パーフェクト種牡馬辞典


2013年の英愛リーディングサイアーは Galileo(前)


日本においてはサンデーサイレンスが時代を画す種牡馬であり、それ以前と以後では生産界の風景が違います。近年のヨーロッパでそれに該当するのは Sadler's Wells でしょう。90年に初めて英愛リーディングサイアーに輝き、計14回その座に就きました。

現在は息子の Galileo 時代が到来しています。13年も2位 Dubawi に2倍近い賞金差をつけて英愛リーディングサイアーに輝きました。10年から4年連続、08年の1回を加えると計5回目の戴冠です(順位のあとのカッコは昨年順位)。

1位(1)Galileo(1998・Sadler's Wells)       £4,733,222
http://www.pedigreequery.com/galileo4
2位(9)Dubawi(2002・Dubai Millennium)      £2,527,515
http://www.pedigreequery.com/dubawi
3位(7)Oasis Dream(2000・Green Desert)      £2,429,152
http://www.pedigreequery.com/oasis+dream
4位(17)Teofilo(2004・Galileo)          £2,336,927
http://www.pedigreequery.com/teofilo2
5位(5)Dansili(1996・デインヒル)         £2,261,906
http://www.pedigreequery.com/dansili
6位(6)Pivotal(1993・Polar Falcon)        £1,972,062
http://www.pedigreequery.com/pivotal
7位(42)New Approach(2005・Galileo)        £1,917,757
http://www.pedigreequery.com/new+approach
8位(14)Dark Angel(2005・Acclamation)       £1,722,039
http://www.pedigreequery.com/dark+angel9
9位(2)Montjeu(1996・Sadler's Wells)       £1,632,616
http://www.pedigreequery.com/montjeu
10位(13)Acclamation(1999・Royal Applause)     £1,555,896
http://www.pedigreequery.com/acclamation2

Galileo が繋養されているアイルランドのクールモアスタッドには、毎年同馬の種を求めて選りすぐりの良血牝馬が集まっており、この支配体制は当分続きそうです。Frankel に代表されるようにデインヒル牝馬との配合が成功しているのが大きいですね。13年は Ruler of the World(英ダービー)、Magician(愛2000ギニー、BCターフ)が出現しました。後者にはデインヒルが入っています。Galileo の絶対王政を脅かすのは息子の Frankel まで待たなければならないかもしれません。



2位 Dubawi は優秀な若手種牡馬ですが、10年以降8、10、9位と、もうひとつ上位に行けないもどかしさがありました。昨年はG1を3勝した Al Kazeem の働きにより2位に浮上しています。わずか1世代を残して急逝した Dubawi Millennium の忘れ形見。現役時代にジャックルマロワ賞、愛2000ギニーなどG1を3勝した名馬で、種牡馬としても Makfi(英2000ギニー、ジャックルマロワ賞)、Lucky Nine(香港スプリント)、Poet's Voice(クイーンエリザベス2世S)、Monterosso(ドバイワールドC)など数多くの活躍馬を送り出しています。上位10頭中唯一の Mr.Prospector 系種牡馬です。

3位 Oasis Dream は現役時代、カルティエ賞最優秀スプリンターに選ばれた快速馬で、Northern Dancer 3×4、Sir Ivor≒Drone 3×4、Never Bend 4×4ですから父母相似配合です。優れた影響力をしっかり伝えられる、という長所はこのあたりに秘密がありそうです。産駒は仕上がり早のスピードタイプが多いのですが、母方にスタミナ血統を入れれば Midday(BCフィリー&メアターフ、ヴェルメイユ賞、ヨークシャーオークス、ナッソーS[3回])のような中距離馬も出します。このあたりが Oasis Dream の奥の深さです。13年は Jwala(ナンソープS)がG1を勝ちました。

ちなみに、2位 Dubawi と Oasis Dream は血統構成が似ています。



いずれも母方にダンシングブレーヴと Mill Reef を持つほか、前者の父 Green Desert と後者の父の母の父 Shareef Dancer はいずれも「Northern Dancer 系×Sir Ivor」という構成です。

ダンシングブレーヴは種牡馬入り早々マリー病という奇病に冒され、イギリスではわずか5世代、約150頭程度の産駒しか残しませんでした。昨今の人気種牡馬なら1世代で上回る数字です。しかし、その血を受け継いだ Dubawi や Oasis Dream が種牡馬として大成功を収めました。影響力の強さをいまさらながら思い知らされます。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    ラリーホ
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode