パーフェクト種牡馬辞典


強すぎるクロスの活かし方


 今年のアルゼンチン二冠牝馬 Balada Sale(通算6戦5勝)は、3代母 La Bambuca が Bambuca 2×2という特殊な牝馬クロスを持ちます。
http://www.pedigreequery.com/balada+sale



クロスさせる血は極力優れたものでなければいけません。劣った血の強いクロスは逆効果となります。クロスさせた Banbuca という牝馬は、アルゼンチンの大レースを勝ちまくり、19戦13勝という成績を残しました。生産者はその優れた資質を子孫のなかに再現したいと願ったのでしょう。


Bambuca 2×2の La Bambuca は、繁殖牝馬としてエストレジャス大賞ジュニアスプリント(亜G1・ダ1000m)を制した Leyden、同レース2着の La Baraca を送り出しました。冒頭に記した Balada Sale は後者の孫です。


La Bambuca の系統からはもう1頭、エストレジャス大賞ジュヴェナイルフィリーズ(亜G1・ダ1600m)の勝ち馬 Miss Bamba が出ています。2着に6馬身差をつける圧勝で、通算2戦全勝ですから、どれだけ強い馬だったのか分かりません。
http://www.pedigreequery.com/miss+bamba



Balada Sale も、アルゼンチンオークスに相当する前走のセレクシオン大賞(亜G1・ダ2000m)を11馬身差で勝っているので、これも相当な器でしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=XwGqphMQ1Iw


Bambuca 2×2をルーツとするこのファミリーの活力はいまだに衰えていません。強すぎるクロスは競走馬としてうまく行かないことが多く、2×2で成功したのは凱旋門賞を勝った女傑 Coronation ぐらいでしょうか。こうした特殊な凝縮は母方に潜って花開く傾向があるように思います。


たとえば、70年代末から80年代前半にかけて地方競馬を賑わしたタガワ四兄弟(タガワエース、タガワキング、タガワテツオー、タガワリュウオー)は、その2代母にトキツダイヤという異様な配合構成を持つ馬を抱えていました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0034f9/



オートキツ≒ハッピーダイヤ1×2であり、トキツカゼ=クモノハナ≒ヘーレンソール2×2・3でもあります。トキツダイヤの娘コーホールは父母双方がほとんどゆかりのないアウトクロス馬で、どういう遺伝の加減かは分かりませんが、何を交配しても地方競馬の重賞勝ち馬を出すという名繁殖牝馬となりました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1977102855/



血統表を眺めると、2代母トキツダイヤの部分にのみ特殊な凝縮があります。4頭いる祖父母の1頭なので血量的には4分の1です。笠雄二郎さんの「4分の1異系配合」という考え方は、こうした配合パターンをすっきり説明することができます。詳しくは『サラブレッド配合史』と『血統論』をご参照ください。
http://www.miesque.com/c00001.html


強度のクロスについては、『栗山求 Official Website』の「Works」にある「黎明期の血統」にて考察しています。初出は92年春なので約20年前です。やや長いのですがこの項の締めくくりとして引用したいと思います。
http://www.miesque.com/motomu/square9.pdf


 ……黎明期の配合の特徴を一言で表現すれば「インブリードの繰り返し」であり、もちろん「アウトクロス」ではない。なぜならアウトクロスが有力だとすれば、いつまでもアラブやタークをはじめとする輸入馬の流入は止まならなかったはずで、内国産馬の資質向上はもちろんサラブレッドという種の成立もありえなかったはずである。
 現代のサラブレッドは長年にわたる淘汰によって均質化し、各馬の能力的ばらつきは小さくなっている。それに比べると当時は「優れた馬」と「そうでない馬」との差が大きかった。それこそ上等な輸入アラブから馬車馬まで繁殖に供されていたからである。こうした状況で走る馬を生産しようとした場合、優れた血を単純にインブリードさせることがもっとも手っとり早く効果的だった。Old Morocco Mare のケースはその極端な例といえる。
 1×2、2×1という配合は現代から考えるといかにも異様だが、英国の競馬評論家ピーター・ウィレットはその著書『THE CLASSIC RACEHORSE』のなかでこう述べている。革命的な成果を挙げた18世紀の牛や羊の品種改良がそうであったように、当時の馬産家たちは繁殖牝馬の能力向上のためなら近親交配をためらわなかった、と。事実、当時の血統表を見ると、2×2、2×3といった現代ではほとんど見ることのできないインブリードが頻繁に試みられていたことがわかる。
 血脈が多様化し、競走馬の能力が均質化した現在では、強度のインブリードを施したとしても、その効果を昔ほどには期待できないかもしれない。成熟した血脈のなかでは、アウトクロスやアウトブリードなどその他の手法も有効なのである。
 ただ、現在のアメリカのように血脈の多様化が極端に進むと、いずれ固定化の重要性も再認識されることだろう。サラブレッドの配合の歴史というものは、長い目で見ると「固定化」と「多様化」の繰り返しであり、この間を振り子のように往ったり来たりしながら、種全体として徐々に前進していくのだと思われる。〔引用終わり〕





映画『マネーボール』を観る


 大リーグの裏側を舞台とした野球映画です。「セイバーメトリクス」という革新的な選手評価方法を信奉するゼネラルマネージャーが、旧来の価値観とぶつかり合いながら貧乏チームを立て直していく、というストーリーで、主人公のビリー・ビーンをブラッド・ピットが演じました。

個人的にはここ20年ぐらい野球に対して興味が湧かないのですが、この映画は楽しく見ることができました。原作については『血統屋』の配合診断ページで触れています。
http://www.miesque.com/shindan.html

サブタイトルは「The Art of Winning an Unfair Game」、すなわち「不公平なゲームに勝つコツ」です。作品に心を惹かれたのはこの部分ですね。

プロスポーツはおおむね資本の勝負です。馬産も同様です。大手は金とノウハウがあり、選りすぐりの繁殖牝馬と名種牡馬を擁しています。それらを持たない中小の生産者や馬主にとっては「不公平なゲーム」でしょう。大手と同じことをしていては永遠に差は縮まらず、そもそも大手と同じことをするだけの金銭的余裕もありません。

ではどうするか? お金がなければ知恵を絞るしかありません。大仕事をやってのけるには発想の転換が必要で、野球における「セイバーメトリクス」に相当するものが馬産においては「配合研究」であるとわたしは考えます。最小の資本で最大の効果を挙げるにはこれしかありません。

主人公ビリー・ビーンの娘がギターを弾いて歌う「The Show」は、この映画のテーマソングで、なかなかいい味を出しています。
http://www.youtube.com/watch?v=M_-qbbCsAeM

オリジナルのヒットソングを歌ったのは Lenka。彼女にはライブで披露する「Vincent O'Brien」という持ち歌があります(オリジナルは M.Ward の作品)。ヴィンセント・オブライエンとはいうまでもなく Nijinsky、Sir Ivor、Alleged、The Minstrel、Sadler's Wells などを管理したアイルランドの名調教師。ただし、歌詞の内容は競馬とは一切関係なく、単なる偶然の一致です。





単勝万馬券だがフロックではないマウントビスティー


 ■日曜東京5Rの新馬戦(芝2000m)は、好位追走の△サトノプライマシー(2番人気)が抜け出し、外から迫る◎ジャングルクルーズ(1番人気)をクビ差しりぞけました。11秒5−11秒2−11秒5という速い上がりに対応した1、2着馬が3着以下を6馬身ちぎる、というマッチレースでした。
http://www.youtube.com/watch?v=E7xyLMgImRM

「ネオユニヴァース×ティンバーカントリー」というパワー型の配合。母エアピースは関東オークスの2着馬で、全兄リバティバランス、半兄ピースデザインもダートで準OPまで出世しました。ウッドコースでそこそこの時計を出してはいたものの、芝戦では正直微妙ではないかと考えて印を落としました。芝でこんなに走るとは……というのが感想です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105739/


母方にヌレイエフを持つネオユニヴァース産駒には、ロジユニヴァース、ゴールスキー、アイアムネオなどがおり、まずまず成功しています。血統的にはダート向きながら前肢がよく伸びるフットワーク。全兄リバティバランスもじつは似たようなフットワークですが、両者の適性に差が生じているのは、絶対能力の違いも理由のひとつでしょう。

パドックでは馬っ気を出して若さをのぞかせていましたが、レースでは馬群のなかでしっかり折り合い、ゴール前では競り合いに勝つ根性を見せました。1、2着馬はどちらも強いと思います。血統的には中山のほうが合っており、将来的には中山芝2500mあたりがベストになるのでは、と思います。暮れの中山最終日、ホープフルS(2歳OP・芝2000m)に出てくるようなら怖い1頭です。大きく条件が好転するので一発があっても不思議はありません。

■東京3Rの未勝利戦(芝1400m)は、単勝158.2倍のマウントビスティー(14番人気)がマイペースで逃げて後続を突き放しました。
http://www.youtube.com/watch?v=ReXT9w6ZqIo

同距離で行われた1週前の奥多摩S(1600万下)が1分21秒6で、このレースが1分21秒8ですから、かなり優秀ではないかと思います。デビューから3戦、いずれもダートを使って4→8→12着。前走は勝ち馬から4秒1離される大惨敗でした。芝で驚きの一変です。

フジキセキが Deputy Minister とニックスの関係にあるのはたびたび記してきたとおりです。カネヒキリ、ミラクルレジェンド、デグラーティア、カラフルデイズ、ホーマンフリップ、エイブルインレース……。G1優勝馬2頭を含めて多くの活躍馬が出ています。本馬の母の父フレンチデピュティは Deputy Minister 産駒なのでこのパターンにあてはまります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101010/


また、母方に Princely Gift を持つパターンも成功例が目立ちます。ダイタクリーヴァ、ドリームパスポート、オースミコスモ、タマモホットプレイ、フジサイレンス、トウショウアンドレ、ウェディングフジコ……。

成功パターンをダブルで持つマウントビスティーは、『競馬王のPOG本』の「栗山ノート」で取り上げた馬でもあり、配合的に申し分のないクオリティです。フロックではないので昇級戦でも即通用するでしょう。





牝馬戦線の新星ラシンティランテ


 ■日曜小倉5Rの新馬戦(芝1200m)は、馬群の外を回って追い上げた◎メイショウアキシノ(2番人気)が残り1ハロンで先頭に立ち、押し切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=yT52reajS1E

予想は◎○で馬単5570円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想を転載します。

「◎メイショウアキシノは『デュランダル×フサイチペガサス』という組み合わせ。母アンティックタイルはミスタープロスペクター2×3なので、仕上がり早のスピードを強く伝えている可能性がある。いかにも新馬戦に強いタイプだろう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100613/


父デュランダルは今年のオークス馬エリンコートを出しました。全体的には晩成型の傾向が見られ、3歳夏を越してからが本番です。この馬の場合、母アンティックタイルが Mr.Prospector 2×3なのでいかにも新馬戦向きでした。2代母 Antique Auction はエアラフォン(関屋記念−2着)の母プリティタイディと配合構成がよく似ています(Geiger Counter≒ジェイドロバリー、Riverman≒Bend an Oar、アンティックヴァリュー≒Nijinsky などの共通点あり)。



本馬もマイル前後に向きそうです。今回は着差こそわずかでしたが配合的にはいいものがあるので将来性は十分でしょう。ちなみに、デュランダル産駒は成長期に入るとクラスの壁を突破して連勝するシーンがしばしば見られ、エリンコート、カリバーン、エアラフォン、フラガラッハはそれぞれ3連勝の戦績があります。古馬になって上昇気流に乗ったときが買いのサインです。

■日曜京都9Rの白菊賞(500万下・芝1600m)は、好位の内を追走したラシンティランテ(3番人気)が楽々と突き抜け、後続の3馬身半差をつけました。
http://www.youtube.com/watch?v=IiNbjAx_qJ0

レース条件が現在のものになった08年以降、09年の1分34秒1(アグネスワルツ)に次ぐ好タイムですが、今回のレースは、タイム云々よりも勝ちっぷりが見事でした。藤岡佑介騎手は「短期間にグンと成長しています」(週刊競馬ブック)と語っています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106061/



母アドマイヤキラメキはトーセンジョーダンの半姉で、カンパニーのいとこにあたる良血。現役時代はダートで準OPまで出世しました。これが初子です。繁殖牝馬としては相当期待できそうです。

「母の父エンドスウィープ」は現時点で連対率22.4%(576戦129連対)と優秀。母の父として500走以上の出走回数がある種牡馬のなかで、連対率が20%を超えているのはほかにフレンチデピュティ(22.1%)だけです。サンデー系種牡馬との相性は良好で、このパターンに限ると連対率25.6%(273戦70連対)です。

エンドスウィープは11歳で早世したため、日本における実働期間はわずか3年でしたが、サンデーサイレンス牝馬と抜群の相性を示しました。この組み合わせを持つJRA出走馬わずか20頭のなかから、アドマイヤムーン、ラインクラフトと2頭のG1馬が誕生したほか、インセンティブガイ(京王杯スプリングC−2着)、クリムゾンルージュ(マリーンC−2着)などが出ました。したがって、「サンデー系×エンドスウィープ」という組み合わせがうまく行きそうであるということは容易に想像できるところで、実際、成功しています。

「アグネスタキオン×エンドスウィープ」はやや軽い感じがするので、2代母の父に Hyperion をしっかり組み込んだノーザンテーストが入るのは好感が持てますね。アグネスタキオン産駒らしい抜群の瞬発力は重賞レベルにあると感じさせます。

クラフティワイフのファミリーは活力旺盛で活躍馬が途切れません。当ブログでもしょっちゅう取り上げているような感覚があります。同じ2歳世代ではヒストリカル(父ディープインパクト)が新馬勝ちを果たしました。ローテーションはきついのですが、12月11日の阪神ジュヴェナイルフィリーズ(G1)に矛先を向けた場合、ひょっとしたら1番人気に推されるかもしれませんね。





まるで古馬のようなトリップ


 ■土曜日の京都9R・京都2歳S(芝2000m)は、単勝1.6倍の1番人気に推されたトリップが順当に勝ちました。
http://www.youtube.com/watch?v=rzGqwtJAVhA

クロフネの牡馬で新馬−特別を連勝したのはじつはこれが初めてです。東京スポーツ杯2歳S(G3)→朝日杯フューチュリティS(G1)と連勝したフサイチリシャールは新馬戦で負けています。2分01秒5の勝ちタイムも上々です。

デビュー戦を勝ったときにも感じましたが、レースぶりが大人びています。馬込みを苦にせず、スローペースでもぴたりと折り合い、他の馬と接触してもひるまないメンタル面の強さもあります。そして、ラストは確実に伸びてくるのですから欠点が見当たりません。肉体面の完成はまだ先だと思いますが、クレバーなレースぶりは早い時期の競馬では大きなアドバンテージです。操縦しやすい馬だと思うので重賞でも崩れることはないでしょう。

配合については11月10日のエントリーに記しました。転載します。

「初戦のレースぶりとしては満点でしたね。母ビーポジティブはクイーン賞(G3・ダ1800m)の勝ち馬で、これにクロフネですから、ダートのほうがいいタイプではないか、という疑念が捨てきれませんでした。全姉シルバーフォックスはパワー型のダート馬ですし、まったく同じ配合(父が同じで母同士が全姉妹)のバトードールはダート戦で活躍しました(ユニコーンS−2着、ジャパンダートダービー−3着)。

しかし、トリップの走りはトビが大きくしなやかで、芝でもまったく問題なし。父クロフネと同じように首の使い方が上手いですね。重心が低くフットワークが伸びます。かなりの器でしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106282/


2代母フェアリードールは Hyperion を8本持っており、その影響である種の硬さ――ダート適性と言い換えても構いません――を伝えることもありますが、うまく柔らかさを注入すれば底力のある芝馬を出します。この牝系から出たトゥザグローリーはその代表例です(母トゥザヴィクトリーはビーポジティブの全姉)。トリップには芝向きの資質がうまく伝わったようです。懸念があるとすれば、この牝系にやや完成の遅い傾向が見られるところ。本当に良くなるのは3歳夏を越してからかもしれません。」
http://kuriyama.miesque.com/?eid=16

■土曜東京7Rの新馬戦(芝1600m)は、好位追走の○ヴァリアシオン(1番人気)が鋭く抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=bN8AUFtKoNc

東京競馬場のレーシングエキスパートセミナー(REXS)の講師として、このレースは生徒の方々と一緒にパドックのなかに入り、解説をさせていただきました。母の父 Nureyev の影響を感じさせる腹袋のしっかりした体形であることを考慮してもやや余裕が感じられたので、「わたしの目からはやや太く映ります」とコメントしました。それでもこの勝ちっぷりですから力が違いました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106484/


父ハーツクライは初年度にウインバリアシオンという大物を出し、2歳戦では18勝を挙げました。今年は現時点で7勝。たしかに勝ち星を挙げるペースは落ちたのですが、ジャスタウェイや本馬のような大物がいるので、トータルの内容は決して悪くありません。先週、日曜京都5Rの新馬戦に出走(4着)したナリタポセイドンもなかなかいい馬です。

本馬はアルビレオ(京都金杯−2着、中山記念−3着)の半弟。2代目にサンデーサイレンスと Nureyev を持っていますが、これは前記のトリップの母ビーポジティブに構成要素が似ています。

「サンデーサイレンス×Nureyev」はゴールドアリュールやサイレントディールのようなダート馬も出しました。Nureyev は主にヨーロッパのマイル路線を得意とする種牡馬でしたが、母の父としては軽快さよりも力強さが前面に出てきます。父に比べて母の父はパワー2割増といったイメージですね。

父ハーツクライはこうしたパワー兼備の血と相性が良好です。先に挙げたウインバリアシオンとジャスタウェイも、母方にパワー型の血が色濃く流れています。このあたりがハーツクライ産駒に大物感を与えるひとつの有力な方法といえるかもしれません。

太目の馬体だったので、一度使って絞れてくれば上積みは大きいと思います。距離は2000m以下がいいでしょう。スローペースだったので勝ちタイムは遅いものの、能力の非常に高い馬です。







プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode