パーフェクト種牡馬辞典


幻の馬


10戦全勝で日本ダービーを制し、その17日後に死亡したトキノミノル(1948年生)をモデルに、1955年、同馬の馬主・永田雅一が社長を務める大映が『幻の馬』という映画を制作しました。わたしにとっては“幻の映画”だったのですが、昨年12月15日、角川シネマ有楽町で観る機会に恵まれました。

「大映70周年特集」と銘打って上映された40本余りの映画のなかの1本で、上映期間はわずか3日間。友達が教えてくれたおかげで、最終日に滑り込みで鑑賞することができました。後で知ったのですが斎藤修さんもいらっしゃっていたそうです。

作品のクオリティとしては正直なところ、ウ〜ン……という感じなのですが、1950年代の日本競馬の映像記録としてはきわめて貴重です。しかもカラー! 人間の心理として、日常の当たり前の光景ほど後世に残す価値を感じないものですから、このような映画が作られないかぎり、当時行われていた競馬の様子が素に近い状態でカラーフィルムに収められることはまずなかったでしょう。

1933年に完成した東京競馬場の初代スタンドが、鮮やかなカラー映像でスクリーンにドーンと現れると、こりゃ凄いと感嘆せざるをえません。圧倒的な存在感です。三十数年前に倒れてしまった3コーナー内側の大ケヤキも確認できます。レースシーンも素晴らしいですね。低空からの空撮は迫力十分で感心しました。

ホウヨウボーイ、アンバーシャダイ、シリウスシンボリなどを管理された故二本柳俊夫調教師(当時は騎手)が出演されているのも見どころです。セリフをしゃべっているのですが、かなりハイグレードな棒読みだったので劇場に緊張感が走りました(笑)。

映画の主役はタケルというサラブレッド。冒頭に記したとおりトキノミノルがモデルです。伝記映画ではないので、じっさいには存在しない数々のエピソードがストーリーに盛り込まれています。ただ、牧場のシーンに登場する「テトラーチの3×4」というセリフは史実に沿ったものです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a01029a/



見てのとおりトキノミノルは The Tetrarch 3×4。同馬を生産した本桐牧場の笠木政彦さんが「フィッツラックの18.75%理論」を参考にこの配合を狙って作ったのは有名なエピソードで、いわゆる“奇跡の血量”というやつですね。いまではほとんど聞かなくなりましたが、わたしが競馬を始めたころは配合理論といえば奇跡の血量、というぐらい頻繁に耳にしたものです。トキノミノルを作った実績がなければとっくに見向きもされなくなっていたでしょう。

ご紹介したシーンのいくつかは YouTube にアップロードされているので、興味のある方は検索してご覧になってみてはいかがでしょうか。



コメント
栗山さん。
明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。


拙エントリーで恐縮ですが、

http://blog.m.livedoor.jp/agunestakion/article/18276609?guid=ON
(携帯用)

これは、グリーンチャンネル『競馬を愛した人 菊池寛』のプログラムを拝見した時に挙げたエントリーです。


『トキノ』の冠名で馬を走らせ、何とかダービーを獲りたいと念願した菊池寛。
しかし、果たすことなくこの世を去ります。

その数年後。

1頭の馬がデビューします。圧勝でした。

馬主の永田雅一は、
『ついに私の夢を実現する時が来た!』

馬の名前を

『トキノミノル』

と改名します。

かつての競馬仲間、菊池寛の冠名をなぞったのです。


…以下は割愛します。

見たときに、どんな馬にでもドラマがある。いわんやダービー馬なら。

菊池寛は先日のアニバーサリー冊子でも紹介されていました。

『トキノ』にまつわる二人の競馬人の思い。

見事に結実しました。
でもおそらく、そうは上手くいかない事象のほうが圧倒的に多いのでしょうが… (^_^;)


今年も、1頭々々の馬の血統から、適性、潜在能力を探っていきたいと思います。
とりわけ、その資質が現時点でどれだけ発現しているのか。
ここをテーマにします。

それと、昨年、牝系の重要性を痛感しました。その辺りも補いながら、頑張っていきたいと思います。

今年もよろしくご教授下さい。
  • ダンディ平九郎さっさん
  • 2013/01/02 9:26 AM
明けましておめでとうございます。
トキノミノルが病死していなかった場合、三冠達成の可能性を調べた所、姉の子孫にグリーングラスがいる事実より、達成できたと判断できます。
その一方で、種牡馬として成功したか否かは、判断が難しいですね。
種牡馬の失敗は、配合繁殖牝馬の選択ミスと、産駆の出走レースの選択ミスに起因している事例が、多々見受けられます。
トキノミノルには、Tudor Minstrel牝馬が合いそうですけど、産駆が短距離馬に出た場合、短距離のレース体系が整備されていない時代背景を考慮すると、種牡馬失敗の烙印をおされたかもしれません。
  • Y子
  • 2013/01/02 2:56 PM
>ダンディ平九郎さっさん様

ご返事が遅れてすみません。あけましておめでとうございます。菊池寛のエントリー、楽しく読ませていただきました。PCでご覧になっている方のために勝手にフォローします^^
http://blog.livedoor.jp/agunestakion/archives/18276609.html
菊池寛は戦後、戦犯として公職追放され、名誉を十分に回復されないまま死去します。あの時代、菊池寛ほど時代を先取りした精神を持つリベラリストはいませんでしたし、ヒューマニズムの観点からも事業を守る立場からも戦争など好むはずはなく、できるかぎりの抵抗を試みたのですが、内閣情報部参与という地位にあったため、終わってみれば十把一絡げで単なる戦犯扱いですから、さぞかし無念だったと思います。いつか多磨霊園にある墓に行って手を合わせてきたいと思います。
>Y子様

あけましておめでとうございます。トキノミノルはあの時代にあって圧倒的な先進性を備えた名馬であり名配合馬です。Phalaris を使った Sierra=Sainfoin の全きょうだいクロスを持ち、The Tetrarch が入るわけですから、Nasrullah かと思ってしまうくらいモダンな配合です。もし破傷風で死なずに生きながらえていれば、種牡馬として大成功していたのではないかと考えています。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • フラワーCはファンディーナ
    Y子
  • 3月4、5日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    まりあ
  • 石川ワタルさん死去
    さえこ
  • 「フランケルの時代」
    ブラックえびす
  • 1月28、29日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    牧人
  • モーリス引退式
    ゆーな
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    栗山求
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    武蔵小杉
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    栗山求
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    テイオー

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode