パーフェクト種牡馬辞典


ラジオNIKKEI「中央競馬実況中継」出演


ダービー当日、ラジオNIKKEI「中央競馬実況中継」にゲスト出演します。ラジオNIKKEI第1<EAST>の14時30分過ぎと、ダービー前後の二度、お話させていただきます。予想やレース回顧もしますが、日本の種牡馬界の現状、世界と日本の血統がこれからどう交わっていくか、今年デビューの新種牡馬について、といったさまざまなテーマについて小林雅巳アナウンサーとトークいたします。radiko.jp でも聴くことができます。よろしくお願いいたします。




『英ダービー馬父系図』発売開始


日本産のディープインパクト産駒 Saxon Warrior が出走を予定している2018年の英ダービー。その歴史は1780年にまでさかのぼります。
覚えておきたい日本の牝系100』(競馬道OnLine新書)の著者である平出貴昭さんが全238回の勝ち馬239頭を父系図にまとめました。英ダービーの歴史のみならず、欧州の血統史を物語る資料とも言えます。馬名から血統表にもリンク可能です。巻末には勝ち馬一覧も掲載。英ダービーの血統資料としてご活用ください。全17頁、価格は500円(税込)。

「血統屋」サイトから電子書籍でお求めいただけます。
http://miesque.com/c00051.html

※ 「Yahoo!メール」などのフリーメールをご使用の場合、購入確認メールが自動的に迷惑メールフォルダに仕分けされてしまう場合がございますのでご注意ください。IDとパスワードの入力は、コピー&ペーストではうまく行かない場合がございますので、手入力をお勧めいたします。

…………………………………………………………………………
△▼△ 平出貴昭の『競馬血統年鑑2017』 △▼△
http://miesque.com/c00046.html
 中央、地方、海外、それぞれの重賞結果を血統面から完全フォロー。
 各国別リーディングサイアー表、父系図も完備した
 デジタル時代の究極の一冊。
…………………………………………………………………………




本日『KEIBAコンシェルジュ』に出演します


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。今週は「日本ダービーSP」ということで2時間の拡大版。21時30分までお届けいたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして棟広良隆さんと日本ダービーの見解をたっぷりお届けいたします。また、須田、古谷、辻コンシェルジュはVTRで、津田コンシェルジュは生電話で印と予想をご紹介いたします。そして、スペシャルコンシェルジュとして草野仁さんが登場! お楽しみに。




『優駿』6月号発売


月刊誌『優駿』6月号が5月19日に発売されました。3月号から始まった連載「G1ホースが紡ぐ血」は、ダンジグ、ダンシリ、アルザオの3頭。このほか「2歳馬情報」の第二弾は育成牧場別の注目馬67頭を紹介しています。日本ダービー直前総力特集、水谷豊さんと武豊さんの対談後編、そして個人的に興味深く拝読したのが合田直弘さんの「サラブレッドセールの歴史〜欧米編」。勉強になりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BZB8SWQ/




5月19、20日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で栗山求が推奨したシングシングシング(牝3歳)が日曜東京1Rの未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★グリーンファーム愛馬会
父ヨハネスブルグ
母シンギングセンセーション(コロナドズクエスト)
牝 募集価格:1000万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015109077/

半兄アースゼウス(父 Officer)は兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)4着馬。ダート短距離で4勝を挙げて準オープンに在籍しています。2代母 Court Reception は Weekend Surprise≒コニーノーズ2×2で、本馬はそれを継続する形で Narrate≒Court Reception 4×3です。さらに、Myth≒コロナドズクエスト2×2ですから、かなり野心的な父母相似配合です。サンデーサイレンスが入らないヨハネスブルグ産駒はスプリンターやダート馬に出がちですが、アースゼウスの下ですからおそらくそのようなタイプになるでしょう。5月生まれの牝馬ということで価格は1000万円。安めの設定ながらコツコツ稼いでくれそうな魅力があり、一発の可能性も感じます。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で望田潤が推奨したジャスパーゲラン (牡3歳)が火曜金沢9Rの未勝利戦(ダート1500m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ノルマンディーオーナーズクラブ
父フレンチデピュティ
母レーヴドゲラン(リアルシャダイ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0136ca/
牡 募集価格:1120万円
ハクサンムーンのイトコ。フレンチデピュティ×リアルシャダイはアドマイヤジュピタと同じ。本馬はNorthern Dancer4×6・7、Bold Ruler4×6、Eight Thirty≒Good Example≒War Relic5・6×7・7、Blue Moon≒Nothirdchance4×5などをクロスする父母相似配合になっていて、募集コメントにあるように父フレンチデピュティによく似た体型体質をしているのがポイント。ダートや道悪や洋芝に向いた長めマイラーで稼ぎ場所に困らないタイプで、いかにもこのクラブらしい実用的な馬と言えるでしょう。ちなみにノルマンディーの募集馬でフレンチデピュティの血を引く馬は
ブラゾンドゥリス(5勝現役)
ルールソヴァール(4勝現役)
オルレアンローズ(3勝現役)
シュヴァリエ(3勝)
キャラメルフレンチ(1勝現役)
エーデルメイシュ(1勝現役)
グレイスフルワード(1勝)
ピッツネイル(交流3勝,障害1勝)
グロリアスヴァレー(未勝利)
と、実によく走っています。ルールソヴァールは3年前に栗山さんがピックした馬でもありますが、その全兄はダート王のサウンドトゥルー。ともに岡田スタッドの生産馬です。(望田)

■土曜京都9RメルボルンT ドレーク(一口・望田)
■土曜東京12R1000万下 キョウワゼノビア(POG・望田)
■日曜新潟12湯沢特別 シュエットヌーベル(一口・望田)




競馬道OnLineプレミアム予想 5月19、20日分


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。5月19、20日分は望田潤の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




5月18日(金)に公開ドラフトを開催いたします


競馬王×東京サラブレッドクラブPRESENTS「POG2018-2019 公開ドラフト」が間近に迫りました。開催概要は以下のとおりです。

開催日 5月18日(金)
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥2,000/当日¥2,500(要1オーダー)
※前売券はローソンチケットにて4/7(土)10時〜発売!
Lコード:32911
販売URLはコチラ→http://l-tike.com/order/?gLcode=32911
場所:新宿ロフトプラスワン

【出演】
パネラー
栗山求(血統評論家)
吉田竜作(大阪スポーツ)
井内利彰(調教捜査官)
グラサン師匠(漫画家)
和田稔夫(週刊Gallop記者)

MC・指名馬解説
伊吹雅也(競馬ライター)

POG界のトップランナーたちがガチンコのドラフト会議を繰り広げます。
各種POG媒体発売後の最新情報、トレセン情報も出し惜しみなくお伝え。
ノーザンFを始めたとした牧場の最新情報もお届けする予定です。
そして今年は週刊Gallopから和田稔夫記者の参戦が決定! 関東馬情報もバッチリです。
出演者との質疑応答コーナー、さらに豪華プレゼントが当たる抽選会など盛りだくさんの内容です。

第一部:POGドラフト会議
第二部:質疑応答
第三部:プレゼント抽選会

※要1オーダー(500円以上)
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。
※録音・録画は禁止とさせていただきます。また、開場時の席取りはご遠慮ください。




5月12、13日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で栗山求が推奨したレジーナドーロ(牝3歳)が土曜東京4Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父キングカメハメハ
母レジネッタ(フレンチデピュティ)
牝 募集価格:4000万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104157/

桜花賞馬レジネッタを母に持つ良血馬。母の「フレンチデピュティ×サンデーサイレンス」は、コンスタントに走るものの大物は出ない組み合わせでしたが、レジネッタが例外的にG1を勝ったのは、残り4分の1の部分(つまり2代母のマクダヴィア)が、5代以内に Hyperion と Son-in-Law の組み合わせから成る血を5本持つ(Tudor Minstrel、Flower Bowl、Abernant、Imitation、Swaps)という底力の塊のような配合構成だったことが大きかったと思われます。本馬の「キングカメハメハ×フレンチデピュティ×サンデーサイレンス」という組み合わせは、過去10頭走って7頭が勝ち上がり、ミュゼスルタン(新潟2歳S)、コナブリュワーズ(OP)、プロクリス(準OP)、プレシャスルージュ(準OP)などの活躍馬が出ています。連対率29.3%、1走あたりの賞金額300万円は、キングカメハメハ産駒全体の連対率19.4%、216万円を大きく上回ります。4分の3同血のリヴェレンテは準OPまで出世しており、芝向きの中距離タイプとしてそれ以上の期待ができます。(栗山)

■日曜新潟7R500万下 カラル(一口・望田&栗山、POG・望田)
■日曜京都6R500万下 サウンドキアラ(ディープ・望田)
■日曜京都9R白川特別 グローブシアター(POG・望田)
■日曜京都11R栗東S ウインムート(一口&POG・望田)
■日曜東京11Rヴィクトリアマイル3着 レッドアヴァンセ(ディープ・望田)




競馬道OnLineプレミアム予想 5月12、13日分


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。5月12、13日分は栗山求の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




『競馬最強の法則』6月号


オークス、ダービーを目前に控え、いよいよ春競馬も最大の盛り上がりを迎えようとしています。11日に発売された『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)6月号に、「2018年ダービー&オークスを100倍楽しむ方法」と題する特集の記事があります。そのなかの「新種牡馬(カナロア&オルフェ産駒)はダービーを勝てるか?」という2ページの血統パートは栗山のインタビューで構成されたものです。新種牡馬に限らず全体的な展望も盛り込んでおりますので、ぜひ一冊お手元にどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BZ5HT54/






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    ラリーホ
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子
  • ラジオNIKKEI第1「枠順確定!ジャパンカップ大展望」出演
    ゆーな
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode