パーフェクト種牡馬辞典


有馬記念はサトノダイヤモンド


最終コーナーを回って△キタサンブラック(2番人気)、△ゴールドアクター(3番人気)、◎サトノダイヤモンド(1番人気)の激しい追い比べとなり、外のサトノダイヤモンドが内で粘るキタサンブラックをゴール直前でクビ差とらえました。
https://youtu.be/d2xubD37OIg?t=2m4s



木曜夜から金曜未明に降った雨の影響で、馬場は良発表とはいえパワーを要し、なおかつ前が残りやすいという昔の中山芝に戻ったようなコンディションでした。

レース後、里見治オーナーは、「さすがに4歳馬は強いと思いましたね」と語りました。「もっと楽に勝てると思ったんだけど」。キタサンブラック、ゴールドアクターの2頭は、高速型かパワー型かといえば後者に属します。サトノダイヤモンドも渋った馬場は得意なほうですが、池江調教師が語るように馬体はまだ未完成で、ガチンコのパワー勝負となると馬体が完成している古馬はやはり手強いものです。パンパンの良馬場ならオーナーの言うとおりもっと楽に勝てた可能性はあるでしょう。

有馬記念を1番人気で勝った3歳馬は、イシノヒカル(72年)、トウショウボーイ(76年)、シンボリルドルフ(84年)、ナリタブライアン(94年)、オルフェーヴル(11年)、ゴールドシップ(12年)に次いで7頭目。過去6頭中4頭がJRA顕彰馬に選出されているように、ごく限られた名馬しか達成できない偉業です。

ただ、仮に1〜3着の着順が入れ替わっていたとしても、名勝負であったことに変わりはないと思います。2周目の向正面でサトノダイヤモンドがキタサンブラックの直後につけたときには「おおーっ!」というどよめきが起こりました。3頭とも持ち味を出し切った素晴らしいレースだったと思います。

ルメール騎手は午前中からもうひとつ乗れていない印象があったのですが、リーディングジョッキー争いで戸崎騎手に敗れたことが確定したあと、第9RホープフルS(G2)をレイデオロで勝って本来の自分を取り戻した感がありました。有馬記念の勝利は特別なものだったのでしょう、カメラの放列の前で喜びを爆発させました。



予想は◎△△で馬単770円、3連単3940円的中。予想文を転載します。

「◎サトノダイヤモンドは『ディープインパクト×オーペン』という組み合わせ。母マルペンサは南米アルゼンチンで芝・ダートを問わず活躍し、2000mのG1を3勝(芝1勝、ダート2勝)した名牝。母方にダンジグ、アリダー、ノーザンダンサーのクロスを持つディープ産駒は本馬のほかにドナウブルーとジェンティルドンナの姉妹、ミッキーアイル、サザナミなどが出ており、連対率は50%を超える。好配合に由来する中距離能力はディープインパクト産駒としては歴代屈指のものを秘めていると思われる。日本ダービーはレース中に落鉄するアクシデントがなければ勝っていた可能性が高い。過去10年間、菊花賞を勝って有馬記念に臨んだ3歳馬は、競走を中止したスリーロールスを除けば[2−0−1−0]。一度も馬券圏内を外していない。中山コースでは皐月賞3着という成績があるが、このときは後方待機組が台頭する超ハイペースで、1、2着馬に比べると位置取りが厳しく、トライアルを使わずきさらぎ賞からぶっつけ本番となったことで体調面も万全とはいえなかった。器用さがあるので中山適性に関しては問題なく、もちろん距離に関しても不安はない。おそらくキタサンブラックをマークして好位につけ、最後の直線で交わしにかかるという競馬になると思われるが、ここにきての充実ぶり、一枚上の切れ味から考えて、その青写真どおりに行くはずだ」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/



『2015〜16年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で推奨した馬であり、この馬が落札されたセリの様子については13年7月10日のエントリー「セレクトセール2013:2日目」をご参照ください。当歳時の画像もあります。

予想文に記したとおり、母マルペンサは南米アルゼンチン産馬で、現役時代にコパデプラタ大賞(亜G1・芝2000m)、クリアドレス大賞(亜G1・ダ2000m)、ヒルベルトレレナ大賞(亜G1・ダ2000m)などを制した名牝です。

母の父 Orpen はモルニ賞(仏G1)の勝ち馬で、愛2歳チャンピオンに輝きました。クールモアで種牡馬となり、アイルランドとオーストラリアで供用され、05年からシャトル種牡馬となってアルゼンチンでも供用されました。亜年度代表馬 Lingote de Oro をはじめ多くの活躍馬を送り出し、2010年に同国のリーディングサイアーとなっています。Natalma のファミリーに属し、かつ Natalma のクロスを持ち、Ribot 系の血を持っているので、大種牡馬デインヒルと配合構成が似ています。父 Lure は「Danzig×Alydar」なのでジェンティルドンナの母の父 Bertolini と同じ組み合わせです。





ディープインパクトは柔らかさを伝える種牡馬で、馬体のサイズは小さく、晩成傾向も見られます。したがって、大柄、早熟、硬質なアメリカ血統を入れるのは常套手段で、Storm Cat やフレンチデピュティとの相性の良さはそうした部分が大きいと思います。Danzig、Alydar、Northern Dancer クロスを持つ母マルペンサは配合相手として申し分ないところで、前述のとおり Lure と Bertolini は同じ組み合わせなので、マルペンサとドナブリーニ(ドナウブルーとジェンティルドンナの母)は配合構成がやや似ています。



また、ヴィルシーナ&ヴィブロス姉妹の母ハルーワスウィートとも似た構成です。サトノダイヤモンド自身は Halo を3本持っていますが、アルゼンチンの重厚なファミリーに属し、なおかつ Devil's Bag とサザンヘイローというダート短距離を主戦場とするパワフルな種牡馬を経由しているので、軽すぎたり浮ついたところはありません。



レース前日夜に出演した『KEIBAコンシェルジュ』でも語ったのですが、JRAが発表した公式レーティングによると、2016年の皐月賞、日本ダービー、菊花賞はいずれも過去最高のレースレーティング。最強世代のナンバーワンホースが古馬をねじ伏せたのは順当な結果といえるかもしれません。

父ディープインパクトは今年、産駒がJRA重賞を38勝し、03年にサンデーサイレンスが樹立した年間JRA重賞勝利数記録に並びました。平地重賞に限れば37勝の新記録です(従来の記録は03年のサンデーサイレンスの34勝)。このほか、海外でリアルスティール、エイシンヒカリ、マカヒキ、Akihiro が重賞を勝っています。海外遠征が当たり前になり、産駒が海外でデビューすることも珍しくなくなってきている現在、国内のみの集計はあまり意味がないような気もします。



2017年は凱旋門賞を最大目標に置く、と陣営は明言しています。具体的なローテーションは馬の様子を見ながら決めるとのこと。故障することなく無事に臨んでほしいものです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • フラワーCはファンディーナ
    Y子
  • 3月4、5日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    まりあ
  • 石川ワタルさん死去
    さえこ
  • 「フランケルの時代」
    ブラックえびす
  • 1月28、29日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    牧人
  • モーリス引退式
    ゆーな
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    栗山求
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    武蔵小杉
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    栗山求
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    テイオー

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode