パーフェクト種牡馬辞典


牝馬同士では重賞レベルにあるヴィルシーナ


 ■日曜阪神1Rの未勝利戦(ダ1200m)は、ダッシュよく先頭に立ったルタンデスリーズ(4番人気)が後続を4馬身引き離して逃げ切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=qoPimiwTgM0

デビュー戦(東京芝1400m)は1番人気に推されたものの11着。今回は関西遠征で、なおかつダート替わりということで人気を落としていました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101564/


全兄のタイセイアトムはガーネットS(G3・ダ1200m)の勝ち馬。母アトムチェリーも、2代母アトムプリンセスもダート向きでした。3代母アイアンロングは安田記念(当時はハンデ戦)2着、東京新聞杯(当時は芝2000m)2着などの成績を残しましたが、父がアイアンリージで Man o'War 4×4ですからパワーを秘めていたと思います。

ルタンデスリーズのダート巧者ぶりはこのファミリーが代々育んできた適性であり、ダート替わりでの一変もうなずける結果です。

■日曜阪神9Rのエリカ賞(2歳500万下・芝2000m)は、2番手追走のヴィルシーナ(3番人気)が逃げ馬をクビ差とらえました。
http://www.youtube.com/watch?v=f8WNfM6wbgI

ヒストリカル、ダノンムーン、ヴィルシーナと、ディープインパクト産駒が1〜3番人気を占めたレースでしたが、そのなかでいちばん人気のない牝馬が勝ちました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106264/


レースが終わると、検量室前に馬主の佐々木主浩さん、妻の榎本加奈子さん、息子さんのご家族3人が降りてきました。ご夫妻は「ありがとうございます」を連発して頭を下げ、関係者と握手をし、最高の笑顔を見せていました。2週間前、京都の醍醐特別(1600万下・芝1200m)でマジンプロスパーが勝ったばかり。2011年の馬主成績は21戦7勝ですから素晴らしいですね。

ヴィルシーナは父ディープインパクト、2代母がハルーワソングですから、フレールジャック(ラジオNIKKEI賞)と4分の3同血の関係にある良血馬です。


3コーナーからおっつけ通しでしたが、この手応えでしっかり伸びるところがこの馬の持ち味。友道調教師も「(メンディザバル騎手に)エンジンの掛かりが遅いということだけ指示した」とコメントしていました。メンディザバル騎手もズブいことを想定して前で競馬をすることを心掛けていたようです。おそらく忙しいレースには向いていないということだと思うのですが「長い距離のほうが合っている」と語りました。

父ディープインパクトは、全きょうだいの Glorious Song、Devil's Bag、Angelic Song を含んだ繁殖牝馬と相性がよく、この配合パターンを持つJRA出走馬6頭からダノンバラード、フレールジャックと2頭の重賞勝ち馬が誕生したほか、OP入りを果たした本馬、前週の新馬戦を勝ったアダムスピークなど素質馬がどんどん出てきています。12月9日のエントリー「Glorious Song を経由した Halo クロス」のなかでこの配合について考察しておりますのでご覧いただければと思います。
http://kuriyama.miesque.com/?eid=47

エリカ賞を勝った牝馬はこれで5頭目です。過去4頭のその後の成績は以下のとおり。

92年ワコーチカコ……重賞4勝
95年メイショウヤエガキ……フラワーC2着
02年アドマイヤグルーヴ……エリザベス女王杯2連覇
07年アルスノヴァ……その後出走せず

いずれも重賞クラスの実力馬でした。ちなみに、アルスノヴァはドリームジャーニーとオルフェーヴルのきょうだいです。ヴィルシーナも牝馬同士では相当やれるでしょう。

3着ダノンムーンは序盤に13秒台のラップが続いたところで折り合いを欠きました。岩田騎手はあえて抑えてレースを教えたかったようですが満点回答とはならなかったようです。

5着ヒストリカルはスローペースを後方から進み、勝負どころで大外をマクる典型的な負けパターンの競馬。福永騎手が語っているように出遅れとダッシュの鈍さにすべての原因があるので、この点さえ改善すればこのクラスはすぐに卒業できそうです。





古馬の中長距離路線で本領を発揮しそうなジャングルクルーズ


 ■土曜阪神3Rの未勝利戦(芝1600m)は、単勝1.6倍の1番人気に推されたジェンティルドンナが好位から抜け出し、3馬身半差で楽勝しました。
http://www.youtube.com/watch?v=0zkumeSEsFE

全姉ドナウブルー(フィリーズレビュー−4着)は430キロ前後のコンパクトな馬体ですが、本馬は470キロと大柄。姉妹ともにパワフルなフットワークなのは母の父 Bertolini の影響でしょう。「Danzig×Alydar」という力強い血統で、名種牡馬 Green Desert とは4分の3同血の関係です。ピッチ走法を伝えるスピード血統は父ディープインパクトと合います。姉よりも頭が高く、道中はフワフワ走っている感じですが、追い出してからはなかなかの迫力ですね。決め手があります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106253/


母ドナブリーニは、チェヴァリーパークS(英G1・芝6f)とチェリーヒントンS(英G2・芝6f)の勝ち馬。どちらも2歳重賞です。姉ドナウブルーは際立ったレースぷりで新馬−白菊賞を連勝したものの、その後の重賞戦線では4〜6着と馬券に絡めませんでした。早熟タイプなのかなと思ったのですが、先日の1000万下(芝1800m)では不良馬場で感心するぐらい強い勝ち方をしました。重賞クラスに返り咲いてもいいところがありそうです。

妹のジェンティルドンナは、ハイレベルな師走阪神の芝の混合未勝利戦を牝馬ながら3馬身半差で圧勝するわけですから、次走はどこに出ても重い印が付くでしょう。2代母の父リファーズスペシャルは、ハーツクライの2代母ビューパーダンスの全兄です。ハーツクライはビューパーダンスに含まれる Revoked が重要な要素で、Nothirdchance≒Revoked 4×5が配合上のキーポイントです。


このあたりについては旧ブログの09年12月5日のエントリー「ミカエルビスティーと『Nothirdchance≒Revoked』」をご覧ください。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2009/12/nothirdchancere.html

ドナウブルーとジェンティルドンナの姉妹もこれを5×6で持っています。ハーツクライよりも代がひとつ遠ざかるので、そのぶん影響力も小さくなりますが、配合の隠し味ぐらいの効果はあるでしょう。

父ディープインパクトは先週の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)をジョワドヴィーヴルで勝ち、2歳種牡馬ランキングでダイワメジャーを逆転してついにトップに立ちました。勝利数(JRA)でも1勝差でトップを保っています。残りあと2週。この戦いは熱いですね〜。

■土曜中山3Rの未勝利戦(芝2000m)は、向正面でマクり気味に好位に取りついたジャングルクルーズ(1番人気)が危なげなく抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=FFbdN670L8Q

11月の東京新馬戦(芝2000m)では、サトノプライマシーとのマッチレースにクビ差敗れましたが、3着以下を6馬身引き離しており、1、2着馬が素質的に抜けているのは誰の目にも明らかでした。今回は順当勝ちでしょう。

「ジャングルポケット×サンデーサイレンス」は、ジャガーメイル、トールポピー、アヴェンチュラ、アプリコットフィズなど多数の重賞勝ち馬を生み出しています。母フィヨルドクルーズは現役時代に愛知杯(G3)3着、福島牝馬S(G3)3着などの成績を残しました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105926/


「ジャンポケ×サンデー」は、2代母の父にスピードタイプや軟弱な血が入ると総じてイマイチですね。いかつい Northern Dancer 系、ヨーロッパ型の重厚な血、スタミナに秀でた血がフィットします。この馬の2代母の父 Mtoto は名ステイヤー Busted の子で、現役時代にキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1・芝12f)、エクリプスS(英G1・芝10f)〔2回〕などを制しました。まさに条件にぴったりの血です。スタミナと底力に恵まれた配合なので、ジャガーメイルのように古馬になってから中長距離路線で本領を発揮しそうです。





香港スプリントでカレンチャン5着


 日曜日は競馬場にいたので、香港国際競走の結果は帰宅してから知りました。注目の香港スプリント(G1・芝1200m)はカレンチャンが大健闘の5着。思わず笑ってしまいました。もちろん馬鹿にしたわけではありません。カレンチャン凄すぎ!という感嘆の笑いです。
http://www.youtube.com/watch?v=G8A3NipAm8M

4コーナーでごちゃごちゃしてスムーズさを欠き、それでも最後にまた伸びてきているので、ちょっと惜しいレースでしたね。輸送トラブルがあったことを考えれば勝ち負けに等しい善戦だったと思います。

香港スプリントは世界最高峰のスプリント戦のひとつで、日本馬がまったく歯が立たないことでも知られているレースです。過去の最高着順は芝直線1000mで行われていた時代の7着(04年サニングデール)。芝1200mになってからは8着(08年ローレルゲレイロ)が最高です。たいていの年は二桁着順で、上位争いから遠く離れた惨敗なのですから、日本馬の凱旋門賞挑戦よりもハードルが高いともいえます。そのレースでカレンチャンは5着。しっかり勝負になっています。筋骨隆々とした香港のセン馬たちに交じって可憐な大和撫子が健気に頑張っている姿はキュンと来ますね。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007102807/



カレンチャンはクロフネ産駒で、スプリングチケット(京阪杯)の半妹にあたります。母スプリングチケットは「トニービン×マルゼンスキー」という組み合わせ。同じクロフネ産駒のシェルズレイ(ローズS−2着)とブラックシェル(NHKマイルC−2着、日本ダービー−3着)の姉弟は、母の父ウイニングチケットが「トニービン×マルゼンスキー」なので配合構成がよく似ています。


同厩のロードカナロアも相当な器であるとはいえ、今回の結果を見ると、やはりカレンチャンは日本のスプリンターのなかでは飛び抜けた実力の持ち主でしょう。





『競馬王』1月号発売


 自宅に見本誌が届きました。早くも2012年の新年号です。内容的には有馬記念を掘り下げた企画がいくつかあるなど、年内の競馬もフォローしています。自分の持ち場でわたしも書かせてもらっています。ぜひ1冊お手元にどうぞ。




阪神ジュベナイルフィリーズはジョワドヴィーヴル


 この秋、ドリームジャーニーの全弟オルフェーヴルが三冠を達成し、カンパニーと血統構成が酷似したトーセンジョーダンが天皇賞・秋を勝ちました。兄弟や近親、似た配合が走るのは日常茶飯事です。しかし、この日の▲ジョワドヴィーヴル(4番人気)の勝利はインパクトが違いました。血統って凄いな、とあらためて感じました。
http://www.youtube.com/watch?v=teBIQpbhaQI

半姉ブエナビスタと同じく馬体はさほど見栄えがしません。たしかに品はあるのですが、筋肉量は少なく、まだ幼さを残しています。418キロの馬体重は出走18頭のなかでガーネットチャームと並んで最軽量。5月13日の誕生日は最も遅いものです。さらにキャリアわずか1戦。それであのパフォーマンスですから素質はズバ抜けています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106278/


競走馬は大きいほうが有利です。「TARGET frontier JV」で馬体重別の競走成績を調べてみると、たとえば400〜419キロの馬は連対率7.7%ですが、500〜519キロの馬は17.0%です。1走あたりの賞金額を比べてみると、前者の57万円に対し、後者は190万円です(00年以降)。

小柄ながら大柄な馬に伍して一流の成績を収めている馬には、不利を補う何らかの武器があります。良質な筋肉であったり、敏捷さであったり、心臓の強さであったり、精神力であったり、それはさまざまです。

Hyperion や Northern Dancer や Mill Reef など、小柄ながら歴史的成功を収めた種牡馬は、小ささを補うプラスアルファを子に伝え、そうした卓越した“何か”がサラブレッドの進化に影響を及ぼしてきたという面は確かにあると思います。

ジョワドヴィーヴルは、その小さな馬格で、なおかつ筋肉が付ききっていない状態で今回の芸当をやってのけたのですから、尋常でない資質を秘めています。具体的にいえば心臓の強さと筋肉の質、そして走法でしょう。

心臓についてはデビュー前の心肺機能テストの数値がケタ違いだったと聞きます。筋肉についてはあの薄い馬体であれだけのバネを生み出しているのですから良質であることは疑いようがありません。走法については首を支点として全身が躍動するフットワークが印象的です。これは父ディープインパクトによく似ています。


レース後、表彰式に向かう福永祐一騎手が、吉田勝己ノーザンファーム代表の傍らにやってきて、「いやぁ強いですよ、凄いです!」と話しかけました。吉田さんはニコニコと笑って聞いていました。

松田博資調教師もえびす顔です。「2戦目にこれだけ変わるとは思わなかった。このまま無事に行ってくれたらいいですね。とくにいじるところもないし」。このレースを勝った過去の管理馬2頭(ブエナビスタ、レーヴディソール)との比較を問われると「同時期に出てこないと分からんよね」とかわしていました。


配合については11月15日のエントリー「スパッと切れたジョワドヴィーヴル」に記しています。一部を転載します。
http://kuriyama.miesque.com/?day=20111115

「ビワハイジが伝える瞬発力は、主に Sir Gaylord に由来していると思われます。Sir Gaylord は抜群の切れ味を誇った Sir Ivor の父であり、瞬発力のお化けだったダンシングブレーヴの血統においても大きな役割を果たしています。レーヴディソールはその母レーヴドスカーが Sir Gaylord 4×4です。ビワハイジは Sir Gaylord の主要な構成要素である Turn-to と Princequillo を継続し、Foreseer≒Sir Gaylord 2×3としています。これが瞬発力の安定供給を可能としている鍵ではないか、と思われます。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1993109481/


ビワハイジの最高傑作ブエナビスタは、Nijinsky 4×3によって底力を獲得しました。瞬発力は往々にして柔らかさを母体とし、そこには非力さも見え隠れしますから、大レース向きの底力や大物感といったものを生み出すには、剛健な血を合わせることが近道です。ブエナビスタはそれに成功しました。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006103319/


ジョワドヴィーヴルはこれとはタイプが異なります。父ディープインパクトはビワハイジとよく似た構成の Alzao を抱えており、Sir Gaylord をはじめとする主要な構成要素をそっくり継続しています。Alzao≒ビワハイジ3×1といってもいいでしょう。この配合は過激です。剛健さは感じられないものの母の圧倒的なポテンシャルでカバーしています。」


Sir Gaylord がなぜ瞬発力を伝えるかについては、旧ブログの昨年5月12日のエントリー「Sir Gaylord の瞬発力」ごご参照ください。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/05/sir-gaylord-ce0.html

ジョワドヴィーヴルの配合評価は、血統屋の電子書籍『種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』では◎、『競馬王のPOG本』の「栗山ノート」でも推奨しており、ディープインパクト産駒としては最高レベルに評価していました。ただ、今回のレースについては不安材料もそれなりにあったので▲にとどめました。想像以上の強さでした。

◎アナスタシアブルー(7番人気)は12着。序盤にいい位置を取りに行ったのですがスローペースで馬が力んでいましたね。馬の力も足りませんでした。







プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • Holy Bull 死す
    スガノホマレ
  • 山野浩一さん死去
    サケネコ
  • ディープインパクト死す
    ヒデハヤテ
  • 明日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    けいすけ
  • 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でジーワンを6頭ピック
    SuKe
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    栗山求
  • 本日夜に『KEIBAコンシェルジュ』に出演します
    メロン
  • 『競馬場の達人』に出演します
    10年目だけど初心者馬券師まつ
  • 競馬道OnLineプレミアム予想 3月30、31日分
    ohu-nob
  • 『競馬場の達人』に出演します
    梅こんぶ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode