パーフェクト種牡馬辞典


土曜日のシャンティイ


行きの電車のなかで、競馬観戦に訪れたとおぼしき非フランス語圏の若者2人組(おそらく中東系)がシャンティー云々としゃべっていたところ、そばにいた妙齢のご婦人が優しく発音を咎めました。「ノンノン、シャンティーじゃないの、シャンティイ」。最後の「イ」の部分をあえて強調するような発音でした。「シャンティイ?」「そう、シャンティイ」。

日本だけじゃないんだな、と思いました。昔は「シャンティー」という表記でしたが、いつのころからか「シャンティイ」と変わり、いまではそれに統一されています。ただ、会話のなかで「シャンティイ」とは言いません。相変わらず「シャンティー」です。フランス人以外には「シャンティイ」という発音は難易度が高いような気がします。

下見に訪れた前日の競馬場はいわばノーメイクでしたが、一夜明けるとフルメイクの華やいだ雰囲気に包まれていました。スタンドはロンシャン競馬場よりもかなり小さく、日本の地方競馬場よりも小さいと感じます。ただし、古風なだけに味があり、小さくても素晴らしいですね。



ロンシャンは何度も訪れているので、スタンドのどこに何があるのか把握できていたのですが、シャンティイは勝手が分かりません。トイレを探すのも一苦労です。

土曜日は不自由なく観戦できたものの、場内が狭いだけに、どっと観客が押し寄せるであろう日曜日にどんな状況になるのかやや不安です。東京競馬場で行われる「凱旋門賞パブリックビューイング」に電話で生出演する予定ですが、人ごみのなかで電話をするわけにはいかず、ほぼノンストップで音を流し続ける場内スピーカーの音量が大きいため、スタンド付近で通話するのは不可能です。競馬場内の静かな場所、つまりはスタンドから遠く離れた場所まで行かなければならないのですが、レース30分前にそんな場所へ行ってしまうと、スタンドに戻ってきたときにはすでに観戦する場所が見つからない可能性が高いと思われます。わざわざフランスまで行って場内テレビでレースを観戦したらそれこそ笑い話ですが……。

場内ではところどころ水たまりができていたので、金曜日の夕方から土曜日の未明にかけて降った雨は、パリ市内よりも競馬場のほうが強めだったのではないかと感じました。

土曜日に行われた5つの重賞レースは、例年はロンシャン競馬場で行われるため、過去の年とタイム面の比較ができません。ただ、ひとつひとつのレースを観るかぎり、時計が掛かっているように感じました。Galileo 系2頭を含む4頭が Sadler's Wells を持ち、ドイツ血統を抱えた馬の健闘も目立ちました。

第4Rのドラール賞(G2・芝2000m)などはその典型です。馬群を割った Potemkin が優勝し、終始外を回った断然人気の Zarak はラストで脚が止まり3着に終わりました。
https://youtu.be/FiNGTsP8oXk



勝ちタイムは2分06秒54。パワー型でも対応可能な馬場といえるでしょう。父 New Approach は Galileo 系で、母はドイツ血統。息の長い末脚でじわじわ伸びてきました。負けた Zarak は女傑 Zarkava の息子。凱旋門賞にも登録があった馬です。前が止まらない展開になって外を回らされると厳しいですね。Potemkin の鞍上のペドロサ騎手は、短期免許をもらって関西で騎乗していたこともあります。パナマ出身ながらドイツで長年活躍中。勝ったあと引き揚げてくるときに観衆から「エディ!」と盛んに声援を受けていました。フランスでもなかなかの人気です。
http://www.pedigreequery.com/potemkin8



最初のほうのレースは前が止まらない感じでしたが、馬場が乾いてきた影響もあるのか、レースが進むにつれて差しも届くようになってきました。この日のメイン、第5Rのカドラン賞(G1・芝4100m)は後方に控えていた Quest for More と Vazirabad が1、2着。
https://www.youtube.com/watch?v=MW0Ohsrb_40

日曜日はもっと馬場が乾いてきます。仮柵を取ったばかりの馬場なので前が止まりづらいとは思いますが、第4Rあたりなら差せる馬場になるだろうと思います。
http://www.pedigreequery.com/quest+for+more



馬場状態と枠順と展開。やはりこの3点が大きな鍵となります。そして、直線が長いので、どんな競馬になってもラストの末脚勝負となる点は変わりません。マカヒキが歴史を作ることを期待したいですね。ちなみに、前走のニエル賞で3着に負かした Doha Dream がこの日の第1Rショードネイ賞(G2・芝3000m)を断然人気で勝ちました。
http://www.pedigreequery.com/doha+dream





フランスギャロは、日の丸の旗を持った職員を場内に配置するなど、来仏する日本人客に配慮している様子がうかがえます。凱旋門賞のコマーシャル映像にも一瞬ではありますが日本人の映像が流れました。見ると、藤岡佑介騎手でした。



10月2日(日)は以下のレースが行われます。

マルセルブサック賞(G1・芝1600m)
ジャンリュックラガルデール賞(G1・芝1600m)
オペラ賞(G1・芝2000m)
凱旋門賞(G1・芝2400m)
アベイドロンシャン賞(G1・芝1000m)
フォレ賞(G1・芝1400m)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    匿名希望
  • 山野浩一さん死去
    Horses_BERG
  • 山野浩一さん死去
    ヒデハヤテ
  • 山野浩一さん死去
    クラウディオ・スアレス
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode