パーフェクト種牡馬辞典


函館スプリントSはガルボ


中団を追走したガルボ(8番人気)が58kgをものともせず力強く抜け出し、△ローブティサージュ(6番人気)の追撃をクビ差抑えました。
http://youtu.be/AUZxk7_vkxA

単勝1.6倍の断然人気に推されたストレイトガールは11着。レースを見てのとおり前が壁になって進路が開かず、何もできないままフィニッシュ。2年前のこのレースで2着に敗れたロードカナロアも、1番枠から馬群を捌いて外に持ち出すのに苦労し、ドリームバレンチノの2着に敗れました。どんな実力馬であろうと小回りコースの短距離戦ではときどきこうした事態に遭遇するので怖いですね。今回のストレイトガールはロードカナロアのときよりもはるかにひどく、まったく競馬をさせてもらえませんでした。次走のリベンジを期待したいですね。

勝ったガルボは12年4月のダービー卿チャレンジトロフィー(G3・芝1600m)以来の重賞制覇。通算4個目のタイトルです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007101163/



配合は、マンハッタンカフェ産駒の典型的な走るパターンです。母方に Caerleon を持つマンハッタンカフェ産駒は、ガルボのほかにレッドディザイア(秋華賞)、ジョーカプチーノ(NHKマイルC)、テイエムオーロラ(府中牝馬S)、マッハヴェロシティ(青葉賞−2着)などがいます。このほか、レッドアゲート(フローラS)は Caerleon の全妹 Video を持っているので、この仲間に含めてもいいでしょう。

母に Northern Dancer の強いクロスを持つ、というパターンも成功法則のひとつです。母ヤマトダマシイは Northern Dancer 4×4で、もう少し丁寧に記せば Nijinsky≒Far North 3×3です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1997100148/



マンハッタンカフェの代表産駒の1頭で天皇賞・春を勝ったヒルノダムールは、その母シェアエレガンスが Nijinsky≒The Minstrel 2×3。Far North と The Minstrel の全兄弟なので、ガルボとヒルノダムールの配合構成はきわめてよく似ています。参考までに両馬の母の血統を組み合わせてみます。



マンハッタンカフェは、法則どおりに産駒が走りやすい傾向が見られるので、走る産駒とそうでない産駒が比較的見分けやすい種牡馬です。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode