パーフェクト種牡馬辞典


母はワカクモ3×4、TCK女王盃優勝馬ハルサンサン


 周知のとおりダートグレード競走はJRA勢が圧倒的に強いという傾向があります。しかし、ここ最近、NAR勢がやや盛り返しています。

昨年11月24日に行われた浦和記念(Jpn2・浦和ダ2000m)はボランタスが、12月7日に行われたクイーン賞(Jpn3・船橋ダ1800m)はクラーベセクレタが、年が明けて1月18日に行われたTCK女王盃(Jpn3・大井ダ1800m)はハルサンサンが勝ちました。http://www.youtube.com/watch?v=XsNlZEVdBFE

ハルサンサンは元中央馬ではなく、ホッカイドウ競馬出身でもなく、南関東でデビューをした叩き上げです。血統がおもしろいですね。母ハルワカはワカクモ3×4という牝馬クロスを持ちます。ワカクモは現役時代に桜花賞を勝ち、母として名馬テンポイント、障害の王者キングスポイントを送り出した名牝です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008105046/


「血統屋メールマガジン」の第2号(1月11日発行)に、ちょうどこの牝系についてのコラムを書いたところでした。短いものなので全文引用します。
http://www.mag2.com/m/0001305873.html

------------------------------------------------------------------

■思い出のこの血統(2)フジヤマケンザン

日経新春杯といえばやはりテンポイントを思い出します。1978年、海外遠征の壮行レースとして66.5キロを背負って出走し、4コーナー手前で左後肢を骨折。その瞬間、後ろを走っていたビクトリアシチーの福永洋一騎手は「ボキッ!」という音を耳にしたそうです。わたしは当時、競馬に興味のない小学生でしたが、行きつけの床屋に置いてあった週刊誌にテンポイントの悲劇を伝える記事があり、「へぇ〜」と思いながらページをめくった記憶があります。

血を残すことなく逝ったテンポイントですが、母ワカクモが桜花賞馬という良血なので、近親が活躍しています。テンポイントの半姉にあたるオキワカは、ワカテンザン(きさらぎ賞、皐月賞−2着、ダービー−2着)とワカオライデン(朝日チャレンジC、NARリーディングサイアー)の兄弟を産みました。後者は「ロイヤルスキー×リマンド」のニックスから誕生した傑作です。

これらの半妹にあたるワカスズランは、父がコントライトなので、テンポイントの4分の3同血です。競走成績は1戦0勝ながら良血を活かして繁殖牝馬として成功し、フジヤマケンザンを産みました。牝系図に表わすと以下のとおりです。

ワカクモ(f.1963.カバーラップ二世)
  オキワカ(f.1972.リマンド)
  │ ワカテンザン(c.1979.マイスワロー)
  │ ワカオライデン(c.1981.ロイヤルスキー)
  │ ワカスズラン(f.1982.コントライト)
  │   フジヤマケンザン(c.1988.ラッキーキャスト)
  テンポイント(c.1973.コントライト)

フジヤマケンザンの父ラッキーキャストは不出走馬。それでも種牡馬になれたのは、半姉が天皇賞(東京芝3200m)を逃げ切ったプリティキャスト、母が米最優秀古牝馬に選ばれたタイプキャストという良血だったからです。

フジヤマケンザンは国内で中山記念(G2)など3つの重賞を制したほか、1995年の香港国際C(G2)で海外重賞制覇を成し遂げました。海外遠征を果たせず逝ったテンポイントの一族から、ハクチカラ以来となる海外重賞優勝馬が現れるというのは因縁めいています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1988107011/


マイスワロー、タイプキャスト、コントライト、カバーラップ二世にワカクモのファミリーと、血統はまさに吉田牧場の歴史そのものです。吉田牧場は社台グループの吉田一族と縁戚関係にあります。その後、日本の競馬界は社台グループの天下となりますが、先に海外重賞を制したのは吉田牧場のほうでした。(栗山求)

------------------------------------------------------------------

ここ20年ほど、日本には海外の良血牝馬がどんどん導入されており、在来牝系は急速に姿を消しつつあります。ワカクモの牝系もフジヤマケンザン以来、目立つ馬はテンジンオーカンとドリーミーオペラぐらいしか出ていなかったので、正直なところこのままフェードアウトしてしまうのではないか……という懸念がありました。

ワカクモ3×4の母から誕生した生え抜きの地方馬がダートグレード競走を勝つ、というのは小さな快挙です。ちなみに、ハナ差2着のカラフルデイズ(父フジキセキ)は社台グループの生産馬でした。




コメント
ワカクモの仔であるテンポイントは、私が競馬に興味を持つきっかけとなり、また現在でも一番印象の強い名馬です。
既に一昔前の馬ではありませすが、完成時のレース対応力と品位、大衆性は私が見てきたなかで、ルドルフとディープに並ぶものと今でも確信しています。
実現しかけていた欧州遠征でしたが、結果はともかくエルコンドルパサーより二十年早く本格的なキャンペーンが実現したはずでした。
私自身の思い入れもありましたが彼に対する関係者の期待が非常に高かったのだと感じています。

栗山さんにとっては馴染みの薄い時代なので取り上げ辛いと思いますが、私にとってはまさに競馬の原点であるテンポイントが取り上げられて頂いたので、嬉しさの余り即反応してしまいました!(笑)
  • ウオッカ帽
  • 2012/01/21 2:33 PM
栗山様
いつも楽しみにしております。

牝祖星若(IMA Baby)はブラッドホース誌1931年9月5日号の表紙を飾っています。傍らにはReigh Countの当歳も。お腹には月丘が入っていたことになりますね。
時代は下ってワカクモのインブリードを持つ繁殖がいたとは知りませんでした。ハルサンサンには名牝系のプライドを胸に頑張って欲しいです。
  • ヒデハヤテ
  • 2012/01/21 6:24 PM
競走馬としてデビューは出来なかったようですが、ハルワカの姉には父フジヤマケンザン(コントライト3×4、ワカクモの4×4)なんて配合もあったようですね。生産者の思い入れが伝わってくるようで、そんな血統から出た馬の活躍は嬉しくなります。
  • ハルイチバン
  • 2012/01/21 11:44 PM
>ウオッカ帽様

テンポイントの海外遠征先はイギリスだったようですね。目標とするレースが何だったのかは分かりませんが、春出発となればおそらくエクリプスSかキングジョージあたりには出たのかもしれません。78年の勝ち馬はそれぞれガナービーとイルドブルボン。はたしてどんな結果になっていたのでしょう? もし万が一勝っていれば、トニー・モリスも日本に対して「種牡馬の墓場」とは言わなかったかもしれませんね。
>ヒデハヤテ様

いつもお読みいただきありがとうございます。星若がブラッドホース誌の表紙を飾っていたとは知りませんでした。ビックリです。いったいどういう経緯でそうなったんでしょうね? 日本に輸出されるアメリカ馬、といった切り口でしょうか。貴重な情報ありがとうございます。
>ハルイチバン様

netkeiba で調べてみたところ確かにいますね^^
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2000105324/
その前後にワカオライデンを付けていますし、この牝系のクロスを狙った配合であるのは間違いないところでしょう。生産されたのはハルサンサンと同じ新冠の三村卓也氏。ヴェアリアスムーンやパラダイスラビーダといった他の生産馬の配合を見ると、よく練られた配合でいい仕事をなさっているなぁと感じます。
85年にブラッドホース社が出した29年から84年までの全表紙集、
「The Blood Horse Collectors Edition」に載っています。写真には「One of three mares purchased in Kentucky by the Emperor of Japan. Her foal is by Reigh Count.」とあります。
他の2頭は星旗と星友かと思われます。
大恐慌の真っ只中、日米開戦を10年後に控える年に導入された「小岩井とはレベルが2枚くらい上(日本サラブレッド配合史)」である繁殖牝馬たちの血が三村氏のような目的意識的な配合と生産で後世に伝えられるなら素晴らしいことだと思います。
  • ヒデハヤテ
  • 2012/01/22 11:04 AM
>ヒデハヤテ様

その本は持っていませんでした。さっそくアメリカの古書店に取り寄せの注文を出しました^^ 円高はこういうときにいいですね。送料込みでもたぶん5000円以内で収まります。届いたらじっくり写真を味わってみます。ありがとうございました。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
マイヤリンク事件はたちまち、世界中の注目を集める大スキャンダルとなった。自殺説も千差万別で、前途に希望を失った二人が自殺で禁じられた恋の清算を図ったのだというものから、マリーの妊娠を知ったルドルフが別れ話を持ち出したが、それがこじれてやむなく無理心
  • 投資一族のブログ
  • 2013/08/23 9:11 PM



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子
  • ラジオNIKKEI第1「枠順確定!ジャパンカップ大展望」出演
    ゆーな
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    匿名希望
  • 山野浩一さん死去
    Horses_BERG

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode