パーフェクト種牡馬辞典


3月23、24日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2017』で望田潤と栗山求がダブル推奨したエルズリー(牝3歳)が土曜中京3Rの未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ノルマンディーオーナーズクラブ(二次)
父Graydar
母Miss Luna(ヘニーヒューズ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a013bb7/
牝 募集価格:2200万円
父GraydarはUnbridled's Song産駒でドンH(米G1・ダ9F)勝ち馬。母父はダートで成功している新種牡馬ヘニーヒューズで、GraydarはIn RealityとDeputy Ministerを持つのでヘニーヒューズ牝馬との相性は良好です。ちなみに母系にDeputy Ministerの血を引くヘニーヒューズ産駒にはアジアエクスプレスが、In Realityの血を引くヘニーヒューズ産駒にはドンフォルティスがいます。年末の阪神で新馬勝ちしたハギノフロンティア(ヘニーヒューズ×Unbridled)を逆さまにしたような配合でもありますね。柔らかな身のこなしはこの血統特有で、ハギノと似たタイプでダートをストライドで走る中距離馬でしょう。サウンドトゥルー=ルールソヴァール兄弟を見てのとおり、この手のダート血統の育成はお手のもので、あらゆるファクターからオススメしやすい馬です。(望田)

【1月10日追記】
父GraydarはドンH(米G1・ダ9f)を含めて米6戦5勝。2017年にデビューした産駒は54頭中15頭が勝ち上がっています。米新種牡馬ランキングは15位。重賞勝ち馬は出ていませんが、種付け料7500ドルの種牡馬としてはまずまずの成績といえるでしょう。母の父ヘニーヒューズは日本で種付けした産駒が2017年にデビューし、新種牡馬ランキングで2位につける好成績。それ以前にマル外として日本に入ったアジアエクスプレスとモーニン(いずれもG1優勝)は、いずれも母方に Cozzene を持っていました。本馬の父 Graydar には Cozzene の父 Caro が含まれています。この血に入る Relic はヘニューヒューズ産駒の配合的な鍵を握る血のひとつです。また、Deputy Minister に入る Grass Shack もそれと配合的骨格がよく似ているためヘニーヒューズ向きの血といえます。「Graydar×ヘニーヒューズ」の組み合わせは悪くないでしょう。Mr.Prospector 5・5×4とスピードが確保されており、ダート戦で着実に稼ぐタイプとなりそうです。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2018』で望田潤が推奨したアルママ(牡3歳)が土曜中山5Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

アルママ(牡・父オルフェーヴル・母ホエールキャプチャ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2016106022/
ホエールキャプチャは「クロペリオン」の最高峰であり「クロマサコ」の最高峰。全きょうだい(ドリームセイリングやパクスアメリカーナ)も走っているから、母としても有能なはずだ。オルフェーヴルとの配合も形は決まっているので、いきなり場外ホームランが出るかも。(望田)

■土曜中山8RペガサスジャンプS マイネルプロンプト(一口・望田&栗山)
■土曜阪神11R毎日杯2着 ウーリリ(ディープ・望田&栗山)
■土曜阪神12R500万下 ミッキーマインド(ディープ・望田)
■日曜中京10R岡崎特別 スターリーステージ(ディープ・望田&栗山)




『一から始める! サラブレッド血統入門』


平出貴昭さんが4月1日に新刊を上梓されます。競馬月刊誌『サラブレ』の人気連載を書籍化した『一から始める! サラブレッド血統入門』。第1章「血統とは何か」から第17章「最新の種牡馬傾向を掴む」まで、血統に関するあらゆることがらを丁寧に、そして易しく解説しています。章ごとに挿入されたコラムも興味深く楽しいですね。まさに血統入門本の決定版。この1冊を手元に置けば血統に関して分からないことはほとんど解決するでしょう。ぜひオススメです。





3月16、17日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2018〜19年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で栗山求が推奨したコントラチェック(牝3歳)が土曜中山11RのフラワーC(G3・芝1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○コントラチェック(牝・母リッチダンサー)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104880/
キャロットクラブで募集価格6000万円。バウンスシャッセ(重賞3勝)、フロアクラフト(オークス−5着)の4分の3妹。母リッチダンサーは日本で産んだ7頭中6頭が勝ち上がっており、確実性と大物感を兼ね備えた優れた繁殖牝馬。これだけの実績を残しているにもかかわらずディープインパクトと交配するのは今回が初めて。母方に Fairy King を持つディープインパクト産駒はこれまで14頭がデビューして11頭が勝ち上がり、ハープスター(桜花賞など重賞4勝)、ジュールポレール(ヴィクトリアマイル−3着)、ファタモルガーナ(ステイヤーズS−2着3回)、トーセンブレス(フラワーC−2着)などコンスタントに活躍馬が出ている。芝中距離で大きなところを狙える器だろう。(栗山)

■土曜中山8R1000万下 ハナレイムーン(ディープ・望田&栗山)
■土曜中山10R韓国馬事会杯 ゴライアス(POG・望田)
■日曜中山11RスプリングS3着 ディキシーナイト(一口・望田)
■日曜中京12R豊橋特別 ヤマニンペダラーダ(ディープ・栗山)




本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。本日、3月16日(土)放送分に出演いたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして辻三蔵さんと阪神大賞典やスプリングSの見解をたっぷりお届けいたします。お楽しみに。




『パーフェクト種牡馬辞典 2019−2020』明日発売開始!


3月11日(月)、栗山求&望田潤が監修した『パーフェクト種牡馬辞典 2019−2020』(自由国民社)が全国の書店で発売になります。



種牡馬を紹介する本は、その種牡馬のみに言及するものがほとんどですが、本書は「配合」という観点を取り入れており、旧時代の類書とは一線を画しています。

「種牡馬特別鼎談」は、栗山求、望田潤、三輪圭祐(社台スタリオンステーション)が種牡馬界の現状や新種牡馬の評価について活発に意見を交わしております。今年はとくにロードカナロアについて掘り下げており、キズナ、エピファネイア、ゴールドシップなどの新種牡馬についても、最新情報や成功しそうな配合パターンを盛り込んでいます。三輪さんには有力種牡馬の2歳注目馬を多数挙げていただきました。POG対策としても必読です。

新種牡馬5頭とランキング上位15頭については、栗山または望田が注目2歳馬を2頭ずつ挙げ、血統表を添えて解説しています。もちろん、馬券の狙い方にも十分なスペースを割いており、配合&馬券、という二本柱で主要種牡馬を徹底攻略しています。毎年同じではなく、最新の知見を取り入れてすべて書き換えています。

グリーンチャンネルでおなじみの辻三蔵さんの産駒調教分析、久保和功さんの馬体分析、素顔の種牡馬たちの姿を垣間見られる美野真一さんのコラム「種牡馬ちょっといい話」も読み応え十分です。その他に今年は牛山基康さんにもコラムを寄稿していただきました。

馬券、POG、生産にも応用可能な新時代のハイブリッド種牡馬辞典であり、配合の教科書としてもお使いいただけると思います。お買い上げいただけましたら幸いですm(_ _)m
https://www.amazon.co.jp/dp/4426123070






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode