パーフェクト種牡馬辞典


10月19、20、21日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2018〜19年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したワールドプレミア(牡3歳)が日曜京都11Rの菊花賞(G1・芝3000m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○ワールドプレミア(牡・母マンデラ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105637/
ワールドエースの全弟で、欧G1を3勝した名馬Manduroの甥。母マンデラは独オークス(独G1・芝2200m)3着。3代母MandelaugeはAlycidon=Acropolisの全きょうだいクロス4×3で、母系はHyperionとドイツ血脈のスタミナが強い。POG向きとは言いがたい血統ではあるのだが、ワールドエースが3歳時に見せたポテンシャルは今でも忘れられない。(望田)

○ワールドプレミア(牡・母マンデラ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105637/
セレクトセール当歳で落札価格2億4000万円。マイラーズC(G2)をレコード勝ちし、皐月賞(G1)でも2着となったワールドエースの全弟。母マンデラはドイツの名馬 Manduro(ジャックルマロワ賞、プリンスオブウェールズS、イスパーン賞)の半姉にあたる良血で、現役時代に独オークス(G1・芝2200m)3着、ポモーヌ賞(仏G2・芝2700m)3着、サンタバーバラH(米G2・芝10f)3着などの成績を残した。アメリカでも好走しているのは堅い馬場への適性という面で大きい。「ディープ×Acatenango」の成績は父の平均値を大きく上回る。兄に似れば切れ味タイプか。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で栗山求が推奨したビオグラフィー(牝2歳)が日曜新潟1Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父ロードカナロア
母チアズメッセージ(サンデーサイレンス)
牝 募集価格:3500万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105421/

目黒記念(G2)を勝ったクリプトグラム(父キングカメハメハ)の4分の3妹。母チアズメッセージは京都牝馬S(G3・芝1600m)の勝ち馬でチアズブライトリー(七夕賞、京阪杯)の全妹と、華やかな牝系に属しています。父ロードカナロアは初年度産駒から大成功を収めており、代表産駒で牝馬二冠を制したアーモンドアイは Nureyev クロスを持っています。いまのところこれが代表的な成功パターンといえるでしょう。Nureyev は Hyperion 4×4。基本的にロードカナロアは Hyperion 色の強い繁殖牝馬と相性が良く、Nureyev クロスの成功もその表れではないかと考えることができます。本馬の2代母チアズダンサーは Hyperion 5・6×5・5。いかにもロードカナロアと合いそうな配合構成です。前述のとおり4分の3兄が重賞を勝っているので信頼性は高いでしょう。芝向きのマイラー。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2019』で望田潤が推奨したアジャストザルート(牡2歳)が土曜京都3Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

アジャストザルート(牡・父ジャスタウェイ・母エヴァディングタンペット)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104687/
これはツアーで見たときからいい馬だし順調に育成もすすんで近いうちに入厩予定とか。クラブの会員さんにもススメた馬です。母エヴァディングタンペットは伊1000ギニー(伊G3・芝1600m)勝ち。母系にKingmamboを引くジャスタ産駒にはアウィルアェイやラミエルがおり、昨年は本書でアウィルを推奨したが今年はこれでいきたい。しなやかな芝中距離馬。(望田)

■土曜京都6R500万下 レッドシルヴァーナ(一口・栗山)
■土曜東京8R1000万下 ブラックプラチナム(POG・望田)
■土曜東京11R富士S3着 レッドオルガ(ディープ・望田)
■日曜東京9R鷹巣山特別 レッドベルディエス(一口・望田&栗山、ディープ・望田)
■日曜京都11R菊花賞2着 サトノルークス(ディープ・望田)
■月曜東京9R三峰山特別 レッドルゼル(一口・望田&栗山)




ウインズ後楽園でトークライブに出演します


本日10月20日(日)、ウインズ後楽園B館6F特設ステージ(大型モニター前)で開催されるトークライブに出演します。時間は以下のとおりです。

1回目 14:20〜15:15
2回目 16:30〜16:50

「開設70周年記念 ファイナルドリーム2019inウインズ後楽園」と題するイベントの第1回目で、東京スポーツの虎石晃さんと菊花賞を中心に予想を行います。司会は梅澤真理子さんです。

今週から有馬記念週までほぼ毎週(アルゼンチン共和国杯週を除く)、出演者を入れ替えてのトークイベント企画です。栗山は12月8日にも出演します。お立ち寄りいただけましたら幸いです。




トークショー開催


10月22日(火祝)、新宿でトークショーを開催いたします。「娯楽百貨大学オープンカレッジ」の講師として、「Deep in 競馬学 〜勝ち負けより面白いこと、おしえます〜」と題するお話をさせていただくことになりました。お申込/問合せは以下のURLからどうぞ。
https://gorakuhyakka.com/reseave-university201910/

内容は「年間3兆円の売り上げを誇るビッグビジネスであり、スポーツとしても親しまれる競馬。人間の欲望を刺激してやまない馬の駆けっこを、文化、経済、そして進化論から論じる」。

格式張った小難しい話をするわけではなく、雑談風の語り口で競馬時事問題の裏側に触れたり、POG&一口馬主必勝法なども披露したいと思います。

聞き手は「娯楽百貨大学」の主宰者でもある黒川麻衣さん(劇作家)、特別聴講生は昔昔亭A太郎さん(落語家。2020年5月に真打昇進)です。新宿駅から歩いてすぐですのでぜひお気軽にお越しくださいませ。

【日時】
10/22(火祝) 18:00〜

【場所】
ふれあい貸し会議室新宿No.12
東京都新宿区西新宿7-8-11 中川ビル6階

【受講料】
2000円




10月12、13、14、15日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で望田潤が推奨し、『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したルナシオン(牝2歳)が月曜東京5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父ディープインパクト
母ピラミマ(Unbridled's Song)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105496/
牝 募集価格:8000万円
ミュージカルウェイ17も馬の出来は良いですが、ディープ産駒ではこれとリアアントニア17をピックすることにします。ピラミマの娘らしく柔くて現状はちょっと非力なぐらいですが、品はあるし動きも惚れ惚れするほどしなやか。春クラシックに間に合うかとなると際どいかもですが、ルナステラにしてもこれからまだまだ良くなる馬でしょう。ちなみに母系にUnbridled's Song(=アジアンミーティア)の血を引くディープ産駒はJRAに20頭が出走し、ダノンプラチナ、ダコール、ブランボヌールなど16頭が勝ち馬となっている高確率なニックスです。(望田)

◎ルナシオン(牝、母ピラミマ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105496/
スワーヴリチャードやバンドワゴンの下で、母母キャリアコレクションはBCジュヴェナイルフィリーズ2着。ディープ×Unbridled's Songのニックスについてはコントレイルを参照されたし。全姉ルナステラはちょっとスリムで使い込めないが、本馬は現時点で460キロぐらいあるらしく体つきも姉よりシッカリしている。見た目に中距離大箱で斬れそうな馬です。(望田)

◎ルナシオン(牝・母ピラミマ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105496/
シルクホースクラブで募集価格8000万円。大阪杯を勝ったスワーヴリチャードの4分の3妹、きさらぎ賞2着馬バンドワゴンの半妹にあたる。母ピラミマは現役時代2戦未勝利ながら繁殖牝馬として大成功。 Lucky Spell≒Star Fortune 3×3が配合上の鍵だと思われる。本馬は「ディープインパクト×Unbridled's Song×General Meeting」という組み合わせなので、ダノンプラチナ(朝日杯フューチュリティS、富士S)と8分の7同血。ディープインパクトと Fappiano 系は相性がいい。桜花賞向き。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2018』で望田潤が推奨したレッドブロンクス(牡2歳)が日曜京都2Rの未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★東京サラブレッドクラブ
父エピファネイア
母レッドソンブレロ(キングカメハメハ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105637/
牡 募集価格:3000万円
母レッドソンブレロ(未出走)はダート重賞3勝ソリタリーキングの全妹にあたります。そこにエピファネイアが配されて、サンデーサイレンス4×3とSadler's Wells≒Nureyev4×5のクロス。エピファネイアはHabitat的な非力な後駆が弱点といえ、Sadler's Wells≒Nureyevの3/4同血クロスでそこを補強できるキングカメハメハ肌との配合は成功しやすいでとみています。実馬はエピファネイアとソリタリーキングを足して割ったようなイメージで、長手の体型やしなやかな身のこなしは父譲り、ややゴツゴツした前捌きや短めの繋ぎは母譲りで、芝ダ兼用でパワーとスタミナと機動力に長ける中距離馬でしょう。稼ぎ場所には困らないし、オープン級の奥行きもあるとみました。(望田)

■土曜京都9RもみじS ラウダシオン(一口・栗山)
■日曜京都7R500万下 ティグラーシャ(ディープ・望田&栗山)
■月曜京都11RオパールS アウィルアウェイ(POG・望田)




10月5、6日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2014』で栗山求が推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト2015』で望田潤が推奨したドレッドノータス(セン6歳)が日曜京都11Rの京都大賞典(G2・芝2400m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
父ハービンジャー
母ディアデラノビア(サンデーサイレンス)
牡 募集価格:5000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2013105975/
先週、新潟の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったサンマルティンの全弟。兄と同じく5000万円での募集となりました。母ディアデラノビアはフローラS(G2)など3つの重賞を制覇した名牝。その母ポトリザリスはアルゼンチンダービー(G1)、アルゼンチンオークス(G1)を制した女傑。近年のアルゼンチンを代表する名牝系に属し、近親には多くの活躍馬がいます。本馬の半姉ディアデラマドレ(父キングカメハメハ)は非凡な切れ味を武器にマーメイドS(G3)を勝ちました。非主流のアルゼンチン血統だけにハービンジャーとの組み合わせは読みづらいところがあったのですが、サンマルティンの走りを見ると、ディアデラノビアの瞬発力とハービンジャーのフィジカル面の強みが相互補完的にうまくフィットしている感があります。2歳夏の新馬戦を勝ち上がった仕上がりの早さも高く評価できます。兄と同等の素質の持ち主であることを期待したいところです。(栗山)

○ドレッドノータス(牡・ハービンジャー×ディアデラノビア)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2013105975/
サンマルティンの全弟でディアデラマドレの半弟。ポトリザリスは南米アウトサイダー血統が強く Northern Dancer をはじめとする流行血脈を引かないので、キングカメハメハやハービンジャーやクロフネ(Northern Dancer≒Icecapade 4×3)のように Northern Dancer 血脈が強い種牡馬との配合で成功してきた。短足だがバネを感じさせる体質で、この牝系らしい力強いピッチ走法で走りそう。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で栗山求が推奨したアンデスクイーン(牝5歳)が木曜大井のレディスプレリュード(Jpn2・ダート1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★グリーンファーム愛馬会
父タートルボウル
母レイナカスターニャ(キングカメハメハ)
牝 募集価格:1000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106448/
母レイナカスターニャは1勝馬ながらアロマティコ(秋華賞−3着、エリザベス女王杯−3着)の全妹にあたるので、繁殖牝馬として期待できる存在です。本馬の父は新種牡馬タートルボウル。現役時代にジャンプラ賞(仏G1・芝1800m)とジョンシェール賞(仏G3・芝1600m)を勝ち、種牡馬としては Lucayan(仏1000ギニー)、French Fifteen(クリテリウム国際、英2000ギニー−2着)などを送り出しており、現1歳世代が日本における初年度産駒となります。母は「キングカメハメハ×サンデーサイレンス」で、父は Mr.Prospector も La Troienne も、もちろんサンデーサイレンスも持たないので、日本が誇るこの良血の組み合わせは新しい活力としてインパクトが大きいでしょう。それでいて、Night Shift≒ノーザンテースト3×4、Green God≒ペルースポート5×4(Dyhim Diamond≒アンデスレディー2×3といってもいいでしょう)という相似な血のクロスを持ちます。父の成功パターンは現時点では手探りの部分がほとんどですが、手堅く走ってくるのではないかと思わせる構造を孕んでいます。1000万円ならば乗ってもいいかなという気がします。芝向きの中距離タイプでしょう。(栗山)

■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で栗山求が推奨したディアスティマ(牡2歳)が土曜京都5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎ディアスティマ(牡・母スウィートリーズン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105379/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億5000万円。母スウィートリーズンはエイコーンS(米G1・ダ8f)をはじめアメリカのダートG1を3勝。母の父ストリートセンスは日本でも1年供用されたことがあり、産駒はダート向きだったが、「Street Cry×Dixieland Band×His Majesty」という組み合わせなので、ブルードメアサイアーとしては芝向きの産駒を出す可能性を秘めている。母方に Machiavellian を持つディープインパクト産駒は大成功しており、Blushing Groom を併せ持つパターンはヴィルシーナとヴィブロス姉妹と同じ。芝向きの中距離タイプ。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2019』で望田潤が推奨したラヴォアドゥース(牝2歳)が日曜京都3Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

ラヴォアドゥース(牝・父ダイワメジャー・母フィーリングトーン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105133/
エールヴォアの3/4妹で、ドリームパスポートの姪で、ダイワメジャー×グレースランドのフロンティアとは3/4同血の間柄。ダイワメジャーのテーストクロスはパワーに寄りすぎるきらいもあるが、フロンティアを見てのとおりトニービンやダイナサッシュを使ってナスペリオン的な血を重ねることでストライドで走れるようになる。本馬は母父のWild Againからもナスペリオン的な血を重ねた。(望田)

■土曜新潟10R瓢湖特別 ピボットポイント(ディープ・栗山)
■土曜新潟11R魚沼特別 エリティエール(一口・栗山)
■土曜京都11R長岡京S サウンドキアラ(ディープ・望田)
■土曜東京11RサウジアラビアロイヤルC3着 アブソルティスモ(POG・望田)
■日曜京都12R1000万下 エイティーンガール(POG・望田)






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode