パーフェクト種牡馬辞典


シンザン記念はジェンティルドンナ


 全姉のドナウブルーは、コンパクトな馬体をいっぱいに使った弾力性のあるフットワークで、個人的にかなり好みです。△ジェンティルドンナ(2番人気)はちょっと違いますね。頭が高いので重心もやや高く、一見、姉ほどのダイナミズムは感じられないのですが、追い出されてからのトモの蹴っぱりが見事です。このあたりが追っての味につながっているのでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=cps6Sz_RlYw


半マイル通過が47秒2だったので、約4馬身差で追走していた2番手集団はかなり楽をしていました。結局、掲示板を占めたのは上位5番手以内につけていた馬たちです。ジェンティルドンナは序盤にやや折り合いを欠いたものの、すぐに落ち着きを取り戻して好位を追走し、残り200mを切ってから抜け出しました。


牝馬がシンザン記念を勝ったのは99年のフサイチエアデール以来13年ぶりです。昨年はのちに桜花賞を勝つマルセリーナが3着、全姉ドナウブルーが1番人気で5着でした。今回は追い切りの動きがどうしても気に入らず△に格下げしてしまいました。パドックでは悪く見えなかったので、そのときだけたまたま動かなかっただけなのかもしれません。現時点ではジョワドヴィーヴルに次ぐ牝馬2番手ではないかと思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106253/



それにしてもディープインパクトです。現3歳世代ではジョワドヴィーヴル、ディープブリランテ、アダムスピークに続く4頭目の重賞勝ち馬。このほかワールドエースなど、いずれ重賞を勝つのではないかと思われる素質馬は五指に余ります。2012年のリーディングサイアー奪取に向けて視界良好です。


母ドナブリーニは、チェヴァリーパークS(英G1・芝6f)とチェリーヒントンS(英G2・芝6f)の勝ち馬。どちらも2歳重賞です。母の父 Bertolini は「Danzig×Alydar」という力強いアメリカ血統で、名種牡馬 Green Desert の4分の3同血。現役時代はスプリント路線で活躍しました。


ディープインパクトはスプリント血統との相性が良好です。スプリンターは往々にしてガッチリとした体型で筋力があり、回転の速いフットワークを伝えます。小柄でしなやかでトビが大きいディープインパクトに足りない要素です。相反するふたつの個性を掛け合わせて、それらを併せ持つ馬が簡単に現れるなら、馬産に携わる人間は誰も苦労はしません。ディープインパクトは、相手牝馬に備わったスプリンター的なスピードをフットワークの鋭さに転化し、自身の芝向きの優雅さを損なうことなく産駒に伝え、優れたマイラーや中距離馬に仕立て上げます。ものすごく簡単な種牡馬なので、ある意味配合が楽かもしれません。


石坂正厩舎は、牡馬のアダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)、牝馬のジェンティルドンナと、ディープインパクト産駒の牡牝の重賞勝ち馬を擁しています。鞍上はいずれもルメール騎手ですが、帰国したあとは浜中騎手あたりにバトンタッチするのでしょうか?


◎シゲルアセロラ(6番人気)は5着。現状では力が足りませんでした。なかなかの好配合馬で鞍上も褒めているように、1200〜1400mあたりでいずれ重賞を勝てる馬ではないかと思います。





フェアリーS展望


距離が2ハロン延長されてこの時期に移った4年前から、メンバーの質がグッと上がりました。予想をする際に、それ以前と比べて「格」というファクターが重要になったと思います。とはいえ、阪神ジュベナイルフィリーズから桜花賞へ、という王道路線とも違うので、素質馬であっても何かしら弱点を抱えており、そのあたりの不確定要素が予想を難しくしています。有力と思える馬を内枠から順に何頭か触れてみたいと思います。


★ターフデライト(父アグネスタキオン)
「母の父リアルシャダイ」は中山コースに強く、Raja Baba 4×5もあるので、コース替わりは歓迎だと思います。デビュー戦から状態が一変しており、枠にも恵まれたので一発があっても不思議ありません。父アグネスタキオンは09年の優勝馬ジェルミナルを送り出しています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105991/



★ダイワミストレス(父ダイワメジャー)
父ダイワメジャーはダンシングブレーヴと相性抜群。このパターンからダローネガ、オメガホームラン、トーセンベニザクラ(当レースに出走)などが出ています。Halo≒La Menina≒Drone≒Turn to Reason 3・5×5・4は、父の配合構成の中核である Royal Charger と Mahmoud の組み合わせを継続するものなので評価できます。前走の黒松賞は、スタート直後に外に逃げて鐙が外れるアクシデントがあったにもかかわらず、ハナ差の2着まで追い込みました。距離延長は歓迎です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105803/



★トーセンベニザクラ(父ダイワメジャー)
「ダイワメジャー×ホワイトマズル」ですからダイワミストレスとまったく同じ組み合わせです。母トーセンブリリアンは Drone 4×4で、さらに Drone と相似な血の関係にある Durani が入るので、Halo≒La Menina≒Drone≒Durani 3・5×5・5・6。配合の骨格はダイワミストレスとよく似ています。前走の阪神ジュベナイルフィリーズは赤松賞で激走した反動が出たのか中間の稽古内容がやや軽く、最終追い切りも冴えませんでした。今回はしっかりと動いています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009102231/



★パストフォリア(父シンボリクリスエス)
母ハッピーパスは京都牝馬S(G3)の勝ち馬で、シンコウラブリイ(マイルCSなど重賞6勝)の半妹にあたる良血。04年に引退後、繁殖生活に入ったのですが、妊娠しにくい体質でしばらく子宝に恵まれませんでした。スタッフの努力が実って現4歳のラヴェルソナタ(セントライト記念−6着)が誕生し、その次に生まれたがのがパストフォリア。「シンボリクリスエス×サンデーサイレンス」で2代母に Hyperion を主体とするヨーロッパ血統、という構造はアルフレードに似ています。外枠から出た前走は序盤に力んだ分の負け。前に壁を作れそうなこの枠は歓迎です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106261/



★ラシンティランテ(父アグネスタキオン)
母アドマイヤキラメキはトーセンジョーダンの半姉で、カンパニーのいとこにあたる良血。クラフティワイフのファミリーは活力旺盛で次々と活躍馬を送り出しています。「アグネスタキオン×エンドスウィープ」はやや軽い感じがするので、2代母の父に Hyperion をしっかり組み込んだノーザンテーストが入るのはいいですね。2走前の白菊賞はアグネスタキオン産駒らしい見事な弾けっぷりでした。本質的には平坦向きかもしれませんが、前走のように掛からなければ勝てる力はあります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106061/



★オメガハートランド(父アグネスタキオン)
3戦2勝で、唯一負けたくるみ賞で先着を許したのがトウケイヘイローとレオアクティヴですから怖い馬です。母方は重厚なスタミナ血統で構成されているので底力を感じさせます。母オメガイアランドはハーツクライの半妹。母の父エルコンドルパサーはやや不器用というかエンジンの掛かりが遅いところを伝えるので、小回りコースでは差し損ねないよう早めの競馬を期待したいところです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105758/



★シャンボールフィズ(父キングカメハメハ)
クレスコグランド、アプリコットフィズ、コロンバスサークルの半妹で、母マンハッタンフィズはマンハッタンカフェの全妹にあたる良血です。マンハッタンカフェと Kingmambo の組み合わせからはダイワバーバリアンやアントニオバローズが出ています。本馬はそれを逆にしたような配合ですね。初戦は相手に恵まれた感があり、前走は負けましたが、それでも評価を下げたくない馬です。ただ、中山の芝マイルで15番枠は容易ではありません。半姉アプリコットフィズは13番枠を克服しましたが……。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105993/



★チェリーメドゥーサ(父シックスセンス)
父シックスセンスは母の父にデインヒルを持つので、高速馬場向きの鋭い決め手には欠きましたが、香港ヴァーズで2着となったように深い芝なら国際レベルで通用する能力がありました。母の父がブライアンズタイムとこれまた重厚な血が入り、His Majesty=Graustark 5×4ですから、軽い芝に向くようには思えないのですが、前走のひいらぎ賞は横一線の叩き合いの末に快勝しています。ハイペースで上がりが掛かり、決め手を問われない競馬になったのがよかったのでしょう。切れ味勝負では分が悪いと思います。大外16番枠ですからまともな戦法では勝つのは難しく、超ハイペースになった際の大外一気が一縷の望みでしょうか。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009104005/






京都金杯はマイネルラクリマ


 マイル戦に移行した00年以降の半マイル通過は平均46秒9。今年はレース史上最速の45秒7でした。逃げたシルポートはしんがり16着、2番手追走のタマモナイスプレイは15着とバテました。典型的な前潰れの展開でしたね。勝った△マイネルラクリマ(3番人気)は5〜6番手の好位から抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=bLjue867o_4


展開に乗じて後方から伸びてきた馬に比べ、きつい競馬をしたのは間違いありません。ただ、この馬は戦績からも分かるとおりスパッと切れる脚はなく、ハイペースの粘り合いや道悪に強いタイプです。今回はその持ち味が活きる流れとなりました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008104087/



配合については昨年5月31日のエントリー「道悪は強しマイネルラクリマ」で触れております。一部を転載します。


「2代母パイナップルスターは、北九州記念(G3・芝1800m)を勝ったダンディコマンドの全妹。『ニホンピロウイナー×ノーザンテースト』は90年代によく見られた成功パターンで、フラワーパーク(スプリンターズS、高松宮記念)がその代表格です。ニホンピロウイナーもノーザンテーストも Hyperion が配合構成の核となっているので、やや渋めというか、パワーを兼備したタイプが多かったですね。このあたりの適性がマイネルラクリマに影響を与えた部分もあったのではないかと思います。」
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/05/post-5e18.html


パイナップルスター(ダンディコマンドの全妹)は、Hyperion と Son-in-Law を軸とする Abernant≒チャイナロック≒アイアンエイジ4・3×3という配合で、母の父は Hyperion 4×3のノーザンテースト。図太いヨーロッパ血統の塊です。これが「切れ味には乏しいけれどハイペースの粘り合いには強い」という適性を生み出したのではないかと思われます。ちなみに、パイナップルスターの2代母サニースワップスは、トランセンドの3代母でもあります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1993109569/



           ┌ Hyperion
         ┌○┘       ┌ Son-in-Law
Abernant ――――┤ ┌ Rustom Pasha ┘
         └○┘


           ┌ Hyperion
         ┌○┘       ┌ Son-in-Law
チャイナロック ―┤ ┌ Rustom Pasha ┘
         └○┘


           ┌ Hyperion
         ┌○┘      ┌ Son-in-Law
アイアンエイジ ―┤ ┌ Beau Pere ┘
         └○┘


父チーフベアハートは薄味の種牡馬で、自身の個性を積極的に主張するタイプではありません。母の父がスタミナタイプのサッカーボーイならマイネルキッツ(天皇賞・春)となり、快速タイプのウェストミンスターならビービーガルダン(キーンランドC、阪急杯)となります。本馬の場合はサンデーサイレンス。芝向きの中距離馬でマイルも守備範囲、というタイプでしょう。


松岡正海騎手はマイネルキッツ、マイネルラクリマとチーフベアハート産駒でいいところを見せています。重賞制覇の直後、京都12レースで落馬骨折というアクシデントに遭いました。半年足らずの間に3回も落馬骨折したという例は他に知りません。京都金杯の勝利インタビューで「今年は怪我をしないように気を付けたい」と語った直後のことでした。


◎サダムパテック(1番人気)は5着。岩田騎手は「2ハロン過ぎにグッとハミを噛んでしまいました」(ラジオNIKKEI競馬実況web)とコメントしています。なにか精神的にエキサイトするものでもあったのでしょうか。今回はハイペースで行きたがったわけですが、馬の本質的なキャラクターは中距離馬なので、ノーマルな精神状態ならばもう少し距離があったほうがレースがしやすいタイプだと思います。





中山金杯はフェデラリスト


ここ数年の中山金杯には激しい先行争いはありません。すんなり位置取りが決まって淡々とした流れで進み、後半5ハロンが58秒台後半――というのが平均的なレース内容です。今年は後半5ハロンが58秒1で過去最速。上がり2ハロンは11秒4−11秒5ですから、速い脚のない馬にとっては厳しい流れでした。
http://www.youtube.com/watch?v=kI_fG8ODtaY


勝った△フェデラリスト(2番人気)とクビ差2着のダイワファルコン(4番人気)は、速い上がりに対応可能な切れ味と小回りコース向きの機動力を兼ね備えています。この2頭で3着以下を2馬身半引き離したのは、小回りの高速上がりに対する適性が高かったからでしょう。


フェデラリストは昨年秋から3連勝で重賞制覇。ここに辿り着くまでの道のりは波瀾万丈でした。社台レースホースで募集価格8000万円の高馬だったのですが、3歳の3月という遅いデビュー戦で不運にも骨折の憂き目に遭い、約1年休養します。11年2月に南関東の船橋競馬で復帰したものの、その矢先に東日本大震災が発生。関東圏の競馬が中止に追い込まれたので、やむなく関西の園田競馬へ。ここを勝ってJRAに戻り、その後は1、4、4、1、1、1着と順調に階段を上っていき重賞タイトルをものにしました。長い回り道のあいだ関係者が辛抱強くケアしたのは、この馬の素質を埋もれさせてしまうのは惜しい、という気持ちがあったからではないかと想像します。


母ダンスパートナーはオークス(G1)とエリザベス女王杯(G1)を勝った名牝で、ダンスインザダーク(菊花賞)、ダンスインザムード(桜花賞、ヴィクトリアマイル)の全姉にあたる超良血です。繁殖牝馬としては不運なところがあり、繁殖に上がったころはサンデー牝馬に交配できる優れた種牡馬が手薄な時期でした。初子、2番子はエリシオ産駒。結果論ですがエリシオは社台グループのきらびやかな繁殖牝馬を満足させるにはやや足りない種牡馬でした。それでも2番子のドリームパートナーは重賞に何度か出走するところまで出世しています。これも結果論ですが、エンドスウィープやフレンチデピュティあたりを付けていればどうなっていただろうか、と考えることがあります。3番子のダンスオールナイト(父エルコンドルパサー)は中山牝馬S(G3)で3着となりました。


このあとアメリカへ渡り、3年間種付けをしました。マンボパートナー(父 Kingmambo)、スマーティーダンス(父 Smarty Jones)は振るわず、フェデラリスト(父エンパイアメーカー)がついに初の重賞タイトルを母にもたらしました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007102831/



現在は日本で繁殖生活を送っています。最近は非サンデー系の優れた種牡馬がどんどん現れているので、繁殖牝馬としては高齢になってしまいましたが楽しみです。現3歳のロンギングダンサー(父シンボリクリスエス)は新馬戦のみ出走して3着。現2歳と1歳はキングカメハメハの子です。


父エンパイアメーカーはベルモントS(米G1・ダ12f)などG1を3勝した名馬。父系は Unbridled と Fappiano を経て Mr.Prospector にさかのぼります。配合的には Dr.Fager と In Reality のニックスを継続していることと、 La Troienne 血脈で構成された Magic≒Sex Appeal 4×3が鍵でしょう。Dr.Fager と In Reality の関係については、昨年6月2〜4日のエントリー「Dr.Fager と In Reality のニックス(1)〜(3)」をご覧ください。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/06/drfager-in-real-08b5.html
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/06/drfager-in-real-2886.html
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/06/drfager-in-real-71c3.html



種牡馬としてはかなりいい繁殖牝馬を集めていたので、それを考えればやや物足りなさはありますが、毎年G1馬を出しているのは大したものです。成功といえる部類でしょう。ダートはもちろん、芝やオールウェザーでも産駒を走らせる万能性が特長です。日本でもフェデラリストのような芝馬からパルラメンターレのようなダート馬まで出しています。現在は日本に輸入されており、昨シーズンから日本軽種馬協会静内種馬場で供用されています。フェデラリストによってサンデーサイレンス牝馬との配合が合いそうだという目星がついたので楽しみです。サンデーの切れ味がしっかり伝わっているのは見事ですね。過去、サンデーと Unbridled の組み合わせから誕生した馬にはダノンバラード、アカンサス、ダコールなどがいます。Unbridled の砂適性よりもサンデーの芝適性が上回るという傾向が見られます。


ちなみに、エンパイアメーカーの息子バトルプランも昨シーズンからアロースタッドで供用を開始しています。優れた競走成績と血統内容を持つのでこちらも期待できるでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0118e8/






2011年の種牡馬傾向を振り返る(3)


本日はダートです。

この分野は一昨年までクロフネの独壇場でした。08年から3年連続で勝利数トップに立ち、10年は驚異の115勝で後続をぶっちぎりました。2位シンボリクリスエスが60勝だったのでほぼダブルスコア。もし仮に、11年のトップを当てる馬券が売り出されていたとしたら、クロフネは1.1倍ぐらいのグリグリ人気だったはずです。

ところが、11年の競馬が終わってみれば第3位。前年比44勝減という大苦戦を強いられ、キングカメハメハ、ネオユニヴァースに追い抜かれてしまいました。この王朝交代劇が昨年のダート競馬のハイライトだったといえるでしょう。

■ダ1000〜1300m
【勝利数】
1位 サクラバクシンオー    31勝(+4)
2位 ストラヴィンスキー    20勝(+5)
3位 ゴールドアリュール    19勝(+5)
4位 アフリート        17勝(+4)
5位 サウスヴィグラス     16勝(−1)
【連対率】
1位 ストラヴィンスキー  24.7%(+5.3)
2位 サクラバクシンオー  19.6%(+2.3)
3位 アフリート      19.5%(+6.2)
4位 マンハッタンカフェ  19.1%(+5.3)
5位 クロフネ       18.1%(−0.3)

短距離はサクラバクシンオーがさすがの強さ。06年以降の6年間で5回目の首位です。ダートでは芝ほどの凄味はなく、過去にJRAのダート重賞で馬券になった馬はタイセイアトムしかいません。未勝利、500万下でマメに勝ち星を拾いました。2位のストラヴィンスキーは地味な種牡馬だけに注目したいですね。連対率では1頭だけ抜きんでた数値を記録しています。ローカルのダ1000mで狙い撃ちたい馬です。

■ダ1400〜1600m
【勝利数】
1位 アグネスタキオン     19勝(+11)
2位 クロフネ         14勝(−12)
3位 ネオユニヴァース     14勝(+8)
4位 キングカメハメハ     13勝(−1)
5位 ゴールドアリュール    13勝(+6)
【連対率】
1位 アグネスタキオン   28.6%(+14.1)
2位 ブライアンズタイム  25.8%(+10.8)
3位 フレンチデピュティ  24.7%(+12.5)
4位 フジキセキ      23.8%(+0.7)
5位 ネオユニヴァース   19.5%(+1.2)

アグネスタキオンはアイアムアクトレス(4勝)、アルゴリズム(3勝)がポイントゲッターとなり首位に立ちました。連対率でもトップなので文句なしの成績です。この部門は4年連続でクロフネが首位でしたが、昨年は12勝減で2位に落ちました。連対率は22.7%から13.5%に急降下しています。

■ダ1700〜2000m
【勝利数】
1位 キングカメハメハ     58勝(+26)
2位 ネオユニヴァース     56勝(+24)
3位 シンボリクリスエス    41勝(−5)
4位 クロフネ         40勝(−24)
5位 アグネスタキオン     27勝(+13)
【連対率】
1位 ネオユニヴァース   24.4%(+4.7)
2位 キングカメハメハ   22.4%(+1.1)
3位 シンボリクリスエス  20.9%(−0.3)
4位 ゼンノロブロイ    20.9%(+3.6)
5位 マンハッタンカフェ  20.3%(+1.0)

昨年のダート競馬でキングカメハメハとネオユニヴァースが躍進したのは、この部門で大きく伸びたことが寄与しています。競走数が多いカテゴリーなので、ここで数字を伸ばせば全体でも上へ行きます。前者が+26勝、後者が+24勝ですから勢いを感じますね。両馬とも得意としているのはダ1800mで、ローカルで行われるダ1700mはシンボリクリスエスが盤石の強さです。クロフネは前年比24勝減で首位から4位に落ちました。

■ダ2100m〜
【勝利数】
1位 キングカメハメハ      8勝(+5)
2位 ネオユニヴァース      3勝(+2)
3位 アフリート         3勝(±0)
4位 マーベラスサンデー     2勝(+2)
5位 シンボリクリスエス     2勝(−1)
【連対率】
1位 アフリート         75.0%(+19.4)
2位 キングカメハメハ      42.3%(+28.0)
3位 スウェプトオーヴァーボード 40.0%(+40.0)
4位 ゼンノロブロイ       30.0%(+30.0)
5位 マーベラスサンデー     24.1%(+14.1)

この部門はサンプルが少ないので、1頭の成績に左右されやすく、参考程度に見るのがいいでしょう。キングカメハメハの8勝は、1頭に依存した数字ではないので信頼できます。芝では無冠に終わったもののダートは二冠。ダートの中長距離では頼りになります。(この項終わり)







プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山がキャロットを10頭ピック
    ボリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」で東サラを4頭ピック
    匿名希望
  • 山野浩一さん死去
    Horses_BERG
  • 山野浩一さん死去
    ヒデハヤテ
  • 山野浩一さん死去
    クラウディオ・スアレス
  • 栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ2017」開始!
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode