パーフェクト種牡馬辞典


阪急杯はミッキーアイル


ダッシュよくハナに立った◎ミッキーアイル(1番人気)がマイペースの逃げに持ち込み、外から迫る○オメガヴェンデッタ(4番人気)の追撃を4分の3馬身抑えました。
https://youtu.be/oqtJcdaWXtY?t=10s

勝ちタイム1分19秒9は、サクラバクシンオーが94年10月に樹立したコースレコードに並ぶものです。04年9月にラタフィア、11年6月にマジンプロスパーが同タイムで走っているので、これが三度目のタイレコードです。阪神競馬場は06年にコースを改修し、それ以前の平坦コースから坂のあるコースに変わっているので、同列で比較するのは難しいところもあります。

コース改修後に1分19秒9をマークしたのはマジンプロスパー以来ですが、同馬は時計が出やすい野芝オンリーで行われる6月開催で記録しており、洋芝がオーバーシードされたこの時期のほうが時計的な価値はあるでしょう。

競馬スピリッツに提供した予想は◎○で馬単2660円的中。予想文を転載します。

「◎ミッキーアイルは『ディープインパクト×ロックオブジブラルタル』という組み合わせ。母の父ロックオブジブラルタルはヨーロッパでG1を7勝した名マイラーで、母スターアイルはヨーロッパ的な重厚感あふれるスピード配合だ。ディープインパクトはノーザンダンサーの強いクロスを持つ繁殖牝馬と相性がよく、スターアイルはノーザンダンサー4・4×3なので好ましい。昨年のこのレースは不良馬場で58kgを背負いながら3着と健闘。良馬場ならさらに良く、今年の斤量は57kgなので下手な競馬にはならないだろう」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2011103916/



配合については13年11月6日のエントリー「レコード圧勝ミッキーアイル」に記しています。一部を転載します。

………………………………………………………………………………………
母スターアイルは現役時代13戦2勝。勝った2戦はいずれもダート1000m戦でした。母の半弟キングレオポルド(父フジキセキ)はOPクラスまで出世したスプリンターで、2歳時にはベゴニア賞(500万下・芝1600m)で1分34秒1という東京競馬場の2歳レコードを樹立しています。

母の父ロックオブジブラルタルは「ザ・ロック」の愛称で親しまれ、ヨーロッパのマイル戦線を中心にG1を7連勝するという偉業を成し遂げた名馬です。日本の軽い馬場ではピリッとした瞬発力に欠け、やや一本調子なところが見られます。日本では過去1シーズンだけ供用され、エイシンオスマン(ニュージーランドT)、プレイ(弥生賞−2着)、タガノロックオン(ジャパンダートダービー−3着)、ピュアオパール(関東オークス−2着)などを出しました。先に行って粘り強いタイプが多いですね。

Danzig は競走意欲旺盛なスピードタイプで、筋肉量豊富な馬体から繰り出すパワフルなピッチ走法が持ち味です。細身で大トビなディープインパクトとは対照的な個性といえます。両者を組み合わせたときにいいとこ取りができれば申し分なく、その最大の成功例がジェンティルドンナです。

ミッキーアイルの母スターアイルと、ジェンティルドンナの母ドナブリーニは配合構成がよく似ています。



Danzig、Alydar、My Bupers という血のコンビネーションはポピュラーなものではないので、ディープインパクト産駒の配合に関する重要な鍵が隠されているような気がします。

デインヒル、Be My Guest、Nureyev と、Hyperion 色の強い Northern Dancer 系種牡馬が集められているので、軽いスピードタイプに見えて持続力と底力に富んだタイプでしょう。11秒台半ばのラップを重ねてバテなかった秘密はこのあたりにもありそうです。前述のとおり母の父ロックオブジブラルタルは「ピリッとした瞬発力に欠け、やや一本調子なところが見られ」、「先に行って粘り強いタイプが多い」のですが、ディープインパクトと組み合わせることで、そうした特長を残しつつ日本向きに洗練された、というイメージです。
………………………………………………………………………………………

引用文に記したとおり、母に Northern Dancer の強いクロスを持つディープインパクト産駒はよく走っています。マイルチャンピオンシップ(G1)で2年連続2着の成績があるフィエロは母ルビーが Northern Dancer 3×3。同馬はロックオブジブラルタルの全妹なので、ミッキーアイルとよく似た配合構成です。



サトノダイヤモンド(きさらぎ賞)の母マルペンサは、Danzig と Alydar を併せ持ち、Northern Dancer のクロスを持っているので、スターアイルやドナブリーニと配合構成が似ています。



スターアイルとドナブリーニに含まれる My Bupers をマルペンサは持っていませんが、マルペンサの2代母の父 Logical と My Bupers は、近い世代に Busanda と Revoked を併せ持っているので、配合構成がよく似ています。Logical は My Bupers の代用と考えることもできます。



ミッキーアイルは3歳秋のスワンS(G2)以降、一度も勝っていなかったのですが、連敗に終止符を打っていいリズムで高松宮記念(G1)に臨むことができます。香港から再来日することが決定した昨年の覇者エアロヴェロシティ、日本馬ではダンスディレクターが強敵でしょうか。いい勝負になると思います。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode