パーフェクト種牡馬辞典


2013年の種牡馬傾向を振り返る(3)


今回はダートを振り返ります。

JRAで組まれた15のダート重賞のうち、3分の1にあたる5つをキングカメハメハ産駒が制しました。具体的な馬名を挙げるとベルシャザール(ジャパンCダート、武蔵野S)、ホッコータルマエ(アンタレスS)、アドマイヤロイヤル(プロキオンS)、グランドシチー(マーチS)の4頭。地方競馬で行われるダート交流重賞でも同産駒は大活躍し、前出のホッコータルマエがJBCクラシック、東京大賞典、かしわ記念、帝王賞、佐賀記念、名古屋大賞典と6勝を挙げたほか、ハタノヴァンクールが川崎記念とブリーダーズゴールドCを、タイセイレジェンドが東京盃を、ソリタリーキングがマーキュリーCを制しました。中央と地方を合わせたダート限定の種牡馬ランキングではキングカメハメハがトップです。

しかし、中央のダート戦のみに限定した勝利数ランキングでは、これまで2年連続首位だったキングカメハメハ(78勝)を上回り、ゴールドアリュール(83勝)がトップに立ちました。中央ではひとつも重賞を勝てなかったものの、地方競馬ではエスポワールシチー(JBCスプリント、南部杯)、クリソライト(ジャパンダートダービー)、コパノリッキー(兵庫チャンピオンシップ)の3頭が勝利を挙げました。

距離別の解説に移ります。下表のなかの左カッコは前年順位、右カッコは前年との勝利数増減です。

■ダ1000〜1300m
1位(1)サウスヴィグラス  28勝(+4)
2位(7)ゴールドアリュール 21勝(+8)
3位(4)キングカメハメハ  19勝(+2)
4位(6)クロフネ      16勝(+1)
5位(12)ダイワメジャー   15勝(+4)

ダート短距離といえばサウスヴィグラスが信頼できます。前年に続いてのV2を達成。ダート1600m以下では単勝回収率159%、複勝回収率108%ですから、ベタ買いしても十分儲かる計算です。連対率ベースで見ると、ダート1000mで26%を記録し、とくに札幌、函館の成績が優秀です。地方競馬ではラブミーチャンが東京スプリントとクラスターCを勝ちました。ゴールドアリュールが前年から8勝を上積みして2位に浮上してきたのが目に付きます。これまでこのカテゴリーではシルクフォーチュンとトーホウチェイサーぐらいしか目立った産駒はいなかったのですが、若い世代から伸びてくる馬がいるかもしれません。

■ダ1400〜1600m
1位(5)ゴールドアリュール 19勝(+7)
2位(2)フジキセキ     18勝(+2)
3位(4)シンボリクリスエス 17勝(+5)
4位(1)クロフネ      17勝(−2)
5位(6)キングカメハメハ  14勝(+4)

上位拮抗の大激戦を制したのはゴールドアリュール。前年から7勝を上積みしてトップに立ちました。過去5年間、1、1、1、2、1位と連対を外していなかったクロフネは4位に落ちました。ただ、ゴールドアリュールとはわずか2勝差です。2位フジキセキ、3位シンボリクリスエスも常連で、例年どおり安定した力を発揮しました。ちなみに前者の子ミラクルレジェンドは地方競馬に遠征してエンプレス杯を制しています。

■ダ1700〜2000m
1位(2)ゴールドアリュール 42勝(+2)
2位(1)キングカメハメハ  40勝(−24)
3位(3)シンボリクリスエス 35勝(+2)
4位(4)クロフネ      29勝(+4)
5位(6)ネオユニヴァース  28勝(+5)

ここもゴールドアリュールが制して二階級制覇達成。ただ、前年首位だったキングカメハメハが24勝減と自爆しており、その結果としてゴールドアリュールに勝利が転がり込んできた印象が強いですね。キングカメハメハは12年にこのカテゴリーで505走しているのですが、13年は389走。この路線で戦う馬の層が薄くなったことが原因でしょう。地方競馬のダート交流重賞に回った馬もいました。ここで落ち込んだ分を他の路線でカバーできず、ダート全体の勝ち星でゴールドアリュールに抜かれてしまいました。3位シンボリクリスエス、4位クロフネはダートではきわめて安定しています。前者の子ランフォルセは浦和記念を勝っています。

■ダ2100m〜
1位(15)ロージズインメイ   6勝(+5)
2位(1)キングカメハメハ   6勝(+1)
3位(2)アグネスタキオン   5勝(+2)
4位(31)ジャングルポケット  4勝(+3)
5位(6)マンハッタンカフェ  4勝(+2)

この部門はサンプルが少ないので、1頭の成績に左右されやすく、参考程度に見るのがいいでしょう。ロージズインメイとキングカメハメハが6勝で並びましたが、2着の差で前者が1位。後者の3連覇を阻みました。ロージズインメイはドリームバレンチノ(兵庫ゴールドトロフィー)の父でもあります。(この項終わり)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子
  • ラジオNIKKEI第1「枠順確定!ジャパンカップ大展望」出演
    ゆーな
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    匿名希望
  • 山野浩一さん死去
    Horses_BERG

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode