パーフェクト種牡馬辞典


8月31、9月1日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『望田潤のPOG好配合馬リスト2019』で望田潤が推奨したヴェルトライゼンデ(牡2歳)が日曜小倉5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

ヴェルトライゼンデ(牡・父ドリームジャーニー・母マンデラ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105567/
ワールドエースの3/4弟で、欧G1を3勝したManduroの甥。母マンデラは独オークス(独G1・芝2200m)3着。母父AcatenangoのところだけNorthern Dancerが入らない「3/4Northern Dancerクロス」のオーソドックスな好形で、ツアーで実馬を見たがドリームジャーニーにしては馬格があり体質はしなやかで好印象しかなかった。血統的にやや晩成傾向なのだけが不安点ですかね。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2017』で栗山求が推奨したマイネルアストリア(牡2歳)が土曜新潟2Rの未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ラフィアンターフマンクラブ
父ハードスパン
母オレゴンレディ(Shamardal)
牡 募集価格:2200万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017101896/

父ハードスパンは Danzig 系の米G1馬で、種牡馬としても大成功を収めています。日本でも1年供用され、その際に誕生した現3歳世代は、JRAで24頭が勝ち上がる活躍ぶり。残念ながら、本国アメリカでの成績が予想以上に優秀だったため、わずか1年の種付けで呼び戻されてしまいました。日本ではマル外として走ったサマリーズが全日本2歳優駿(Jpn1)を勝っています。同馬は Mr.Prospector と Seattle Slew を併せ持つ母から誕生しましたが、本馬の母オレゴンレディも両血脈を持っており、Mr.Prospector 4×3なので十分なスピードを伝えるでしょう。本馬はハードスパンがアメリカに帰国した年の種付けで誕生しました。母オレゴンレディは芝向きの Shamardal を父に持つ影響か、アメリカで芝9ハロンのG3を勝っています。日本のハードスパン産駒はダートオンリーのイメージですが、海外では必ずしもそうではなく、シャトルで渡ったオーストラリアで芝G1馬を出し、アメリカでもアーリントンミリオン(G1・芝10ハロン)の勝ち馬を出しています。本馬のウォーキング映像を見ると歩様に柔らかさが見て取れ、芝重賞を勝った母の影響がうかがえます。芝・ダート兼用タイプでしょう。距離は1200〜1600mがベスト。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2017』で望田潤と栗山求がダブル推奨したレッドクレオス(牡3歳)が土曜札幌4Rの未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★東京サラブレッドクラブ
父ハーツクライ
母サセッティ(Selkirk)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104480/
牡 募集価格:4200万円
ハーツクライやステラマドリッドでおなじみのMy Bupersの牝系で、母サセッティはJRA出走産駒7頭中5頭が勝ち馬となっている優秀な繁殖。そこへハーツクライが配された本馬はMy Bupersの牝馬クロス4×3となります。このクロスが魅力的で全姉レッドセシリアもピックしました。また本馬の母父Selkirkはトニービンと血脈構成が似ており(Priddy Fair≒Lady SlipticやRock Goddess=Rockefellaなど)、母系にSelkirkの血を引くハーツクライ産駒は前出レッドセシリア(5勝)とペイシャフェリシタ(現役3勝)2頭とも上級で活躍しており(ちなみにペイシャはPOG推奨馬)、やはりサセッティはハーツクライとの配合がベストだろうと私は思います。本馬は牡なので全姉とタイプは異なり、こちらはHyperion的な粘着力で走る中距離馬でしょうが、母父にマイラーの血が入るので先行する脚があればしぶとさが活きるでしょう。オープンを狙える馬だと思います。(望田)

【8月2日追記】
全姉レッドセシリアは阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で3着と健闘しました。母の半姉 Winona は愛オークス(G1・芝12f)を7馬身差で圧勝したほか、3代母 My Bupers の一族からはハーツクライが出るなど、優れた活力を脈々と受け継ぐ名牝系に属しています。本馬の父はハーツクライなので、同牝系同士の配合となり、My Bupers 4×3という大胆な牝馬クロスが実現しています。My Bupers は米最優秀スプリンター My Julietを産んだ名繁殖牝馬。全姉レッドセシリアがG1で上位争いをしたのはこのクロスによるところが大きいと考えられます。サンデーサイレンスと Revoked の組み合わせはニックスで、父ハーツクライはこの組み合わせから誕生した代表的な名馬ですが、My Bupers は母の父が Revoked なので、このニックスを継続することにもなります。距離は万能で、大きなところを狙える馬でしょう。(栗山)

■土曜札幌8R500万下 ブラヴァス(POG・望田)
■日曜新潟7R500万下 ロードストライク(一口・望田)
■日曜新潟7R500万下 メッシーナ(ディープ・栗山)
■日曜小倉8R500万下 ブリッツアウェイ(ディープ・望田)
■日曜小倉11R小倉2歳S3着 ラウダシオン(一口・栗山)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode