パーフェクト種牡馬辞典


Mr.Prospector クロスのアドマイヤムーン産駒はダート向きの傾向


日曜日は中京で高松宮記念(G1・芝1200m)が行われますが、中山ではダート重賞のマーチS(G3・ダ1800m)が組まれています。G1クラスは出てきません。これから伸びようとする馬と、頭打ち気味の馬によるハンデ戦ですから、過去10年間で6番人気以下が14頭も連対しているように、戦力比較が難解です。

フレッシュな魅力では8枠16番のジョヴァンニが一番でしょう。芝で4戦して芽が出ず、ダートに転じると未勝利戦から4連勝でOPクラスに上がってきました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009102625/



エリザベス女王杯(G1)で3着に食い込んだピクシープリンセス(父ディープインパクト)の半弟です。父アドマイヤムーンは芝連対率18.1%、ダート連対率10.5%、という数字が示すとおり芝向きの種牡馬。ダート重賞に産駒を送り込むイメージは湧かないのですが、母オータムメロディーは「Kingmambo×Sadler's Wells」で Nureyev≒Sadler's Wells 3×2、さらに世紀の名牝 Fall Aspen のファミリーですから、重厚かつパワフルな構成です。

Mr.Prospector クロスを持つアドマイヤムーン産駒は、勝率、連対率、複勝率ともダートが芝を上回ります。同クロスを持つキングカメハメハ産駒がダート向きに出るのと同じです。

未勝利戦から4連勝で準OPを卒業、という例はあまり見られません。ダートで最下級条件からの連勝といえば、ナムラタイタンが6連勝、エーシンモアオバーが5連勝を記録したことがありますが、両者とも重賞初挑戦で3、5着と敗れ、連勝が途切れました。やはり重賞の壁は厚い、ということです。ジョヴァンニがここで連対すればかなりの大物です。

ちなみに、芝では現在バーバラという馬が同様に未勝利戦から4連勝中です。同馬はディープインパクト産駒のスプリンター。ジョヴァンニはアドマイヤムーン産駒のダート馬ですから、いずれもその種牡馬の専門分野外で勝ち続けているのがおもしろいところです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 皐月賞はアルアイン
    ヒデハヤテ
  • 皐月賞はアルアイン
    Y子
  • 皐月賞はアルアイン
    ゆーな
  • 4月1、2日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Y子
  • Man o'War 生誕100年
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    砂の鬼ダイホウゲツ
  • フラワーCはファンディーナ
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    ヒデハヤテ
  • フラワーCはファンディーナ
    Y子
  • 3月4、5日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    まりあ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode