パーフェクト種牡馬辞典


『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。本日、5月20日(土)放送分に出演いたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして棟広良隆さんとオークスの見解をたっぷりお届けいたします。お楽しみに。




競馬道OnLine G1スペシャル予想〜オークス


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2017−2018』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、この春も高松宮記念から宝塚記念まで栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想いたします。今週のオークスは栗山求の担当。有力馬分析は無料公開、予想は有料会員のみ閲覧できます。血統分析で取り上げた3頭がそのまま予想の順位となるわけではありません。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/sp2016/




日曜夜に『POG公開ドラフト』を開催します


毎年恒例の『POG公開ドラフト』はオークス当日の5月21日19時から、新宿のロフトプラスワンにて開催いたします。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/62000

出演者は以下のとおり。

井内利彰(調教捜査官)
栗山求(血統評論家)
グラサン師匠(漫画家)
吉田竜作(大阪スポーツ)
伊吹雅也(競馬ライター)
山崎エリカ(負けない女)
シークレットゲスト
ほか

まだ多少お席があるようです。当日券もございますが、リンク先から予約されたほうが安全かと思います。最新の極秘情報をどんどん公開いたします。パネラーからのプレゼントもございますのでお楽しみに!




ザ・POGドラフト会議2017−2018


告知するのをすっかり忘れていました。本日、23時30分から、グリーンチャンネルで「JRA−VAN Presents ザ・POGドラフト会議2017−2018」が放送されます。おかげさまで昨年放送されたものが好評だったため、今年も同じパネラーを集めて制作されました。

早い話が“POGドラフト会議実況中継”。これを観れば今年の評判馬はほとんど分かってしまうと思います。おもしろい番組になったのではないかと思いますので、ぜひご覧くださいませ。

★放送時間
5月16日(火)23:30〜25:30
5月19日(金)25:00 〜 27:00(再)
5月26日(金)13:00 〜 15:00(再)
5月31日(水)20:00 〜 22:00(再)

★出演者
司会:三遊亭五九楽、守永真彩
パネラー:井内利彰、池江泰郎、木村拓人、栗山求、須田鷹雄
http://www.gch.jrao.ne.jp/program_horse_special/special_jra-van_pog_draft2017-2018.html




5月13、14日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■土曜新潟9R500万下 ヴェネト(ディープ・望田)
■土曜東京11R京王杯スプリングC3着 グランシルク(一口・栗山)




『日本競馬 レジェンド100人』


5月15日、別冊宝島『日本競馬 レジェンド100人』(宝島社)が発売されます。「騎手、調教師、生産者から装蹄師、テーラー、地方競馬まで」というリードのとおり、わが国の競馬に関わるすべての分野から古今100人のレジェンドを選び、それぞれの方々にスポットライトを当てています。



時代を創ったカリスマばかりですから、どなたも偉大な人生を歩まれています。本人がインタビューに答えるというスタイルもいくつかあります。栗山は9人のレジェンドについて書かせていただきました。編集者はかつて『競馬歴史新聞』(日本文芸社)を一緒に作った池畑成功さん。多くの方に読んでいただきたい一冊です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4800271134/




『競馬最強の法則』6月号


オークス、ダービーを目前に控え、いよいよ春競馬も最大の盛り上がりを迎えようとしています。13日に発売された『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)6月号に、「超サバイバル! 乱戦ダービーを勝ち抜ける馬」と題する6頁の記事があります。栗山のインタビューで構成されたもので、今年のダービーを徹底解剖し、買える馬、買えない馬を忌憚なく診断し、具体的な見解を述べています。ぜひ一冊お手元にどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XZC7W3X/




競馬道OnLine G1スペシャル予想〜ヴィクトリアマイル


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2017−2018』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、この春も高松宮記念から宝塚記念まで栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想いたします。今週のヴィクトリアマイルは望田潤の担当。有力馬の血統分析と直前予想を行います。有力馬分析は無料公開、予想は有料会員のみ閲覧できます。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/sp2016/




電子書籍『望田潤のPOG好配合馬リスト(2017) 』発売!


望田潤さんの電子書籍の新刊です。『ディープインパクト好配合馬リスト(2017)』の姉妹編で、キングカメハメハ、ダイワメジャー、ハーツクライの主要3種牡馬と、「重賞勝ち馬の弟妹」というカテゴリーを合わせて48頭の好配合馬をピックアップしました。

1頭の種牡馬につき厳選12頭(◎=5頭、○=5頭、★=2頭)。重賞勝ち馬の弟妹も同じ配分です。印を打った馬はすべて5代血統表付きで配合ポイントの解説があります。

先週の京都新聞杯(G2)を勝ったプラチナムバレット、NHKマイルC(G1)で3着となったボンセルヴィーソは昨年版の推奨馬です。スプリングS(G2)を勝ったウインブライトも同様です。

全65ページ。下記URLからお求めいただけます。
http://miesque.com/c00042.html




『POGの達人 2017〜2018年』発売!


『POGの達人 2017〜2018年』、通称“赤本”がいよいよ発売開始となりました。POGの歴史を作ってきたスタンダードな一冊です。



Amazon の競馬本ランキングでは発売開始前から1位を独走しているように、今年も盛りだくさんの濃厚な内容。生産牧場、育成牧場、産地馬体検査、東西の両トレセン……などなど、須田鷹雄さんの指揮のもと人手と手間とお金をかけて徹底的な取材を敢行しています。豊富な立ち姿の写真は質量ともにこれ以上望めないというクオリティです。

途中の特集記事も勉強になります。今年は「心肺機能トレーニングの現在と未来」というタイトルがあります。これは必読です。「POGのハンデ導入を本気で考える」も大きな提言だと思います。

栗山は「名牝系の底力×グッとくる配合」というコーナーを平出貴昭さんと担当させていただきました。昨年秋に2つの2歳重賞を制したブレスジャーニーは北海道サマーセールで250万円で落札された馬でしたが、牝系をさかのぼるとダイナカールに到達します。このように名牝系の底力は侮れないものがあります。栗山、平出がそれぞれ3牝系ずつピックアップし、現2歳世代の期待馬を紹介するという内容です。

「オススメ10頭」のコーナーは今年から様変わりし、ライターごとに須田鷹雄さんから個別のミッションを与えられ、その条件に沿って10頭を選ぶという形になりました。栗山は「SS系種牡馬以外から配合重視の選択で!」というもの。選んでいて新鮮でした。ぜひ一冊お手元にどうぞ!
https://www.amazon.co.jp//dp/4334871267/






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode