パーフェクト種牡馬辞典


競馬道OnLineプレミアム予想 4月28、29日分


今月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。4月28、29日分は栗山求の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!


『POGの達人 2018〜2019年』、通称“赤本”がいよいよ発売開始となりました。POGの歴史を作ってきたスタンダードな一冊です。

Amazon の競馬本ランキングでは発売開始前から1位を独走しているように、今年も盛りだくさんの濃厚な内容。生産牧場、育成牧場、産地馬体検査、東西の両トレセン……などなど、須田鷹雄さんの指揮のもと人手と手間とお金をかけて徹底的な取材を敢行しています。豊富な立ち姿の写真は質量ともにこれ以上望めないというクオリティです。

途中の特集記事も勉強になります。今年は「理論遺伝学が導く血統・配合の未来」というタイトルがあります。これは必読です。

栗山は「サンデーサイレンス系の明日はどっちだ!?」というコーナーを平出貴昭さんと担当させていただきました。赤本にこれほど長文の原稿を書くのは久しぶりです。昨年からテーマ別に様変わりした「オススメ10頭」は、「SS系種牡馬の産駒は選択不可! 配合の妙を感じる逸材を推奨せよ」というミッションのもと、10頭をピックアップしました。昨年、同じお題でブラストワンピース(父ハービンジャー)とテンクウ(父ヨハネスブルグ)を指名しました。今年もしっかり当てたいですね。

須田鷹雄さんの巻頭言を読んだところ、「黒い本から20年、文字通りの『赤本』では20冊目」とのこと。もうそんなに経つのかと感慨深いですね。「黒い本」とは光文社で初めて作った98年刊の「POGの達人」。黒い表紙だったことからそう呼ばれています。翌99年に表紙を赤に替えたとたん大ブレイクした、とのこと。わたしは黒い本から欠かさず執筆させていただいています。20年前に刊行されたその本は、いま読み返しても新鮮で面白いと感じます。須田さんもわたしもその他の執筆者も、20代が中心となって作ったわけですから若かったですね。
https://www.amazon.co.jp/dp/4334871348/




新橋Gate J.『天皇賞(春)必勝馬券検討会』に出演します


4月27日(金)18時から、新橋Gate J.で行われるウマニティ主催『天皇賞(春)必勝馬券検討会』に出演いたします。

スガダイさん、河内一秀さん、夢月さんとガチンコの討論を繰り広げる予定です。

座席は約70席(立ち見あり)。もちろん無料です。司会は清水久嗣さん、竹内紫麻さん。お集まりいただいた方には抽選でさまざまなプレゼントがございます。当日お近くの方はぜひご参加ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10226




4月29日(日)はクイーンエリザベス二世カップ(香港)です


出走馬8頭、うち日本馬2頭(アルアイン、ダンビュライト)で争われ、JRAが馬券発売を行います。発走時刻は17時40分(日本時間)。発売開始は当日朝7時00分です。

JRA−VANの海外競馬サイトに「血統傾向と有力馬分析」を寄稿しました。「コラム」をクリックしていただければご覧いただけます。
http://world.jra-van.jp/
同サイトやJRAホームページに、馬券検討のためのさまざまな材料が提供されています。ぜひご参考になさってください。
http://www.jra.go.jp/




『競馬王のPOG本 2018−2019』が本日発売


『競馬王のPOG本 2018−2019』が本日発売されます。足で稼いだ情報満載の、牧場・育成・厩舎・オーナー・血統と多角的に走る馬を炙り出していく濃厚な内容は、例年以上にパワーアップしています。現場との距離が近く、しかも情報が整理されていて読みやすい――これがセールスポイントです。馬体重が細かく記載されているのは嬉しいですね。

恒例の「栗山ノート」は昨年と同じく15頭の種牡馬(計125頭)を取り上げました。1頭あたり80字の短評付きです。ご参考にしていただければ幸いです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4865357033/

なお、5月18日(金)に公開ドラフトを開催いたします。場所は昨年と同じく新宿ロフトプラスワン。会場は18時、開演は19時です。出演は吉田竜作、井内利彰、グラサン師匠、ケシハタ、栗山求、その他です。直前の爆弾情報を次々と投入予定です。参加ご希望の方は以下をご覧くださいませ。Lコードは「32911」です。チケットはインターネットのほかローソン、ミニストップ、プレイガイドでも発売しております。
http://l-tike.com/order/?gLcode=32911




『優駿』5月号発売


月刊誌『優駿』5月号が3月25日に発売されました。3月号から始まった連載「G1ホースが紡ぐ血」は、ヘイルトゥリーズン、リファール、スペシャルの3頭。毎年恒例の「2歳馬情報」は育成牧場別の注目馬173頭を一挙紹介。馬体写真と詳細なコメントが掲載されています。POGファンは絶対に買いでしょう。2号連続企画なので来月も見逃せません。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07B64T6YT/




4月21、22日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『望田潤のPOG好配合馬リスト2017』で望田潤が推奨したクルークヴァール(牡3歳)が日曜福島6Rの未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎クルークヴァール(牡・父ロードカナロア・母クィーンズバーン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104753/
母は阪神牝馬S勝ちで、スペシャルウィークの肌だけに繁殖としても有能だろう。非Northern DancerクロスなのでNorthern Dancer5・5・7×4のロードカナロアとの配合も決まっている。伯父にダノンカモン、イトコにウキノヨノカゼがおり、芝ダ兼用で早期から短距離で計算が立つ一頭。(望田)

■土曜東京9R新緑賞 グレートウォリアー(ディープ・栗山)
■土曜京都8Rあずさ賞 アルムフォルツァ(POG・望田)




競馬道OnLineプレミアム予想 4月21、22日分


今月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。4月21、22日分は望田潤の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




4月14、15日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■土曜中山9R山藤賞 フィエールマン(ディープ・栗山)
■土曜阪神11RアーリントンC3着 レッドヴェイロン(一口・望田)




本日「グリーンチャンネル地方競馬中継」に出演します


「中央競馬全レース中継」が終了したあと、17時00分から放送される「グリーンチャンネル地方競馬中継」に出演します。高知競馬の重賞・二十四万石賞を、司会・山本潤さん、解説・斎藤修さん、ゲストコメンテーター・栗山求でお届けします。4月18日(水)に大井競馬場で行われる東京スプリントの展望も行う予定です。お楽しみに。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    ラリーホ
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    ゆーな
  • ジャパンCはシュヴァルグラン
    Y子

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode