c00037.html




「一口馬主好配合馬ピックアップ」でシルクを7頭ピック


「一口馬主好配合馬ピックアップ」で、栗山求がシルクホースクラブを7頭ピックしました。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c00037.html






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • セントウルSはビッグアーサー
    ゆーな
  • 北九州記念はバクシンテイオー
    栗山求
  • 北九州記念はバクシンテイオー
    名無し
  • 石川ワタルさん死去
    ササカマ
  • ニッポーテイオー死す
    ササカマ
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    ヒデハヤテ
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    栗山求
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    岩崎義久
  • 馬の選び方について須田鷹雄さんと対談しました
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラをピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode