パーフェクト種牡馬辞典


ケンタッキーダービーは Country House


1位入線の Maximum Security が4コーナー手前で外側に膨れたため17着降着。2位入線の Country House が繰り上がりで優勝しました。1位入線馬の失格・降着は1968年のダンサーズイメージ以来です(尿検査で禁止薬物が検出され後日失格)。

勝ち馬は20番枠からの発走でした。父 Lookin at Lucky は不良馬場のケンタッキーダービーで1番人気に推されながら6着と敗れた馬で、息子が同じ不良馬場で雪辱を果たしたのは因縁めいています。父は二冠目のプリークネスS(米G1)を勝ち、種牡馬入り後は米古牡馬チャンピオンとなった Accelerate(ブリーダーズCクラシック)などを出して成功しています。2代父 Smart Strike は07、08年に米リーディングサイアーに輝いた名種牡馬で、Curlin(米年度代表馬2回)の父として有名です。
https://www.pedigreequery.com/country+house4



母 Quake Lake の半弟にシーグラムカップS(米G3)を勝ったほかクラークH(米G1)で Gun Runner の2着となった Breaking Lucky がいます。同馬は Lookin at Lucky 産駒なので Country House とは4分の3同血です。Country House も Breaking Lucky も No Class の牝馬クロスが光ります。

日本から遠征したマスターフェンサーは6着。無欲の追い込みが奏功したとはいえ勝ち馬と大きな差はなく、初物づくしでこのパフォーマンスは正直驚愕しました。関係者の皆さまお疲れ様でした。




本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。本日、5月4日(土)放送分に出演いたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして津田照之さんとNHKマイルCの見解をたっぷりお届けいたします。お楽しみに。




くりがしら著『配合パズルでアタリはわかる2019』発売開始


POGのための血統・配合論を、イラスト付きでわかりやすく解説する同人誌『配合パズルでアタリはわかる』。商業誌を押し退け Amazon 競馬書籍部門1位を獲得するなど、大きな反響と支持を得た作品の最新作が、シリーズ初の電子書籍で発売です。
http://miesque.com/c00058.html

本作では、相性の良い配合の組み合わせ(ニックス)を、豊富なデータや数字の裏付けとともに紹介しています。ディープインパクトやロードカナロアなどの有力種牡馬のほか、2歳戦に強い種牡馬やダート向きの種牡馬まで、さまざまなパターンを掲載。POGにかぎらず、一口や馬券を検討するうえでも大きな手助けとなります。

巻末には好配合の2歳馬を厳選してピックアップ。読み物としても、実用書としても楽しめる1冊です。




5月5日(日)はケンタッキーダービーです


日本馬マスターフェンサーがチャレンジするケンタッキーダービーは、日本時間5月5日(日)朝7時50分に発走します。時差があるので現地の発走時刻は5月4日(土)18時50分です。

JRAがインターネット投票を実施します。日本時間5月4日(祝日・土曜)7時00分に発売開始。UMACA投票は同日9時20分または30分発売開始です。

JRA−VANの海外競馬サイトに「血統傾向と有力馬分析」を寄稿しました。「コラム」をクリックしていただければご覧いただけます。
http://world.jra-van.jp/
同サイトやJRAホームページに、馬券検討のためのさまざまな材料が提供されています。ぜひご参考になさってください。
http://www.jra.go.jp/




4月27、28、29日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『2017〜18年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で栗山求が推奨したフィエールマン(牡4歳)が日曜京都11Rの天皇賞・春(G1・芝3200m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

◎フィエールマン(牡・母リュヌドール)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105075/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億円。母リュヌドールは伊仏でリディアテシオ賞(伊G1・芝2000m)を含めて3つの重賞を勝った。04年のジャパンC(G1)にも出走しており7着。同じ3歳馬だったハーツクライに先着を果たしている。母の父 Green Tune は仏2000ギニー(G1・芝1600m)とイスパーン賞(仏G1・芝1850m)の勝ち馬で、Nijinsky+Ocean's Answer(≒Storm Bird)+Mr.Prospector という配合構成はマジックストーム(ラキシスとサトノアラジンの母)と酷似している。2代母 Luth D'Or は極上の異系血統で配合に奥行きを与えている。4分の3姉ルヴォワール(父ハーツクライ)は新馬戦とミモザ賞(3歳500万下・芝2000m)を連勝しているので、血統から受ける印象ほど完成は遅くはないのかもしれない。ただ、初子と2番子は競走馬になれず、3番子ルヴォワールは2連勝のあと一頓挫と、体質的に強い血統とはいえない。そのあたりのリスクを承知の上で一発を狙ってみたい。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2016』で望田潤が推奨したウインブライト(牡5歳)が日曜香港のクイーンエリザベス2世カップ(G1・芝2000m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。

○ウインブライト(牡、父ステイゴールド、母サマーエタニティ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100222/
ステイゴールド×アドマイヤコジーンという組み合わせは本馬の全姉ウインファビラスとペルソナリテしか出走例がなく、この2頭が阪神JFに駒を進めて2着と6着に入線したのは快挙と言うべきだ。ロイヤルサッシュとミセスマカディーの血脈構成がよく似ており、ダイナサッシュ≒アドマイヤマカディの3×3になるのがニックスの根拠。そしてロイヤルサッシュ≒ミセスマカディーのニアリークロスを持つ馬も、上記2頭以外にスノードラゴンしか見つからないのだからまた驚かされる。現時点ではスーパーニックスと言っても差し支えなく、後追いと言われようが恥も外聞もなく全弟も狙う。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2017』で望田潤が推奨したグルファクシー(牝3歳)が日曜東京5Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ハービンジャー
母レクレドール(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104387/
牝 募集価格:2400万円
ペルーフの全妹でクラージュドールの半妹。母レクレドールはステイゴールドの全妹でローズSとクイーンSに勝ちました。本馬のように母系にダイナサッシュの血を引くハービンジャー産駒は、他に母父ステイゴールドのウインティアラとガウディウム、母母父サッカーボーイのジェイケイオジョウなどJRAに6頭が出走して4頭が勝ち馬。Barbra≒Doronicのニアリークロスとナスペリオンのクロスにより、ハービンジャーの持ち味である重厚な斬れ味が伝わりやすい配合といえます。典型的な「3/4Northern Dancerクロス,1/4サンデーサイレンス」の配合形でもあり、兄同様、重厚かつしなやかなストライドで芝中距離を差してくる姿が容易に想像できる素材。(望田)

■土曜東京7R500万下 ベストティアーズ(一口・栗山)
■土曜新潟10R春日山特別 エリティエール(一口・栗山)






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ
  • 『競馬場の達人』に出演します
    Y子
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode