パーフェクト種牡馬辞典


『サラブレ』12月号発売


特集は「世界を知れば日本競馬が見えてくる!」。ジャパンC、香港国際競走の攻略と絡めて海外競馬や有力馬の話題を取り上げています。「血統史たらればなし」はテンポイントとセントライト。突然ですが連載は今号で最終回となります。次号2017年1月号から『サラブレ』は大幅リニューアルして生まれ変わります。お楽しみに。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MA6I2B7/




11月12、13日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したグローブシアター(牡2歳)が日曜京都5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

◎グローブシアター(牡、母シーザリオ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105957/
リオンディーズの全弟で、母シーザリオはオークス馬。Nureyev≒Sadler's Wells4×3、ラストタイクーン≒マルゼンスキー3×4と、Northern Dancer系のクロスを使った父母相似配合。父母相似配合は競走能力の高い両親のほうが成功しやすく、レッツゴードンキの母マルトクもダートで準オープンまで出世している。一見すると総花的な配合にも見えるが、リオンディーズの場合はG1馬の両親の持ち味が上手く噛み合ったと言える。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したウインブライト(牡2歳)が土曜東京4Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

○ウインブライト(牡、父ステイゴールド、母サマーエタニティ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100222/
ステイゴールド×アドマイヤコジーンという組み合わせは本馬の全姉ウインファビラスとペルソナリテしか出走例がなく、この2頭が阪神JFに駒を進めて2着と6着に入線したのは快挙と言うべきだ。ロイヤルサッシュとミセスマカディーの血脈構成がよく似ており、ダイナサッシュ≒アドマイヤマカディの3×3になるのがニックスの根拠。そしてロイヤルサッシュ≒ミセスマカディーのニアリークロスを持つ馬も、上記2頭以外にスノードラゴンしか見つからないのだからまた驚かされる。現時点ではスーパーニックスと言っても差し支えなく、後追いと言われようが恥も外聞もなく全弟も狙う。(望田)

■土曜京都11Rデイリー杯2歳S2着 ボンセルヴィーソ(POG・望田)
■日曜京都6R500万下 スルターナ(一口・望田)
■日曜京都7R500万下 ショパン(POG・望田)
■日曜東京10R奥多摩S グランシルク(一口・栗山)
■日曜京都11Rエリザベス女王杯3着 ミッキークイーン(ディープ・栗山)




ロードサラブレッドオーナーズの追加募集


栗山、望田とも推奨馬はございません。よろしくお願いいたします。




11月5、6日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で栗山求が推奨したエピカリス(牡2歳)が火曜門別10Rの北海道2歳優駿(Jpn3・ダ1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
父ゴールドアリュール
母スターペスミツコ(カーネギー)
牡 募集価格:3600万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014103121/

メイショウナルト(小倉記念、七夕賞)の4分の3弟。父はハーツクライからゴールドアリュールに替わりました。母方にマルゼンスキーが入るゴールドアリュール産駒は信頼性が高く、フーラブライド(中山牝馬S、愛知杯)、タケミカヅチ(ダービー卿CT)、トウカイパラダイス(大阪杯−2着)、トップカミング(日経新春杯−2着)などが出ています。連対率21.8%、1走あたりの賞金額268万円は、ゴールドアリュール産駒全体の17.0%、150万円を大きく上回っています。ダートに強い種牡馬でありながら、芝・ダートほぼ同じぐらいの成績を残しているというのがこの配合の特長。母の父カーネギーは「Sadler's Wells×Riverman」なので、父の代表産駒の1頭クリソライト(ジャパンダートダービーなど重賞3勝)の母クリソプレーズを彷彿させます。芝・ダートどちらでも行けるタイプで、中距離がベストでしょう。(栗山)

■『2016〜17年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したクリアザトラック(牡2歳)が土曜京都7Rの新馬戦(芝1600m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○クリアザトラック(牡、クロウキャニオン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105897/
カミノタサハラ、マウントシャスタ、ボレアス、ベルキャニオン、ラベンダーヴァレイの全弟。クロウキャニオンはNorthern DancerとナスキロラトロとEight Thirty≒Speed Boatのクロスで、フレンチデピュティとクロカミ(京王杯AH)のパワーを確実に伝えるのでディープインパクトとの配合はまず外さない。牡なのでタサハラやベルキャニのような中距離型だろう。(望田)

◎クリアザトラック(牡・母クロウキャニオン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105897/
ボレアス、マウントシャスタ、カミノタサハラ、ベルキャニオン、ラベンダーヴァレイの全きょうだいにあたるおなじみの血統。これで5年連続の指名となる。牡馬に出たのは3年ぶりで、過去、全兄4頭はすべて重賞で連対経験があるので確実性が高い。母方に入る Caerleon、Vaguely Noble は父とニックスで、「ディープ×フレンチデピュティ」もショウナンパンドラ、ウリウリ、マカヒキなど活躍馬が目白押し。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で望田潤が推奨したゼアブラヴ(牡2歳)が日曜東京6Rの新馬戦(芝1400m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★シルクホースクラブ
父ファルブラヴ
母ジェシカ(トニービン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105969/
牡 募集価格:1500万円
アイムユアーズとは父ファルブラヴ、母母セシルカットが同じで、イトコかつ3/4同血の間柄。とはいえ、アイムユアーズは母父がエルコンドルパサーで、ここでFairy King=Sadler's Wells≒NureyevとSeattle Slewをクロスする名配合ですから同列に扱うわけにはいきません。しかし「Special持ち種牡馬×ダイナカール=ダイナフェザー全姉妹牝系の繁殖」の組み合わせはこれまで43頭が出走し29頭が勝ち馬となる高確率で、ドゥラメンテやルーラーシップなどキングカメハメハとのニックスは有名ですが、オペラハウスでもファントムライト、メイショウサムソンでもトーセンアルニカ、リンカーンでもオマワリサンと最長飛距離が出ています。本馬の母ジェシカもレイヴ(父タイキシャトル,2勝)やパブリックアフェア(父キングカメハメハ,1勝)を見てのとおり、Special持ち種牡馬との配合では外していません。アイムユアーズとはタイプは違うでしょうが、父をしなやかな体質にしたような中距離馬として、上級出世の計算は立つ配合ですから、この募集価格ならばオススメしたいです。(望田)

■土曜東京7R500万下 マイネルエスパス(一口・望田&栗山)
■土曜東京11R京王杯2歳S3着 ディバインコード(一口・望田)
■日曜東京8R1000万下 サーブルオール(一口・栗山)
■日曜京都12R500万下 エイシンティンクル(ディープ・望田)




11月5日(土)はBCフィリー&メアターフです


ヌーヴォレコルトが挑戦するブリーダーズCフィリー&メアターフ(米G1・芝10f)が間近に迫りました。3歳以上牝馬による米芝中距離ナンバーワン決定戦です。

凱旋門賞、メルボルンCに続きJRAがネットで馬券を発売します。出走頭数は13頭と、メルボルンCの24頭に比べるとだいぶ少ないのですが、なじみのない馬たちによるレースだけにやはり簡単ではありません。

JRA−VANの海外競馬サイトに血統面の分析を寄稿しました。「コラム」をクリックしていただければご覧いただけます。

同サイトやJRAホームページに、馬券検討のためのさまざまな材料が提供されています。ぜひご参考になさってください。

なお、馬券の発売開始は5日(土)19時30分から。発走は6日(日)の早朝4時43分(いずれも日本時間)です。




11月1日(火)はメルボルンCです


カレンミロティックが挑戦するメルボルンC(豪G1・芝3200m)がいよいよ2日後に迫りました。オーストラリアを代表するビッグレースのひとつで、ちょうど10年前にデルタブルースとポップロックの角居厩舎勢2頭がワンツーフィニッシュを決めました。

凱旋門賞に続きJRAがネットで馬券を発売します。24頭立てのハンデ戦とあって難解なレースですが、だからこそ予想のし甲斐があります。ひょっとしたらかなりの大穴が出るかもしれません。JRA−VANの海外競馬サイトに血統面の分析を寄稿しました。「コラム」をクリックしていただければご覧いただけます。

同サイトやJRAホームページに、馬券検討のためのさまざまな材料が提供されています。ぜひご参考になさってください。




競馬道OnLine G1スペシャル予想〜天皇賞・秋


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2016−2017』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、この秋もスプリンターズSから有馬記念まで栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想いたします。今週の天皇賞・秋は栗山求の担当。有力馬分析は無料公開、予想は有料会員のみ閲覧できます。血統分析で取り上げた3頭がそのまま予想の順位となるわけではありません。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/sp2016/




新橋Gate J.『天皇賞(秋)必勝馬券検討会』に出演します


10月28日(金)18時から、新橋Gate J.で行われるウマニティ主催『天皇賞(秋)必勝馬券検討会』に出演いたします。

通常、古馬のビッグレースは戦力比較で悩むことは少ないのですが、今回の天皇賞・秋(G1)は難解で、それゆえに推理のし甲斐があります。スガダイさん、河内一秀さん、山崎エリカさんとガチンコの討論を繰り広げる予定です。

座席は約70席(立ち見あり)。もちろん無料です。司会は清水久嗣さん、津田麻莉奈さん。当日お近くの方はぜひご参加ください。
http://umanity.jp/info.php?id=3024




10月22、23日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2015〜16年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサトノダイヤモンド(牡3歳)が日曜京都11R菊花賞(G1・芝3000m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

◎サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
母マルペンサはR.V.マンシリャ大賞典(亜G1・芝2000m)勝ち馬で、Halo 4×3、Northern Dancer 4×4、Natalma 4・5×5、血統表の3/4で Almahmoud の血を何重にもクロスしている。自身は Halo≒Sir Ivor 3・5×4・5。母父 Orpen は名マイラー Lure の代表産駒でモルニ賞(仏G1・芝1200m)勝ち。中距離で奥行きがあるかとなると疑問もあるが、速攻系マイラーとして有望でPOG向きだ。(望田)

★サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
セレクトセール当歳で落札価格2億3000万円。母マルペンサはアルゼンチン産で、コパデプラタ大賞(亜G1・芝2000m)、クリアドレス大賞(亜G1・ダ2000m)、ヒルベルトレレナ大賞(亜G1・ダ2000m)を制覇。Northern Dancer 4×4の片方が Danzig を経ているという好パターン。母の父 Orpen はデインヒルと配合構成が似ており、その父 Lure は Bertolini(ジェンティルドンナの母の父)と同じ Danzig×Alydar という組み合わせ。初子だけに手探りの部分もあるが、まともなら走ってくる。(栗山

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2015』で栗山求が推奨したリカビトス(牝2歳)が日曜新潟5R新馬戦(芝1600m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
リカビトス
父ディープブリランテ
母エンシェントヒル(エンドスウィープ)
牝 募集価格:1400万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105854/

8月27日時点で379kgと小型です。ただ、父も母も現役時代に500kgを超えて競馬をしたことがあり、さらには5月11日生まれなので、まだまだ成長の余地はあります。父ディープブリランテは日本ダービー馬。母方がヨーロッパ血統だけに、アメリカ血統の強い繁殖牝馬は合うでしょう。母エンシェントヒルはダートのOP特別を勝った経験があり、Raise a Native 4×4。本馬はこれを継続発展させる形で Mr.Prospector 6×4のクロスを持っています。父の血統のなかで Mr.Prospector は重要な役割を果たしていると思われるので、これを継続した配合には間違いは少ないはずです。諸々の不安材料から人気化はしないでしょう。1400万円はお買い得だと思います。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したエアウィンザー(牡2歳)が土曜京都3Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

○エアウィンザー(牡、母エアメサイア)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105427/
エアスピネルの全弟。この組み合わせは父父Kingmamboと母母エアデジャヴーのところでNorthern DancerとRaise a NativeとFlower Bowl≒Your HostessとRibotのクロスになるので、両者のパワーや機動力がONになりやすい。エアスピネルのピッチのきいた機動力は配合のイメージどおり。ナスキロ的なクロスを持たず機動力でまとめているのも好感。(望田)

■土曜京都12R1000万下 マイネルオフィール(一口・栗山)




本日、東京競馬場オープン型レーシングセミナーに出演


本日、東京競馬場のオープン型レーシングセミナーに出演いたします。第1部は11:30頃〜13:00頃、第2部は14:00頃〜最終レース終了後まで。場所はセンターコートです。司会は谷桃子さん、他の出演者は木村拓人さん、黒澤ゆりかさんです。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • フラワーCはファンディーナ
    Y子
  • 3月4、5日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    まりあ
  • 石川ワタルさん死去
    さえこ
  • 「フランケルの時代」
    ブラックえびす
  • 1月28、29日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    牧人
  • モーリス引退式
    ゆーな
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    栗山求
  • 『KEIBAコンシェルジュ』に本日出演
    武蔵小杉
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    栗山求
  • パークウインズ小倉競馬場のイベントに出演します
    テイオー

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode