パーフェクト種牡馬辞典


マイラーズCはクルーガー


中団を追走したクルーガー(3番人気)が最内から伸び、▲ダノンシャーク(5番人気)をクビ差とらえました。
https://youtu.be/Pqk-BFhVjro?t=20s

京都の良馬場で行われたマイラーズCは、今回を含めて過去4回中3回、1分32秒6で決着しています。ごく平均的なレベルでしょう。今年は前後半46秒2−46秒4とほぼイーブンペース。どのポジションでも馬に力があれば上位に来られた流れだったと思いますが、上位3頭は最後の直線でインを突いた馬たちでした。開幕週だけあってインコースの馬場コンディションが良かったですね。先か後ろかではなく、内から外かというポジションが明暗を分けました。外に回して負けた馬たちについては次走注意したいところです。

勝ったクルーガーは3歳時に京成杯(G3)3着の成績があります。そのあと骨折して春のクラシックは棒に振りましたが、夏の札幌で復帰し、着実にクラスを上げて再び重賞路線に乗り、中日新聞杯(G3)6着のあと重賞初制覇を飾りました。

中日新聞杯は内の先行馬が残る展開で、後方から外に回したこの馬にとって厳しい競馬となりました。今回は逆に何から何までうまく行った印象です。勝つときはこんなものでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104508/



距離短縮は問題ないと見ていましたが、前肢の掻き込みが強いパワフルなフットワークから考えて、開幕週の軽い馬場は合わないのではないか、と考えて無印としてしまいました。母の父ディクタットは、一言でいえばパワー型のスピードタイプ。Cape Cross の甥、Iffraaj の従兄弟にあたる良血で、現役時代、スプリントC(英G1・芝6f)とモーリスドギース賞(仏G1・芝1300m)を勝ったほか、安田記念(G1)で2着という成績があり、種牡馬としても日本で2年間(08、09年)種付けを行いました。ジュライC(英G1・芝6f)などG1を5勝した Dream Ahead が代表産駒です。Dream Ahead は道悪が得意でした。本馬は Nureyev≒Sadler's Wells 4×4という、これまたパワーを強化する4分の3同血クロスを持っています。

母アディクティドはシュヴァルツゴルトレネン(独G3・芝1600m)の勝ち馬。その半兄 Acambaro はミュラーブロート大賞(独G2)、バヴァリアンクラシック(独G2)を勝ち、独ダービー(G1)で2着となっています。「キングカメハメハ×ディクタット」というアクの強い配合でも日本の芝マイル向きにしてしまうのがドイツ牝系の力でしょうか。笠雄二郎さんが主張するところの4分の1異系のお手本のような配合です。詳しくお知りになりたい方は『サラブレッド配合史』『血統論』をどうぞ。
http://www.miesque.com/c00001.html

今回は恵まれた面もあったので、重賞で安定して上位争いをするには、もうワンランク地力を強化する必要がありそうです。

◎サンライズメジャー(6番人気)は6着。大外枠からハナを奪い、4着○フィエロ(1番人気)とは同タイムでハナ、ハナ差ですから大きく負けているわけではありませんが、もうワンパンチが足りません。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    匿名希望
  • 山野浩一さん死去
    Horses_BERG
  • 山野浩一さん死去
    ヒデハヤテ
  • 山野浩一さん死去
    クラウディオ・スアレス
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    クラウディオ・スアレス
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    コハクガワ
  • 日本ダービーはレイデオロ
    ヒデハヤテ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode