パーフェクト種牡馬辞典


社台スタリオンステーション訪問(2)


火曜日の午前は、ハービンジャー、ジャスタウェイ、タートルボウル、ルーラーシップを撮影しました。天候が良ければもっと撮影したかったのですが、曇って光量が乏しいということで午後は中止となりました。

ジャスタウェイは父ほど反抗的なところはなく、人間に従順とのこと。サンデーサイレンスから1代遠ざかったことで気性がマイルドになっているのかもしれません。母の良さを引き出すという評判のようです。



ルーラーシップは爪の状態がもうひとつとのことですが、今年の社台スタリオンステーションでナンバーワンの交配数だったように、種付けにはまったく問題ありません。エアグルーヴ牝系は日本のトップファミリーにのし上がった感があるので前途洋々でしょう。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ヤマニンゼファー死す
    Y子
  • 4月22、23日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Y子
  • 皐月賞はアルアイン
    ヒデハヤテ
  • 皐月賞はアルアイン
    Y子
  • 皐月賞はアルアイン
    ゆーな
  • 4月1、2日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Y子
  • Man o'War 生誕100年
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    砂の鬼ダイホウゲツ
  • フラワーCはファンディーナ
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    ヒデハヤテ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode