パーフェクト種牡馬辞典


「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRをピック


「一口馬主好配合馬ピックアップ」で栗山求がニューワールドレーシングを1頭ピックしました。よろしくお願いいたします。
http://miesque.com/c00052.html




本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します


グリーンチャンネルで毎週土曜19時30分〜21時00分に放映されている『KEIBAコンシェルジュ』。本日、8月25日(土)放送分に出演いたします。小木茂光さん、守永真彩さん、そして須田鷹雄さんと新潟2歳S、キーンランドCなどの見解をたっぷりお届けいたします。お楽しみに。




競馬道OnLineプレミアム予想 8月25、26日分


3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という予想コーナーを設置し、1日3レースの予想をご提供いたします。8月25、26日分は栗山求の担当。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html




8月18、19日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報


■『一口馬主好配合馬ピックアップ2017』で望田潤が推奨したカウディーリョ(牡2歳)が日曜札幌5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★キャロットクラブ
父キングカメハメハ
母ディアデラノビア(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104549/
牡 募集価格:7000万円
全姉ディアデラマドレをピックしたように、キングカメハメハ×ディアデラノビアの組み合わせは高く評価しています(父Northern Dancerクロス×母Northern Dancerなし)。この牝系は牝は俊敏さ鋭敏さに長けた馬が出るのですが、牡はパワーとスタミナに振れたタイプが多く、しかし本馬は思った以上にしなやかな身のこなしで、全兄ディアデルレイとはかなりタイプが異なる印象。ディアデラノビアの最高傑作になりそうな奥行きを感じる一方で、現状この体質この体つきで堀厩舎となると、3歳5月の東京でムーアを背にようやくデビュー、という可能性も否定できません(^ ^;)。POGならばスルーしたいところですが、ここは堀厩舎のお手並み拝見ということで、どんな馬に仕上げてくるのか期待を込めてピックしました。(望田)

■『2018〜19年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したシェーングランツ(牝2歳)が土曜札幌2Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎シェーングランツ(牝・母スタセリタ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016105068/
ソウルスターリングの半妹で、母スタセリタは仏オークスなど欧米でG1を勝ちまくった。本馬は父がFrankelからディープインパクトに替わったが、漆黒の馬体、重厚な動き、そして気品あるたたずまいは共通しており、スタセリタは世界レベルの名繁殖かもしれないと思わされる。極めて順調にきているようで、オークス姉妹制覇が現実味を帯びてきた。(望田)

◎シェーングランツ(牝・母スタセリタ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016105068/
社台サラブレッドクラブで募集価格8000万円。オークス(G1)と阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝ったソウルスターリングの半妹。母は仏オークス(G1・芝2100m)など仏米で6つのG1を制した名牝で、母としても規格外の存在かもしれないとの期待が大きい。母の「Monsun×Dashing Blade」という組み合わせは、アメリカでニューヨークH(G2・芝10f)など4つの芝重賞を制したノーブルステラと同じで、同馬はその後日本に輸入され、ディープインパクトと交配してノーブルコロネット(フィリーズレビュー−4着)を産んだ。スタセリタのほうが格上なのでG1馬を出せる可能性は大いにあるだろう。母の父 Monsun は芝2400m向きのドイツ血統で、Northern Dancer や Mr.Prospector はもちろん、Nasrullah すら持たない異系血統でありながら、優れた底力を伝えて世界的に成功を収めた。本邦輸入種牡馬ノヴェリストの父でもある。万能型で姉以上の活躍を期待。(栗山)

■『2018〜19年種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』で望田潤と栗山求がダブル推奨したダノンチェイサー(牡2歳)が土曜小倉2Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

◎ダノンチェイサー(牡・母サミター)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104484/
母サミターは愛1000ギニー馬。ディープインパクト×ロックオブジブラルタルはミッキーアイルと同じ。フィエロ(母がロックオブジブラルタルの全妹)とも3/4同血の間柄になる。母はデインヒル経由でDanzig3×4を持つのでダノンプラチナムとも似た輪郭の配合だ。今年も朝日杯は“デインヒルのプリケツ”を引いたディープ産駒の手中に。(望田)

◎ダノンチェイサー(牡・母サミター)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104484/
セレクトセール1歳で落札価格2億5000万円。母サミターは愛1000ギニー(G1・芝8f)、ガーデンシティS(米G1・芝9f)の勝ち馬。「ディープ×ロックオブジブラルタル」はミッキーアイル(マイルCS、NHKマイルCなど重賞6勝)と同じで、母方に Mr.Prospector と Blushing Groom を併せ持つ配合はヴィルシーナとヴィブロスの姉妹、ミッキークイーン、アンビシャスなどと同じ。母に Danzig 3×4を持つディープインパクト産駒なのでダノンプレミアムを彷彿させる。芝向きの中距離タイプ。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ2016』で望田潤が推奨したレッドアルディ(牡3歳)が日曜小倉4Rの未勝利戦(ダート1700m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★東京サラブレッドクラブ
父アイルハヴアナザー
母ライブリーチューン(Dixieland Band)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104586/
牡 募集価格:1800万円
3代母SquanderはBusanda≒Better Selfのニアリークロス2×3を持ちダート向きのパワーを強く伝え、たとえばダート路線で売り出し中のキングズガードは母がSquander4×4のクロスを持っています。そこにAlydarが配されとExtravagant WomanはCCAオークス2着馬と2頭の北米重賞勝ち馬を産んだ優秀な繁殖で、その娘ライブリーチューンもダートのオープン馬ダノンゴールドを産んでおり、牝系由来のパワーが脈々と伝わっていることがわかります。アイルハヴアナザーとの配合はAlydar6×3のクロスになりますが、Althea≒Extravagant Womanのニアリークロス5×2とも表記でき(父Alydar以外にもWar AdmiralとBimelechとSir Gallahad=Bull Dogが共通)、Courtly Deeの娘AltheaとExtravagant Womanのニアリークロスは魅力。実馬もパワーとスタミナを感じさせる馬体と動きで、ダートの長いところでオープンを張れる馬でしょう。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト2017』で望田潤が推奨したワイズワン(牡3歳)が日曜札幌2Rの未勝利戦(ダート2400m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ワイズワン(牡・母アリスマイン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015100019/
アイスドールやバトードールの甥で、母母ビスクドールはトゥザヴィクトリーやサイレントディールの全妹。キングカメハメハ×トゥザグローリーは重賞勝ち馬が3頭出て大成功しているが、そこにブライアンズタイムの血が入って更にパワーと機動力に寄った配合といえる。トゥザワールドの弥生賞のような、中山2000mで4角先頭のレースができる中距離馬。(望田)

■土曜札幌8R500万下 サトノヴィクトリー(ディープ・栗山)
■日曜新潟9R新発田城特別 サトノキングダム(ディープ・栗山)
■日曜札幌12R小樽特別 シュエットヌーベル(一口・望田)




ハーツクライとステイゴールドが種牡馬ランキング3位で並ぶ


2012年以降、わが国の総合種牡馬ランキングの1、2位は、ディープインパクト→キングカメハメハの順で変わっていません。そして、15年以降、3、4、5位はハーツクライ、ダイワメジャー、ステイゴールドが占め、毎年順位を入れ替えています。

キングカメハメハは数年前から種付け頭数を制限した影響で、2位をキープしているとはいえ収得賞金が徐々に下がっており、今年はハーツクライとステイゴールドから激しいプレッシャーを受けています。この3頭が熾烈な2位争いを繰り広げるなかで、8月12日の競馬が終了しました。順位と収得賞金(万円)は以下のとおり(集計はJBIS)。

1位 ディープインパクト  411838.9
2位 キングカメハメハ   228013.2
3位 ハーツクライ     223399.9
3位 ステイゴールド    223399.9
5位 ダイワメジャー    168005.7

ハーツクライとステイゴールドが22億3399万9000円でぴったり並び、第3位を分け合っています。これほど上の順位でまったく同じ収得賞金というのは見たことがないですね。相当な珍現象だと思います。

ここ数年、上位層が固定化していますが、ロードカナロア、オルフェーヴル、ルーラーシップ、ジャスタウェイといった才能豊かな若い種牡馬が伸びてきているので、世代交代もじきに始まりそうです。






プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でニューワールドRを追加ピック
    バリュー
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でユニオンをピック
    18
  • netkeiba.com にコラムを執筆しました
    ヒデハヤテ
  • 『POGの達人 2018〜2019年』本日発売!
    Y子
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    栗山求
  • 『パーフェクト種牡馬辞典 2018−2019』本日発売開始!
    jiumi
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    栗山求
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でノルマンディーを1頭ピック
    ラリーホ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode