パーフェクト種牡馬辞典


ダービー卿チャレンジトロフィーはガルボ


 中団追走の◎ガルボ(3番人気)が直線で鋭く伸び、▲オセアニアボス(10番人気)の追撃をクビ差抑えました。
http://www.youtube.com/watch?v=OKTArqcUqVQ


『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』『ウマニティ』に提供した予想は◎▲で馬単1万910円的中。予想文を転載します。


「◎ガルボは『マンハッタンカフェ×ジェネラス』という組み合わせ。母方にカーリアンを持つマンハッタンカフェ産駒は成功しており、レッドディザイア、ジョーカプチーノ、テイエムオーロラ、マッハヴェロシティなどの活躍馬が出ている。本馬もこのパターン。前走の阪急杯は4コーナーで前が詰まってジョッキーが立ち上がる、という不利を被りながら立て直して5着に食い込んだ。引き続き稽古の動きは良好で、57.5キロもこなせる範囲内。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007101163/



3月9日に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2012−2013』(自由国民社)のマンハッタンカフェの項は栗山求が執筆したのですが、その一部を抜粋します。


「ドイツ血統の名牝ビワハイジ(ブエナビスタやジョワドヴィーヴルの母)といとこ同士であるように、母方が非主流血統で固められているので、母がノーザンダンサーの強いクロスを持つ、といった主流血統を積極的に入れた配合が成功している。特に相性のいい血はカーリアンとブラッシンググルーム。ストームキャットも悪くない。ミスタープロスペクターとニジンスキーを併せ持つ配合も成功している。」


日曜日は東西の重賞をマンハッタンカフェ産駒が制覇。大阪杯を勝ったショウナンマイティは母の父に Storm Cat を持ちます。一方、ダービー卿チャレンジトロフィーを勝ったガルボは Caerleon を持ち、母は Northern Dancer 4×4。両馬とも父の成功パターンにきっちり当てはまる配合でした。


マンハッタンカフェは、法則どおりに産駒が走りやすい傾向が見られるので、走る産駒とそうでない産駒が見分けやすい種牡馬です。今年の2歳世代の配合にもすべて目を通しましたが、いいなと思う配合がいくつかありました。わたしのチョイスは『競馬王のPOG本 2012−2013』(白夜書房)の「栗山ノート」に発表予定です。もし皆さまが法則を基に馬を選べば、5頭中2〜3頭はダブる……かもしれません^^


母の父ジェネラスは晩成傾向があり、函館記念を3連覇したエリモハリアーが代表産駒です。したがって、ガルボはこれから本格化していきそうです。今回、カンカン泣きするタイプという評価を覆したので、安田記念でも好走して冬専用馬という評価を覆してほしいですね。





大阪杯はショウナンマイティ


 4コーナー最後方の△ショウナンマイティ(6番人気)が直線で鮮やかに突き抜けました。内回りでも楽々届く破壊力でした。
http://www.youtube.com/watch?v=dd5jamFJE5A


父マンハッタンカフェ自身は折り合いと瞬発力に優れたタイプで、産駒にも“スローペースの差し切り勝ち”という決まり手をよく目にします。今回は阪神競馬場だったのでイコピコの神戸新聞杯がオーバーラップしました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008101020/



血統的に見ると、イコピコは母の父がジェイドロバリーだったのでG1の舞台でどうかなという面があったのに対し、ショウナンマイティの配合はパワー満点の Storm Cat を入れて Ribot 系の Alleged クロスで締める、という迫力ある構成。昨年のフラワーCを勝ち、桜花賞でも3着と健闘したトレンドハンターに似ています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008100618/



今回はハマった印象もありますが、Ribot 系はスタミナと底力に優れ、成長力もあるので、これから本格化していく可能性は十分でしょう。


◎フェデラリスト(1番人気)は予想文に記したとおり、おそらくは長距離輸送を考慮したのだと思いますが、馬なり調教に終始した点が響いたように思います。目一杯の仕上げならこんなものではないでしょう。休み明けで本調子になかった▲トーセンジョーダン(2番人気)はさすがG1ホース、という粘り腰。魅せました。


『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想は△◎▲で馬連990円、3連複1740円的中。『netkeiba.com』の「No.1予想」はマルチの買い目を設定していたので馬単2660円、3連単11540円的中です。


天皇賞・春は、まともならオルフェーヴルの首位不動という状況なのですが、周知のとおり阪神大賞典であのような結果となってしまいました。調教再審査に合格するかどうかは不透明です。土曜日に中山競馬場のイベントでご一緒した井内利彰さんは、レースの売り上げのこともあるので当然出てほしいというご希望を表明された上で、栗東での稽古を見た印象から「シブロクで出られないかもしれない」と分析されていました。出られる確率40%、出られない確率60%ということです。まったく予断を許さない状況です。





ドバイワールドCは Monterosso


 今年の日本馬はいいところがありませんでした。いい年もあれば悪い年もありますし、競走は運に左右されるスポーツですから、仕方がないかなという気はします。全体的に見れば惜しいという競馬はなかったですね。


逃げると目されたスマートファルコンはスタート直後バランスを崩したところで So You Think に寄られて万事休す。逃げたトランセンドは向正面で So You Think にインからねじ込まれ万事休す。今年は So You Think が日本馬ヒットマンとなった感があります。ただ、競馬には多少の有利不利はつきものですし、今年はかなりハードな流れになったので、スムーズな競馬だったとしても難しかったかもしれません。


勝った Monterosso は Dubawi 産駒。Dubawi は1世代を残して急逝した Dubai Millenium の忘れ形見。Dubai Millenium は2000年のドバイワールドCを勝つことを願ってモハメド殿下によって命名され、それを実現した名馬です。この系統でドバイワールドCを勝つのはモハメド殿下にとって格別の味でしょう。
http://www.pedigreequery.com/monterosso5



Dubawi は Danzig との相性が優れています。Monterosso の母の父は Barathea なので Sadler's Wells 系。「Dubawi×Sadler's Wells 系」で過去に活躍した数少ない馬は Fox Hunt、すなわち今年のドバイゴールドCで骨折して競走中止し、再レースの原因となった馬です。


Monterosso の牝系は19世紀からオーストラリアで続いてきたもので、母 Porto Roca は同国の芝1500mのG1ウィナー。オーストラリア血統といってもまったく知らないものではなく見覚えがあります。2代母の父 Salieri は Shaftesbury Avenue(シャフツベリーアヴェニュー:ジャパンC−3着などG1を6勝)や Schillaci(豪でG1を8勝)の父。3代母の父 Loosen Up は Better Loosen Up(ベタールースンアップ:ジャパンCなど日豪でG1を8勝)の父です。


「Dubawi×Barathea」はヨーロッパ仕様でやや重いのですが、2代母の部分がスピード値の高いオーストラリアの異系血統(Accipiter≒Loosen Up 2×2)なので、このあたりが単なるスタミナ型ではない奥深さを与えているような気がします。





オペラハウス+芝の道悪+江田照男=鉄板


 昨日のエントリーでオペラハウスについてちょっと触れました。テイエムオペラオーやメイショウサムソンの父という以外に、道悪巧者としての顔が有名です。先週の話になりますが、日曜中山7Rの3歳500万下(芝1800m)で、好位のインを追走したオペラダンシングが直線で鮮やかに抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=4H41zkaM9_k


土曜日の日経賞でネコパンチに騎乗して大穴を開けた江田照男騎手が日曜日にもいい仕事をしました。2戦連続で二桁着順で8番人気と無視された存在でしたが、初勝利を挙げたのが重馬場で、今回も重馬場と、激走条件がそろっていました。良馬場のときとは走りっぷりが違います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100536/



「オペラハウス×サンシングブレーヴ」はメイショウサムソン、トーセンクラウンと同じ組み合わせ。後者は不良馬場で行われた2年前の中山記念を、単勝13番人気ながら5馬身差で圧勝しました。このとき手綱を取っていたのは江田照男騎手です。ちなみにこのときは12番人気で2着となったテイエムアンコールもオペラハウス産駒でした。


05年以降、中山芝の重・不良で20戦以上した種牡馬のなかで、オペラハウス産駒は勝率(18.8%)・連対率(34.4%)ともにトップです。単勝回収率、複勝回収率、単勝適正回収率も抜群。この条件は狙って損はありません。


江田照男騎手とオペラハウス産駒は、馬場が渋ると驚異的な相性を示します。芝の重・不良では過去13戦して8連対(連対率61.5%!)。この成績はちょっとビックリです。





土曜日に中山競馬場のイベントに出演します


 3月31日(土)、中山競馬場のパドック横のベンジャンミンプラザで行われるオープン型レーシングセミナーに出演します。共演は細江純子さん、井内利彰さんです。4Rのあとに3人でトークをし、その後はレースの合間に1人ずつトークをします。よろしければお立ち寄りください。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode