パーフェクト種牡馬辞典


2月24、25日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したウインブライト(牡4歳)が日曜中山11Rの中山記念(G2・芝1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○ウインブライト(牡、父ステイゴールド、母サマーエタニティ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100222/
ステイゴールド×アドマイヤコジーンという組み合わせは本馬の全姉ウインファビラスとペルソナリテしか出走例がなく、この2頭が阪神JFに駒を進めて2着と6着に入線したのは快挙と言うべきだ。ロイヤルサッシュとミセスマカディーの血脈構成がよく似ており、ダイナサッシュ≒アドマイヤマカディの3×3になるのがニックスの根拠。そしてロイヤルサッシュ≒ミセスマカディーのニアリークロスを持つ馬も、上記2頭以外にスノードラゴンしか見つからないのだからまた驚かされる。現時点ではスーパーニックスと言っても差し支えなく、後追いと言われようが恥も外聞もなく全弟も狙う。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2017』で望田潤が推奨したアルムフォルツァ(牡3歳)が土曜阪神4Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎アルムフォルツァ(牡・母タガノスティード)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015100523/
3代母ダイナフェアリーはオールカマーなど重賞5勝。ここからローゼンカバリー、ドリームシグナル、ホクトスルタンなどが出る。Chief's Crownは母系にナスペリオンのIndian Hempを引くのでハーツクライと相性が良く、この血を引く産駒はヌーヴォレコルトやベルラップなど17頭出走で10頭勝ち上がり。毎年望田や栗山がシャルマンスタイル仔やベストブート仔を狙ったりしてますが、今年はこれとオーケストラを。(望田)

■土曜小倉5R500万下 ホウロクダマ(一口・栗山)
■土曜中山8R500万下 メンデンホール(POG・望田)
■土曜阪神10RマーガレットS アンフィトリテ(一口・栗山)
■日曜阪神9RすみれS キタノコマンドール(ディープ・栗山)
■日曜小倉10R小倉城特別 レッドカイザー(一口&POG・望田)




『優駿』で新連載「G1ホースが紡ぐ血」


月刊誌『優駿』3月号が本日2月24日に発売されました。今号から「G1ホースが紡ぐ血」という新連載を開始いたします。「現代競馬に影響を与える過去の名馬を知ろう」という副題にあるとおり、血統表に出てくる過去のメジャーな血を解説する、という企画です。1回目の今回はノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、ウインドインハーヘアの3頭。このほか「名馬はみだしコラム」という2本立てのショートコラムも毎回入れる予定です。連載は10〜12回を予定しています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0788XV9YS/




競馬道OnLineプレミアム予想 2月24、25日分


昨年3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2017−2018』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。2月24、25日分は望田潤の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




2月17、18日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で栗山求が推奨したロードダヴィンチ(牡3歳)が土曜小倉5Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ロードサラブレッドオーナーズ
父ロードカナロア
母レディアーティスト(フレンチデピュティ)
牡 募集価格:3780万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015102383/

この兄弟は現6歳のロードクルセイダー(父フジキセキ)、現2歳のロードソリスト(父ディープインパクト)を推奨しました。母レディアーティストは血統的に評価している繁殖牝馬ではありますが、「フレンチデピュティ×Unbridled」という配合は決して柔らかさを感じさせるタイプではありません。ロードカナロア産駒はカッチリとした四角い馬体が多いので、配合を鑑みて硬さのあるタイプなのではという先入観を持っていました。ホッコータルマエの高速版といったイメージです。しかし、動画を見ると、ロードカナロア産駒にしては脚長で、後肢の踏み込みが深く、意外にも硬さは見られません。サンデーサイレンスは入らないものの、こうしたタイプなら芝でも問題はなく、ダート向きに出るということはないでしょう。2代母の父 Unbridled は母の父がフランス産のステイヤー Le Fabuleux なので、アメリカ血統にしては底力があります。スピードタイプの血統のなかにこうした重厚な血が入るのは配合上のバランスとして好ましいところで、なおかつ、父ロードカナロアは In Reality を持っているので、Unbridled が抱える Dr.Fager と In Reality のニックスを継続します。2歳戦からスピードを活かして活躍するマイラーでしょう。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2017』で望田潤が推奨したトーセンブレイヴ(牡3歳)が日曜京都3Rの未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎トーセンブレイヴ(牡・母ギーニョ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104751/
スワーヴジョージの半弟で、兄たちはいずれも上級で活躍。本馬は父がキングカメハメハなのでトゥザワールド=トゥザグローリー=トーセンビクトリー=トゥザレジェンドと同血(母が全姉妹)の関係。典型的な「3/4Northern Dancerクロス,1/4サンデーサイレンス」で、全きょうだいがみんなオープン馬という信頼度抜群の配合だ。(望田)

■『2017〜18年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で栗山求が推奨したグレートウォリアー(牡3歳)が日曜小倉3Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★グレートウォリアー(牡・母プラウドスペル)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104975/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億5000万円。母プラウドスペルは米13戦7勝。ケンタッキーオークス(米G1・ダ9f)、アラバマS(米G1・ダ10f)を制して米3歳牝馬チャンピオンに選出された。Northern Dancer=Arctic Dancer 4×4・4・5で、Danzig を経由した Northern Dancer クロスを持っているので父の成功パターンに当てはまる。ただ、Gone West を抱えたディープインパクト産駒はショウナンアデラが阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝ったものの、全体的には一流の壁を突破できない小粒な産駒が目立つ。母はアメリカのチャンピオン牝馬であり、そのずば抜けた能力で大物感を補うことを期待して。(栗山)




競馬道OnLineプレミアム予想 2月17、18日分


昨年3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2017−2018』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。2月17、18日分は栗山求の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    ラリーホ
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子
  • ラジオNIKKEI第1「枠順確定!ジャパンカップ大展望」出演
    ゆーな
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode