パーフェクト種牡馬辞典


88年の日本ダービー馬サクラチヨノオー死す


 2年前の夏、オグリキャップが死んだ際、旧ブログにこう記しました。


「自分とオグリキャップの個人的な関係を語れば、3歳時は“幻のダービー馬”と呼ばれていることに不快感を持っていました。本物のダービー馬サクラチヨノオーのファンだったからです。」
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/07/post-3b21.html


なぜファンになったかというと、理由は単純明快、POGで指名していたからです。同世代にはオグリキャップを筆頭にサッカーボーイ、スーパークリーク、ヤエノムテキ、バンブーメモリーなどそうそうたる名馬がそろっていました。それらの実力はもちろん認めますが、いちばん好きな馬はサクラチヨノオーのまま揺るぎませんでした。デビュー戦から引退レースまで100円の単勝馬券を買い続けてコレクションにしたほどです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1985100743/



何年か前にグリーンチャンネルで須田鷹雄さんとご一緒したときに、お互いPOGでサクラチヨノオーを持っていた、という共通点で話が盛り上がりました。結論は「当時のPOGは簡単だった」。


POG誌がない時代で、情報源といえば『週刊競馬ブック』に掲載される名簿ぐらいしかありません。それだけでどうやって走る馬を探すのかというと、大手馬主の良血馬を指名する、というただそれだけです。情報が少ないと悩む必要がありません。当時は社台よりもメジロ、サクラ、シンボリ、トウショウあたりが人気でしたね。


サクラチヨノオーはサクラトウコウ(七夕賞、函館3歳S)の全弟。単純にそれだけで選んだ馬でした。しかし、血統は同じでも、馬体には違いがあります。兄トウコウがガッチリとした短距離向きの体形だったのに対し、弟チヨノオーは細身でしなやかなタイプ。兄と違って2400mをこなした理由はここにありました。ちなみに、馬名は当時の横綱千代の富士から採られたものです(朝日杯3歳Sを勝った半弟のサクラホクトオーは同門の後輩横綱北勝海から)。


日本ダービーは小島太騎手(現調教師)の名騎乗といっていいでしょう。騎乗ぶりにムラがあるため競馬場で野次られることの多かったジョッキーですが、ハマったときの鮮やかさは比類がありません。誰にも真似ができない乗り方だったと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=SwM6mi71q5Q


ゴール後の派手なガッツポーズには賛否両論がありました。当時購読していた『週刊競馬通信』の読者投稿欄にそれを咎める投書が載ると、翌週、「ダービーを勝って我を忘れるほど嬉しいのは当然じゃないか、ジョッキーだけじゃなくチヨノオーだってガッツポーズをしていたんだよ」という熱い反論がありました。それに対する再反論は「そんな写真があるならぜひ見せてください」という冷ややかなもの。思わず笑ってしまいました。ダービーのガッツポーズに目くじらを立てなくても……という心情だったので、翌週の誌面にチヨノオーのガッツポーズ写真が掲載される神展開を期待していたのですが、さすがにそれはありませんでした(笑)。


話を血統に戻します。セダン(伊ダービー馬)を通じた Prince Rose クロスは、府中の中長距離に実績があります。日本ダービー馬コーネルランサーや、3200mだった時代の秋の天皇賞を制したスリージャイアンツなどがそうでした。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a000b9e/



Prince Rose は長くいい脚を使えるスタミナ血統なので、このクロスは東京コースに合います。たとえば、ミルジョージ産駒のこのパターンはだいたい東京向きでしたね。ジャパンC2着のロッキータイガー、オークス馬エイシンサニーがその代表例です。ロッキータイガーは Prince Rose 5×5・6。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1981105953/



種牡馬としてのサクラチヨノオーはイマイチでした。重賞勝ち馬はサクラエキスパート(愛知杯)とマイターン(東海ウインターS)のみ。あとはナリタブライアンが勝った皐月賞で2着となったサクラスーパーオーが目立つ程度です。同世代の名馬たちはサッカーボーイを除いておおむね種牡馬としては不振でした。競馬場を賑わした名馬がそのまま種牡馬としても成功する現在とはだいぶ状況が異なります。


ここ1〜2年で、スーパークリーク、オグリキャップ、サッカーボーイ、サクラチヨノオーと、この世代の名馬が立て続けに鬼籍に入りました。残っているのはヤエノムテキとバンブーメモリーぐらいでしょうか。あの時代がどんどん遠くなっていきます。





タイキシャトルと Storm Cat のニックスで走るバンザイ


 ■月曜京都5Rの新馬戦(芝1600m)は、好スタートから先頭に立った★バンザイ(6番人気)が逃げ切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=mjymeWNqogg


稽古でさほど目立っていたわけではなく、人気もそこそこ。強気の逃げが功を奏しました。粘り強かったですね。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009104164/



「タイキシャトル×Storm Cat」はメイショウボーラー、レッドスパーダ、ツルマルオトメ、トラバントなどが出ているニックス。その好相性を解く鍵は Caerleon と Storm Cat にあると思います。


まず、Caerleon の父 Nijinsky と、Storm Cat の父 Storm Bird は相似な血の関係にあります(5代目の Omaha と Flares は全兄弟)。



そして、Caerleon の母 Foreseer は Royal Charger と Princequillo が配合構成の核であり、Storm Cat の母の父 Secretariat は Nasrullah と Princequillo で成り立っています。


2010年4月14日のエントリー「マルゼンスキーと Storm Cat」のなかで、スペシャルウィークと Storm Cat のニックスを、マルゼンスキーと Storm Cat の関係から解説したことがあります。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/04/storm-cat-897-1.html


Caerleon とマルゼンスキーは同じ Nijinsky 系で、牝系は La Troienne の流れを汲み、Princequillo が入る、といった具合に配合の要点が似ています。したがって、マルゼンスキーと Storm Cat の好相性が成り立つなら Caerleon と Storm Cat も……という連想が働きます。


バンザイの配合は、母の父アフリートの影響を考えるとマイルは1ハロン長いかなという感触がありました。思った以上にしぶとかったですね。この頑張りは底力に秀でた Key to the Mint(3代母の父)の影響もあったかもしれません。


■月曜京都9Rの福寿草特別(3歳500万下・芝2000m)は、好スタートから先頭に立ったサイレントサタデー(10番人気)が逃げ切り、通算成績を2戦2勝としました。
http://www.youtube.com/watch?v=wESxsFynd_8


初戦は不良馬場で僅差の逃げ切り勝ち。スピード競馬への適性が未知数だったので人気がありませんでした。上がり3ハロンが34秒1(11秒4−11秒0−11秒7)ですから、気性的な問題がなければ控える競馬もできそうですね。なんとなくアリゼオとイメージがダブります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105981/



母マニックサンデーはザッツザプレンティ(菊花賞)の4分の3姉という良血で、サンスポ賞4歳牝馬特別(現フローラS)の勝ち馬。サンデー産駒で、Mr.Prospector と Buckpasser が入り、Hyperion の手厚いサポートもあり、競走成績が優秀で近親も走っている、というケチのつけようのない繁殖牝馬です。ポテンシャルが高いので基本的には何をつけても走るというタイプでしょう。


サイレントサタデーの全きょうだいにはプレンティフェスタ(準OP)とワールドコンパス(1000万下)がいるほか、半兄のエポワス(父ファルブラヴ)は2戦2勝です。


母方に Mr.Prospector を持つシンボリクリスエス産駒にはストロングリターンやサンカルロがいます。本馬はサンデーサイレンスが入るので距離適性はもう少し長めの中距離タイプです。シンボリクリスエス産駒の現3歳世代は、繁殖牝馬の質がかなり高かったのでシーズン開幕前からかなりやれるのではないかという下馬評でした。実際、朝日杯フューチュリティ(G1)を勝ったアルフレードを筆頭に例年とはひと味違う結果を出しています。





芸術的な逃げメイショウカドマツ


 ■日曜中山4Rの新馬戦(ダ1200m)は、抜群のスタートを切ったヴェルテュ(1番人気)が後続に3馬身半差をつけて逃げ切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=MKLdz-kJNE4


予想は◎△★で馬単1230円、3連単5620円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想を転載します。


「◎ヴェルテュは『ファスリエフ×フジキセキ』という組み合わせ。父ファスリエフはダート短距離の新馬戦に抜群の適性を示しており、ダ1000〜1300mの新馬戦では連対率55.6%(9戦5連対)。稽古もまずまず動いているので勝ち負けになりそう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101637/



予想文にも記しましたが、ファスリエフのダート短距離新馬戦の実績はズバ抜けています。同馬はアイルランドで供用されていた時代、初年度産駒の勝ち上がり頭数の世界タイ記録(当時)を作りました。したがって仕上がりの早いタイプではあります。


日本にやってきてからの成績で意外だったのは、芝で走らず、ほぼダートオンリーの種牡馬だったこと。まだ初年度産駒が半年ちょっとしか走っていない段階ではありますが、芝連対率6.4%、ダート連対率35.5%はかなり極端な偏りといえます。ただ、考えてみると、ファスリエフの半妹オペラモーヴは芝で4戦して勝てず、ダートに替わった途端2連勝しました。また、母 Mr.P's Princess の半兄 Desert Wine は、まったく切れ味のないワンペース型の種牡馬でした。こうしたみるとダート向きの下地はありました。


ダート1000〜1300mの新馬戦ではこれで10戦6連対(連対率60%)。鉄板の条件といえるでしょう。


■日曜中山9Rの寒竹賞(2歳500万下・芝1800m)は、スタートから飛び出したメイショウカドマツ(5番人気)が逃げ切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=TZpjqMY30A8


正月競馬で最も印象的だった騎乗は、このレースで勝ち馬に乗った中舘騎手の逃げです。主催者発表のラップは以下のとおり。


12.8−10.9−12.9−12.2−12.5−12.0−12.2−12.0−12.0−12.1


一般的に逃げ馬は上がり勝負になると切れ負けします。切れる脚がないからこそ前に行って勝負をしているともいえます。しかし、逆にペースが速すぎると失速してしまいます。一定のペースを刻んでリズムよく走るのが逃げ馬にとっての理想の競馬といえるでしょう。このレースの中舘騎手が刻んだラップの美しさは思わずため息が出ます。2ハロン目以外はすべて12秒台。後半5ハロンはラップの起伏が0秒2しかありません。“逃げの中舘”の真骨頂といえる技術です。


その昔、ローカルで培った技術により日本最多勝を樹立した増沢末夫騎手も、同じように逃げの名人といわれました。ダイナオレンジやユキノサイレンスでの逃げ切りは、いつも正確無比な平均ラップだったのを思い出します。中舘騎手の技術は同じ域に達しているでしょう。


勝ったメイショウカドマツの父ダイワメジャーは、芝では1着27回、2着38回という数字が示すとおり、鋭い脚に欠けるところがあります。母の父 Kris S.(シンボリクリスエスの父)は Roberto 系であり、これまた鋭い脚を使えるタイプではありません。したがって、逃げ馬となったのはごく自然な成り行きであり、馬の個性を十全に発揮できるベストな選択だったといえるでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100777/



Roberto を持つダイワメジャー産駒は、ほかにト−センベニザクラ、トランドネージュがいます。Roberto は Royal Charger≒Nasrullah 3×3。ダイワメジャーとニックスの関係にある“Royal Charger と Mahmoud を併せ持つ血”とやや似ています。近い世代に入れると切れ不足を助長してしまう可能性があるので4〜5代目あたりが妥当なのかもしれません。






上がりを要する流れで強いニューダイナスティ


 ■日曜京都4Rの新馬戦(ダ1200m)は、好位追走の◎スイートジュエリー(1番人気)がゴール前で△アンバルブライベン(2番人気)をクビ差とらえて勝ちました。
http://www.youtube.com/watch?v=aLxq8aSvDLU


予想は◎△○で馬単720円、3連単3830円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想を転載します。


「◎スイートジュエリーは『キングカメハメハ×ソルトレイク』。これは牝馬三冠を達成したアパパネと同じ組み合わせ。同馬は芝で問題なく走ったが、母の父ソルトレイクはデピュティミニスター系なので、パワーを武器とするタイプだろう。半兄ナイキマドリードはさきたま杯(Jpn2)を勝ち、JBCスプリント(Jon1)でも2着となったダートのスピード馬だった。距離的にはマイルあたりがよさそうだが、1200mでも総合力で上回るはず。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009102461/



母の父 Salt Lake は Deputy Minister 系のパワー型スプリンターで、2歳から3歳春までが旬。日本では1200m以下で全勝ち星の90%を挙げ、とくにダート戦が稼ぎどころでした。したがって「キングカメハメハ×Salt Lake」という組み合わせはダ1200mで安心して◎を打つことができます。514キロの大型牝馬で、マイル以下のダート路線で安定した走りを見せてくれそうです。ちなみに、牝馬三冠馬アパパネに関しては、快進撃を続けているときも意地になって◎を打たず、ずいぶん痛い目に遭いました(笑)。


■日曜京都5Rの未勝利戦(芝2000m)は、ニューダイナスティ(5番人気)が2番手追走から抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=LEItP1Z0H8s


ディープインパクト産駒が4頭出走し、1、2、3、5着を占めました。1月4日のエントリー「2011年の種牡馬傾向を振り返る(2)」に記したように、優秀な中距離タイプの種牡馬であるディープインパクトは、芝1700〜2000mのレンジで圧倒的な強さを誇ります。
http://kuriyama.miesque.com/?eid=77


この距離の未勝利戦は、新馬戦で勝ち損ねたディープインパクト産駒が大量出走してくるケースが目立ちます。同じ父を持つ素質馬がひしめいており、大渋滞を起こしてなかなか勝ち上がれません。今回2着だったシルクキングリーは前走も2着でしたが、そのときの勝ち馬はやはりディープインパクト産駒でした。今回3着だったクランモンタナも、3着に敗れた前走の未勝利戦は2〜4着がディープインパクト産駒で、その前の2着時は別のディープインパクト産駒が1着でした。順番に勝ち上がっていくのだと思われますが、この渋滞が解消するのはしばらく先のことでしょう。


勝ったニューダイナスティは、母が「Dynaformer×Danzig」という組み合わせ。「Roberto 系×Danzig」はグラスワンダーを連想させます。グラスワンダーは小気味いいピッチ走法でしたが、ニューダイナスティのフットワークは大トビで手先が重い感じです。これは母の父 Dynaformer の影響でしょう。Dynaformer はやや緩慢で、日本向きの鋭さに欠けるところがあります。自身の上がりは35秒5。これで勝てる流れだったことが幸いしました。中長距離で上がりを要する流れになれば強そうです。具体的にはゆきやなぎ賞(3月10日・3歳500万下・阪神芝2400m)あたりで好走するイメージですね。古馬になって目覚めれば重賞も夢ではないと思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106492/






オークス向きブリッジクライム


 ■木曜中山6Rの新馬戦(芝2000m)は、勝負どころで中団からマクリ気味に上昇した★ブリッジクライム(7番人気)が直線で3馬身突き抜けました。
http://www.youtube.com/watch?v=6x3bh2UPTHs


前半1000mが1分03秒0、ラスト2ハロンが11秒7−11秒4という上がり勝負。決め手が問われるこの流れで後続に3馬身差をつけました。芝2000mの新馬戦というタフな条件で男馬に交じってどうかと思われたのですが、力が抜けていましたね。


オールカマー(G2)で3着となったカリバーン(父デュランダル)の半妹。同じサンデー系なので4分の3妹といってもいいでしょう。母の父ボストンハーバーは軽いスピードタイプですが、2代母 Rezagante は重厚なスタミナに恵まれた芝向きのアルゼンチン血統。カリバーンなどはこの影響で2000m以上を得意としています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106032/



母方にアルゼンチン血統を抱えたゼンノロブロイ産駒といえばペルーサを思い出します。古めのアルゼンチン血統はたいていヨーロッパにルーツがあり、スタミナと底力に恵まれています。2代母の父 Practicante は現役時代にカルロスペレグリーニ大賞典(ダ3000m)、ナシオナル大賞典(ダ2500m)、ジョッキークラブ大賞典(芝2000m)、サンファンカピストラーノH(芝14f)などを勝ち、引退後はアルゼンチンで3回リーディングサイアーとなりました。父ゼンノロブロイはアメリカ血統が強く、底力にやや不安があるので、こういう図太い血がサポートするのは好ましいですね。


中長距離でおもしろいところがありそうな馬なので、フラワーC(G3)、フローラS(G2)あたりを使ってオークス(G1)に出られれば楽しみです。


■木曜中山9RのジュニアC(芝1600m)は、4番手追走のオメガホームラン(3番人気)が直線でしぶとく抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=8qD3ZOutkUc


452キロとやや小型ながら、ダイワメジャー産駒らしい幅のあるガッチリとした馬体です。ここ2戦は切れ負けしていましたが、間隔をとった今回は成長の跡が見られ、最後まで力強く伸びました。


半兄ステージプレゼンス(父アグネスタキオン)はきさらぎ賞(G3)3着、同じく半兄のルルーシュ(父ゼンノロブロイ)は3戦2勝とまずまずの成績。母ダンスーズデトワールはマルセルブサック賞(仏G1・芝1600m)で2着となっています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105856/



ダイワメジャーとダンシングブレーヴの好相性については、昨日のエントリー「フェアリーSはトーセンベニザクラ」でご説明したとおりです。このパターンからトーセンベニザクラ(フェアリーS)、ダイワミストレス(フェアリーS−3着)、ダローネガ(デイリー杯2歳S−2着)、そしてこのオメガホームランが出ています。


ダイワメジャー産駒は正月最初の3日間で6勝を挙げ、9021万9000円を稼ぎ出しました。始まったばかりの2012年JRA種牡馬ランキングでは第1位です(2位はディープインパクトの8865万6000円)。この活躍により中堅のサンデー系種牡馬の成績には確実に影響が出ています。サンデー系同士の生き残り競争は年々激しさを増しており、ダイワメジャーもこの地位が安泰というわけではなく、今年の夏以降は後からどんどん入ってくる新種牡馬たちと戦わなければなりません。食うか食われるかの厳しい勝負です。







プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    クラウディオ・スアレス
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    コハクガワ
  • 日本ダービーはレイデオロ
    ヒデハヤテ
  • 日本ダービーはレイデオロ
    エジル
  • ヤマニンゼファー死す
    Y子
  • 4月22、23日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Y子
  • 皐月賞はアルアイン
    ヒデハヤテ
  • 皐月賞はアルアイン
    Y子

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode