パーフェクト種牡馬辞典


2月8、9日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『2017〜18年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したプリモシーン(牝5歳)が日曜東京11Rの東京新聞杯(G3・芝1600m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父ディープインパクト
母モシーン(Fastnet Rock)
牝 募集価格:5500万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105036/

母モシーンは豪18戦8勝。オーストラリアンギニーズ(豪G1・芝1600m)、ランドウィックギニーズ(豪G1・芝1600m)、VRCオークス(豪G1・芝2500m)など4つのG1を含めて重賞を6勝した名牝です。母の父 Fastnet Rock は豪リーディングサイアーに2回輝いた名種牡馬で、デインヒル系ながら母方にスピード豊かなオーストラリア血統を抱えているため、産駒は日本の高速馬場にも適応しており、ブラヴィッシモやメラグラーナ(いずれも芝1400mベスト)が活躍しています。母は Northern Dancer 4・5×4で、Danzig、Nureyev、Nijinsky を経由している良形。2代母の父ストラヴィンスキーはヴィルシーナの母ハルーワスウィート、ミッキークイーンの母ミュージカルウェイと配合構成がよく似ており、父としてはもうひとつの成績だったにもかかわらず、母の父としては Tepin(米英加でG1を現在6勝している女傑)を出すなど母方に潜って優れた影響を与えています。3代母 Benediction は仏1000ギニー(G1)を勝ったディープ産駒 Beauty Parlour の2代母でもあります。どこをどう切っても走る配合で、1歳上の全姉キャリコよりも生まれが早く身体もひとまわり大きいのは好材料です。芝向きのマイラー〜中距離タイプとして大仕事が期待できるでしょう。(栗山)

9/23追記
母モシーンは現役時はVRCオークス(豪G1・芝2500m)やVRCオーストラリアンギニー(豪G1・芝1600m)など豪G1を4勝。香港チャンピオンマイラーのLucky Ownersとは父系(デインヒル)と母系(Miss Proprity)が同じで、その父Fastnet Rockはデインヒル系の有力種牡馬で日本ではブラヴィッシモやメラグラーナの父として知られます。母父がNorthern Dancer系のパワーマイラーで母がNorthern Dancerのクロスというのは、ディープインパクト産駒として最も成功しやすい配合形。代々の配合パターンも活力があり、これはクラシックに乗れる馬でしょう。ディープ牝駒としてはスマートレイアーが近いイメージかな。(望田)

★プリモシーン(牝・母モシーン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105036/
母モシーンは豪州でG1を4勝(芝1600〜2500m)。その父Fastnet Rockは豪リーディングサイアーでブラヴィッシモやメラグラーナの父。オセアニアのデインヒル系らしい突進力を誇る血だ。母はNorthern Dancer4・5×4。全姉キャリコはかなりガッカリな内容だが、“女ミッキーアイル”が生まれても不思議ない配合だからもうひと推し。(望田)

○プリモシーン(牝・母モシーン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105036/
シルクホースクラブで募集価格5500万円。母はオーストラリアンギニーズ(豪G1・芝1600m)、VRCオークス(豪G1・芝2500m)など4つのG1を含めて重賞を6勝した名牝。母の父は豪リーディングサイアーに2回輝いた名種牡馬で、メラグラーナ(オーシャンS)を出すなどデインヒル系のなかでは日本適性の高い種牡馬。母は Northern Dancer 4・5×4で、Danzig、Nureyev、Nijinsky を経由している良形。2代母の父ストラヴィンスキーは「Nureyev×Blushing Groom×Mr.Prospector」で、ヴィルシーナの母ハルーワスウィート、ミッキークイーンの母ミュージカルウェイと配合構成がよく似ている。全姉キャリコは現在3戦して勝ち星を挙げていないが、配合レベルは高いと思われるので妹に期待してみたい。(栗山)

■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したスパングルドスター(牝3歳)が土曜東京5Rの未勝利戦(芝1800m)を勝上がりちました。コメントは以下のとおり。

★スパングルドスター(牝、母スタセリタ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104787/
シェーングランツの全妹でソウルスターリングの半妹。母スタセリタは仏オークスやヴェルメイユ賞など芝中距離の大レースを勝ちまくった。母父Monsunはドイツの名種牡馬でヴェロックスやシュヴァルツリーゼの母父。ディープ×Monsunにはウムブルフなどがいる。シェーングランツは中距離馬としての奥深さを垣間見せているが、桜花賞の時点でもまだまだ完成度は低めなのでこの評価。母のポテンシャルは当然高いが。(望田)

○スパングルドスター(牝・母スタセリタ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104787/
社台レースホースで募集価格1億円。アルテミスSを勝ったシェーングランツの全妹、オークスと阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったソウルスターリングの半妹。母スタセリタは仏オークス(G1・芝2100m)など仏米で6つのG1を制した名牝。母の「Monsun×Dashing Blade」という組み合わせは、アメリカでニューヨークH(G2・芝10f)など4つの芝重賞を制したノーブルステラと同じで、同馬はその後日本に輸入され、ディープインパクトと交配してノーブルコロネット(フィリーズレビュー−4着)を産んだ。同じく「ディープインパクト×Monsun×Dashing Blade」の全姉シェーングランツは重賞を勝っており、馬の出来次第ではチャンピオンクラスの大物となってもおかしくない。(栗山)

■『2019〜20年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤が推奨したハナビマンカイ(牡3歳)が日曜東京5Rの未勝利戦(芝2200m)を勝上がりちました。コメントは以下のとおり。

★ハナビマンカイ(牡、母メジロツボネ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104623/
グローリーヴェイズの全弟で、3代母メジロラモーヌは牝馬三冠。母メジロツボネはJRA4勝で、Ambehaving≒クリアアンバーのニアリークロス4×4を持ち、産駒にも独特の柔らかさをよく伝えている。そこにディープが配されて、グローリーもデビュー当時は柔らかすぎるぐらいだったし、本馬は5月生となると完成遅めのイメージしかない。とはいえ、兄2頭いずれも2歳時に新馬勝ちしている。

■土曜京都8R500万下 サトノソロモン(ディープ・栗山)
■土曜東京11R節分S ウーリリ(ディープ・望田&栗山)
■日曜京都9R橿原S レッドルゼル(一口・望田&栗山)
■日曜小倉11R関門橋S カウディーリョ(一口・望田)
■日曜京都11Rきさらぎ賞2着 ストーンリッジ(ディープ・望田)



コメント
コメントする








   



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • Holy Bull 死す
    スガノホマレ
  • 山野浩一さん死去
    サケネコ
  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode