パーフェクト種牡馬辞典


胆振軽種馬農業協同組合青年部の第1回グループ研修会


一般向けのイベントではなかったので告知はしなかったのですが、去る6月23日、胆振軽種馬農業協同組合青年部による平成29年度胆振青年部グループ研修事業第1回研修会が行われました。競走馬ふるさと案内所の馬産地ニュースで取り上げられましたのでご紹介いたします。
http://uma-furusato.com/news/detail/_id_89841

安平町のノーザンファーム早来、早来ファーム、ノーザンファームイヤリング、追分ファーム、千歳市の社台ファームを訪問し、セレクトセール上場馬のなかから71頭の視察を行いました。栗山求は血統解説の講師としてお招きいただき、1頭ずつ血統や配合の勘所を解説させていただきました。リンク先の画像で身体にタスキのように巻き付けているのは小型の拡声器です。

日本を代表する牧場のえりすぐりの良血馬だけに感銘を受けました。参加者は60名ほどでしたが、牧場を回るたびに従業員の方々の帯同が雪だるま式に増え、最終的には100名を超えていたかもしれません。このような機会を作っていただき、吉田正志部長をはじめ青年部の皆さま、胆振軽種馬農業協同組合の高橋啓太さんをはじめ関係者の方々に厚く御礼申し上げます。なお、今月下旬に行われる第2回研修会は、社台コーポレーションの細田直裕さん、血統評論家の望田潤さんが講師となって行われます。




7月1、2日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『望田潤のPOG好配合馬リスト2017』で望田潤が推奨したタイセイプライド(牡2歳)が日曜中京6Rの新馬戦(芝1400m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

○タイセイプライド(牡・父ヨハネスブルグ・母キャニオンリリー)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015103140/
フクノドリームの全弟で、母母ミスファピーの産駒に羽田盃のキャニオンロマン、孫にエーデルワイス賞のエスワンスペクター。母が非Northern Dancerクロスで、自身はStorm CatとChief's Crownを通じるNorthern DancerとSecretariatのクロスに、Mr.Prospector4×4、Gonfalon≒Killaloe4×4.ヨハネスブルグ産駒でも最も好きな配合の一つ。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したクロスアミュレット(牝3歳)が日曜中京4Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父ハーツクライ
母アドマイヤテレサ(エリシオ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105793/
牝 募集価格:2500万円
名ステイヤーとしてならしたアドマイヤラクティの全妹です。母アドマイヤテレサはNorthern Dancer3×4を持ち、自身は父系のトニービンと母系のSpecial、父系のBusandaと母系のMy Charmer、そして父系のHaloと母系のCannonadeが脈絡し、ワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトと似た配合パターン。ハーツクライ産駒としては満点に近い点数がつけられる配合で、本馬もおそらくステイヤーに近い中距離馬なので短距離〜マイルでは追走に苦労するかもしれませんが、距離が延びれば必ず台頭してくるでしょう。間違いのない配合馬だと思います。(望田)

★シルクホースクラブ
父ハーツクライ
母アドマイヤテレサ(エリシオ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105793/
牝 募集価格:2500万円
(9月20日追記)
コーフィールドC(豪G1)、ダイヤモンドS(G3)を制したアドマイヤラクティの全妹。母アドマイヤテレサは阪神牝馬S(G3)4着馬で、芝1400〜1800mを得意とする馬でしたが、母の父エリシオは凱旋門賞(仏G1・芝2400m)の勝ち馬、2代母の父 Caveat はベルモントS(米G1・ダ12f)の勝ち馬というスタミナ豊かな血を受けているため、父ハーツクライの長距離適性も相まって、アドマイヤラクティはステイヤーとして大成しました。母の父エリシオは、父としてはポップロックとヘルスウォールが目立つ程度でしたが、母の父としてはサダムパテック、アドマイヤラクティ、コスモヘレノス、シェーンヴァルトなど、続々と活躍馬を送り出しています。ハーツクライは Seattle Slew と相性良好ですが、Nijinsky を併せ持つとさらに効果が高まり、アドマイヤラクティのほかにカレンミロティック(金鯱賞)、エニグマバリエート(ホープフルS−5着)、タウレプトン(5戦2勝)などが出ています。連対率40.2%、1走あたりの賞金751万円はきわめて優秀です。本馬はアドマイヤラクティの全妹なのでこのパターン。現3、4、5歳の姉たちは成績劣悪ですが、本馬は配合的に優れているので楽しみです。(栗山)

◎クロスアミュレット(牝、アドマイヤテレサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105793/
全兄アドマイヤラクティは豪州で散った名ステイヤー。母アドマイヤテレサは5勝をあげた準オープン馬。母母ヒードはニジャナS(米G3・芝8.5F)勝ち馬。母はNorthern Dancer3×4で、自身はHornbeamとSpecialを通じるナスペリオンのクロス。ハーツクライにSeattle SlewにNijinskyにHerbagerだから牝馬ながら伸びのある体型に出ているが、兄ほどステイヤー然としたタイプではないだろう。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で望田潤が推奨したバンパークロップ(牝3歳)が日曜福島1Rの未勝利戦(ダート1700m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ユニオンオーナーズクラブ
父クロフネ
母グレートハーベスト(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014104416/
牝 募集価格:900万円
マーチSのマイネルクロップの全妹で、クロフネ×サンデーサイレンス×Seeking the Goldはセイコーライコウ(アイビスサマーダッシュ)と同じ。またエンプレス杯と福島牝馬Sに勝ったブラボーデイジーはクロフネ×サンデーサイレンス×Woodmanで、WoodmanはSeeking the Goldと同じMr.Prospector×Buckpasserの組み合わせです。Buckpasserの母Busandaは「War AdmiralとLa Troienne」の組み合わせですが、クロフネ×サンデーサイレンスで母母のところにMr.Prospectorと「War AdmiralとLa Troienne」を持つ配合パターンは、これまで中央に20頭が出走し13頭が勝ち馬となっており、そこにはフサイチリシャール、ブラボーデイジー、セイコーライコウ、マイネルクロップ、サイオン、マデイラと6頭のオープン馬が含まれます。クロフネ産駒としても非常に確率の高い配合パターンで、重賞合勝ち馬の全妹がこの価格ならば十分にオススメできます。牝なので兄よりもマイラーっぽい体つきで、ダート巧者ですが芝もこなせるマイラーとして上級〜オープンを狙える馬でしょう。(望田)

■土曜中京10R知多特別 クライムメジャー(一口・栗山)




「一口馬主好配合馬ピックアップ」でウインを1頭ピック


「一口馬主好配合馬ピックアップ」で、望田潤がウインレーシングクラブを1頭ピックしました。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c0044.html




6月24、25日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■土曜東京10R八ヶ岳特別 リカビトス(一口・栗山)
■土曜東京11R夏至S ルールソヴァール(一口・栗山)
■日曜東京7R500万下 パルティトゥーラ(一口・望田)
■日曜東京8R城崎特別 ラヴアンドドラゴン(ディープ・望田)
■日曜阪神11R宝塚記念3着 ミッキークイーン(ディープ・栗山)




「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック


「一口馬主好配合馬ピックアップ」で、栗山求がジーワンサラブレッドクラブを6頭ピックしました。うち4頭は望田潤さんとのダブル推奨なので、新規は2頭、ジーワン全体で栗山・望田の推奨馬は合計8頭です。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c0044.html






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode