パーフェクト種牡馬辞典


石川ワタルさん死去


闘病されていると知ったのは、今年のダービーが終わった直後、カメラマンや関係者でごった返すターフの上です。久しぶりに顔を合わせた宇田川淳さんが「石川さんの体調、あまり良くないみたいなんだよね……」とつぶやきました。なんと末期癌とのこと。あまりに突然のことだったので目の前の風景がグニャッと歪んだような気がしました。

それから2ヵ月半、レーシングプログラムや雑誌などで幾度か文章を目にする機会がありました。以前と変わらぬ調子のそれらを読むと、ひょっとしたら病気はガセネタではないか、と思ったりもしました。仮に癌が本当だとしても、かなり持ち直してきているのではないか……。

それは空しい願望でした。亡くなったと知らされたいま、脳裏に甦るのは石川さんの人懐こい笑顔です。大らかで陽気で優しく、冗談とダジャレと女性が好きで、いつも人の輪の中心にいらっしゃる方でした。初めてお会いしたとき、わたしは20代前半のペイペイでしたが、偉ぶることなく接していただいて感激したのを思い出します。それから幾度となく仕事やプライベートでご一緒させていただきましたが、石川さんのキャラクターはまったく変わることはありませんでした。

お仕事の大きな柱は『優駿』で担当されていた海外競馬ニュースですが、それを読んで日本以外の競馬に目覚めた方は少なくないと思います。わたしもそのひとりです。ともすれば専門的で難解な方向に傾きがちな海外競馬というジャンルを、初心者にもわかりやすく平明な文章で伝えた功績はきわめて大きかったと思います。それはまさに石川さんの飾らないお人柄の成せる業でした。

世界のなかの日本競馬、という問題意識をつねに抱え、日本競馬の改善すべき点といった方向に話題が及ぶと、真剣なまなざしで話が尽きませんでした。もちろん、外国かぶれといった浅薄なものではありません。三十数年前、イギリスの競馬評論家トニー・モリスが日本を「種牡馬の墓場」と評したときには、本人宛てに反論の手紙を書いたそうです。日本の競馬に愛と誇りを持ち、日本の馬が海外で活躍することを誰よりも望んでらっしゃいました。

年に数回、海外の大レースを取材されていたので、ブリーダーズCや凱旋門賞に出向いた際にはしばしば顔を合わせました。数年前の凱旋門賞ではロンシャン競馬場の正門近くで石川さんご夫妻と遭遇。石川さんは英国紳士風の盛装で、そんな姿は一度も見たことがなかったので「すごいコスプレですね。レンタルですか?」と言ったところ、「栗山くんね、ボクだってこれぐらいの服は持ってますよ」と朗らかに笑われました。永遠の青年といった心の若さがあり、20歳以上も年が離れているのに、まったくそんな気がしませんでした。

2013年の晩秋に『石川ワタル、世界をワタル』(東邦出版)を上梓されました。個人的に大好きな本です。そのいちばん最後に収められた「走馬灯」という作品はこんな書き出しです。

………………………………………………………………………………………
 人は死ぬとき、瞬時のうちに一生を振り返るという。過去の出来事が、わずか1秒か2秒か3秒か、超早送りのフィルムとなって脳裏に再生される。もう2度と見ることのない自分の人生。
 人はその思い出のアルバムを見ながら、死んでいく……。
 僕はそのとき、どんな光景を見るだろう?
 ――こんなことを考えるなんて、きょうの僕はどうかしているのか?
………………………………………………………………………………………

このあと、石川さんがこれまでに世界の競馬場で体験したさまざまなシーンが、まるで夢を反芻するかのように美しく幻想的に描かれていきます。これを読んだとき、石川さんにしか書けない傑作だと思う一方で、遺言のようだとも感じました。そして、この本が石川さんの最後の著作のように思えてきたので、そのあと電話でしゃべる機会があったときに「続編を期待しています」と伝えのを覚えています。「まずはこの本が売れないとね〜」と笑ってらっしゃいました。

1970年代の半ば、単身イギリスへ渡って数年間生活をされたお話は、いろいろな媒体でお書きになっただけでなく、酒場でも幾度かおもしろおかしく話していただきました。そこで、ある雑誌の編集者をしていた十数年前、石川さんにそのあたりのことをしっかり書いていただきたいと思い、連載を依頼しました。出だしは快調、もし完結したら単行本になりそうな予感がありました。しかし、数回掲載したところで雑誌が廃刊となり、その連載も中断。これだけは申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、石川さんは笑顔で「気にしないでいいよ」と声を掛けてくださり、その後も変わらぬお付き合いをしていただきました。競馬に限らず、人としてのあり方をその背中で教えてくださった偉大な先輩でした。合掌。




8月20、21日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で栗山求が推奨したレッドアンシェル(牡2歳)が土曜札幌5Rの新馬戦(芝1500m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★東京サラブレッドクラブ
父マンハッタンカフェ
母スタイルリスティック(母の父 Storm Cat)
牡 募集価格:2800万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105982/
3年前に推奨した全兄レッドラウディーは、542kgを記録した巨漢馬だったため脚もとの負担が大きく、高い能力を持ちながらそれを発揮しきれませんでした(最高成績は2着)。本馬は現時点で402kgと小柄で、競馬を使うころには450kgぐらいでしょうか。これなら楽しみです。父マンハッタンカフェは Storm Cat と相性がよく、この組み合わせからショウナンマイティ、マッハヴェロシティ、アンシェルブルー、トレンドハンター、エーシンミズーリといった活躍馬が出ています。母スタイルリスティックは Nathaniel(キングジョージ6世&クイーンエリザベスS)、Great Heavens(愛オークス)、Playful Act(フィリーズマイル)などの半姉にあたる超良血。トレンドハンターの母ロイヤルペルラ、エーシンミズーリの母セントルイスガールの配合構成に酷似しているので大きな期待が掛けられます。芝向きの中距離タイプでしょう。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で望田潤が推奨したディバインコード(牡2歳)が日曜新潟1Rの未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ノルマンディーオーナーズクラブ
父マツリダゴッホ
母ツーデイズノーチス(ヘクタープロテクター)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014104286/
牡 募集価格:1320万円
母ツーデイズノーチスはアネモネSを制して牝馬クラシックロードを歩み、古馬になってからも1000万下で堅実に走りました。そこにマツリダゴッホが配された本馬は、Halo≒Drone3×5、Never Bend5×5、Raise a Native6×5、Flower Bowl≒Intriguing6×5と父母相似配合になりました。競走能力を見せた両親の父母相似配合ですから、比較的間違いの少ない配合といえます。ちなみにマツリダゴッホ×ヘクタープロテクターの組み合わせは、8頭がデビューしクールホタルビなど4頭が勝ち上がり。わりとナスキロ柔さを感じさせる体質で、外回りの1800〜2000mでジワッと脚を使うストライド走法のイメージで、上級の出世は計算できる馬でしょう。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2015』で望田潤が推奨したハヤブサレディゴー(牝3歳)が土曜札幌4Rの未勝利戦(ダ1000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ハヤブサレディゴー(牝、父サウスヴィグラス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013104145/
ラブミーチャンの全妹で、ダブルスターやハニーバニーの半妹。母母ラストヒットは東北優駿や北日本オークスに勝ち、中央入り後もエルムS4着などダートでオープンを張った。母ダッシングハニーはNorthern Dancer3×4、Buckpasser4×4、Flower Bowl≒Your Hostess4×5、My Babu≒Ambiorix6×5、密な父母相似配合でダートの隠れ名繁殖。サウスヴィグラスは強いクロスを持たないので、こういうクロスのうるさい繁殖と合う。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2015』で望田潤が推奨したバンダムザブラッド(牡3歳)が日曜新潟6Rの未勝利戦(芝2400m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎バンダムザブラッド(牡、母キングズラヴ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013103085/
これもSex Appealにさかのぼる牝系なのでBusanda≒Mr.Busherの継続クロス(6×6・7)。母はNorthern Dancer4×4、自身はHalo3×4、代々の配合は活力がある。母系にNureyevとMr.Prospectorも入るので、ハーツクライの早期完成型のお手本のような配合だ。一方で全兄ロマンシングピサが2戦とも大敗で引退というのが気になるが、つづけて外す配合ではないだろう…ということで。

■土曜小倉10R小郡特別 ビットレート(一口・栗山)
■日曜札幌8R500万下 ウインアキレア(一口・栗山)




エルムSはリッカルド


勝負どころで外からマクって進出したリッカルド(7番人気)が残り100mで先頭に立ち、△クリノスターオー(4番人気)の追撃をクビ差抑えて重賞初制覇を果たしました。
https://youtu.be/VTuXJn6-_84?t=8s

前走、福島の準OPを勝ったばかりでこれが重賞初挑戦。実績馬が揃うなかで人気は無かったのですが、ここにきて馬が良くなっていたのかアッサリと壁を突破しました。黛騎手のスパートのタイミングも絶妙だったと思います。最後、クリノスターオーに差を詰められながらギリギリ残しました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2011101738/



父フサイチリシャールは現役時代、朝日杯フューチュリティS(G1)など3つの重賞を制覇しました。京都ハイジャンプ(JG2)を制したニホンピロバロンに次いで2頭目の重賞勝ち馬となり、平地では初めてです。

母キョウエイハツラツは現役時代16戦1勝。競走成績は平凡ながら、スマートファルコン(東京大賞典、帝王賞、JBCクラシックなどダートG1を6勝)の半姉、ワールドクリーク(東京大賞典)の半妹にあたる良血がモノをいい、繁殖牝馬として重賞勝ち馬を送り出しました。「オペラハウス×ミシシッピアン」という晩成血統なので、本馬はこれからまだ強くなる余地があると思います。母の父オペラハウスはメジャーエンブレム(NHKマイルC)、ウエスタンダンサー(京阪杯)、レオアクティブ(京成杯オータムH)などの母の父でもあります。

本馬は3歳夏に去勢し、それから2年経って重賞勝ち馬となりました。馬主の岡田牧雄さんは去勢の名人で、欧米の去勢事情についても精通していらっしゃいます。今年2月にお話を伺った際、日本における去勢は気性面の理由に偏りすぎている、と持論を述べておられました。去勢はホルモンバランスを変えることであり、男性ホルモンを制御するので、筋肉量が多すぎる馬を去勢するとうまく行く、とも。リッカルドが去勢されたのもそうした理由によるのかもしれません。

◎モンドクラッセ(1番人気)は3着。すんなりと逃げて能力は出し切りましたが、今回は相手が一枚上でした。




関屋記念はヤングマンパワー


最後の直線で外から伸びた○ヤングマンパワー(3番人気)が、先に先頭に立った△ダノンリバティ(7番人気)をゴール直前でクビ差とらえました。
https://youtu.be/3saPxxGRL-o?t=10s

勝ち時計1分31秒8は、新コースとなった01年以降、レース歴代2位タイの好時計(2位タイは他に4頭)。800m通過45秒7という緩みのないペースだったことが全体時計に影響しました。勝ったヤングマンパワーは3歳2月のアーリントンC(G3)以来1年半ぶりの重賞制覇。昨年の当レースでは3着、3走前の谷川岳S(OP)では2着と健闘しており、新潟の外回りコースでは安定して走ります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104685/



父スニッツェルはオーストラリアの種牡馬。過去2回日本でシャトル供用されており(現8歳と4歳世代)、本馬が唯一の重賞勝ち馬です。オーストラリアでは2011−12年のシーズンからトップ10をキープしており、2013−14年には2位という好成績。すでに11頭のG1馬を出しています。15−16年のシーズンには2歳馬が30頭勝ち上がりましたが、これは1975−76年に Without Fear が記録したオーストラリア記録に並ぶものです。

ヤングマンパワーのほかに、レオパルディナ(小倉2歳S−2着)、ルリニガナ(函館2歳S−3着)などが出ていますが、本国における華々しい成功に比べると、日本における成績はやや物足りなさを感じます。

オーストラリアで評判のスプリント血統――その多くはデインヒルや Green Desert の系統――は、日本のスプリント戦ではあまり実績を残していません。オーストラリアは世界に冠たる芝短距離王国ですが、日本の馬場はオーストラリアよりもやや軽く、掻き込みの強い Danzig 系の重厚なスプリント血統は微妙に合っていません。

本馬は、母の父サンデーサイレンスが日本向きの適性を与えているのでしょう。同じ Redoute's Choice 系のフルーキーと配合構成がよく似ています。いずれも母方にサンデーサイレンスと Nureyev を抱えているほか、Riverman と La Mesa も同じような血です。



◎マジェスティハーツ(10番人気)は15着。見どころがありませんでした。




ニッポーテイオー死す


80年代の競馬は、ミスターシービーとシンボリルドルフが立て続けに三冠馬となった83〜84年と、タマモクロス、イナリワン、オグリキャップなどが競馬ブームを盛り上げた88〜89年に、大きなふたつのピークがあったと思います。

その中間の時代は語られることが少ないのですが、決して谷間の時代だったわけではありません。個人的なことをいえば、まだ大学生だった89年に競馬業界の門を叩いたのですが、85〜87年あたりの競馬がつまらないものだったら、これほど競馬にハマることはありませんでしたし、さっさと違う業種に就職していたでしょう。

ニッポーテイオーは中間の時代を盛り上げた主役の1頭です。競走馬として完成した4歳秋に天皇賞・秋(G1)とマイルチャンピオンシップ(G1)をいずれも5馬身差で圧勝。翌年春にはダイナアクトレスを寄せ付けず安田記念(G1)を勝ちました。先頭または2番手につけて押し切る弾丸のようなレーススタイルは、“豪腕”の異名を取った郷原洋行騎手の手綱さばきとマッチしていました。

母は名繁殖牝馬チヨダマサコ。1歳下の半妹タレンティドガールは、マックスビューティの牝馬三冠を阻止してエリザベス女王杯(G1)を勝ちました(当時の牝馬三冠の最終関門は秋華賞ではなくエリザベス女王杯)。ホエールキャプチャの3代母、といったほうが分かりやすいかもしれません。

ニッポーテイオーとタレンティドガールを産んだチヨダマサコは、オークス馬オーハヤブサの牝系から誕生し、My Babu 4×4、Nasrullah 4×5というクロスを持っています。My Babu の母 Perfume は Nasrullah と相似な血なので、Perfume≒Nasrullah 5・4×5・5となります。このスピード配合がコンスタントに良駒を生み出した鍵ではないでしょうか。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1977100595/





当時のリーディングサイアーは Northern Dancer 系のノーザンテーストで、ニッポーテイオーの父リィフォーは、86、87年と種牡馬ランキングで2位でした。牝馬三冠馬メジロラモーヌ、日本ダービー馬シリウスシンボリを出したモガミと同じく Lyphard の息子で、Northern Dancer 系に属します。母 Klaizia はグロシェーヌ賞(仏1000m)の勝ち馬で、母の父 Sing Sing はスプリント種牡馬。その影響でスピードを武器としていました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1983102584/



スタミナタイプのリマンドを父に持つ半妹タレンティドガールは2400mをこなしました。しかし、リィフォーはマイラー種牡馬だったので、ニッポーテイオーには距離の壁がありました。87、88年と2年連続で宝塚記念(G1・芝2200m)に出走したものの、いずれも2着に敗れています。2年目は、天皇賞・春(G1)を含めて中長距離で無敵を誇るタマモクロスが参戦。マイル王者と長距離王者のドリームマッチとなりましたが、やはり2200mは1ハロン長く、ニッポーテイオーは必死に粘ったものの2着に敗れました。
https://youtu.be/IVofTPqkUXE

天皇賞・秋やマイルチャンピオンシップの圧勝劇は鮮烈でしたが、宝塚記念で距離の壁に挑んで散った姿も、血統による適性が厳然として存在することを教えてくれた思い出深いシーンです。

8月16日、北海道浦河町のうらかわ優駿ビレッジAERUにて33年の生涯を閉じました。80年代を彩る名馬のなかで最後の生き残りだったのではないでしょうか。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 石川ワタルさん死去
    ササカマ
  • ニッポーテイオー死す
    ササカマ
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    ヒデハヤテ
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    栗山求
  • レイクヴィラファームで「血統を語る夕べ」開催
    岩崎義久
  • 馬の選び方について須田鷹雄さんと対談しました
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラをピック
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でラフィアン、ウインをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でラフィアン、ウインをピック
    jiumi

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode