パーフェクト種牡馬辞典


土曜日に東京競馬場のイベントに出演します


 4月21日(土)、東京競馬場フジビュースタンド3階のセンターコートで行われるオープン型レーシングセミナーに出演します。時間はだいたい11時30分ごろから16時30分ごろまで。13時00分から14時00分までは休憩です。司会は竹山まゆみさん、共演は井内利彰さん、山崎エリカさんです。よろしければお立ち寄りください。




競馬道OnLine G1スペシャル予想


 3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典2012−2013』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当された競馬道OnLine様のサイトにて、高松宮記念から栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想しております。今週の皐月賞は望田潤の担当。有力馬の血統分析と直前予想を行います。有力馬分析は無料公開、直前の予想は有料会員のみ閲覧できます。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/sp2012/




競馬道OnLine プレミアムセミナー開催!


 『パーフェクト種牡馬辞典』(自由国民社)の発刊を記念し、同書の編集を担当された競馬道OnLine様が主催するプレミアムセミナーを開催いたします。題して『種牡馬、血統配合で競馬を読み解く』。栗山求が講師としてレクチャーいたします。
http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/jimu/120411/index.html


内容は血統や配合に関する基礎講座、といったものですが、肩ひじ張らないくだけた雰囲気の中で、質疑応答をしながら血統や配合について語っていくというものです。初心者の方歓迎です。当週の天皇賞・春の展望や、ご要望があれば2歳馬についてのご質問にもお答えいたします。


会場の関係で人数は4名様限定。大変申し訳ありませんが先着順とさせていただきます。開催は4月25日(水)18時30分から21時00分まで、会場は東京都中央区銀座の株式会社インタグローです。受講料は1万円(テキスト代込み)。


お申し込みは上記のリンクから可能です。会場の詳しい場所につきましても記載がありますのでご参照くださいませ。振るってご参加ください!





競馬道OnLine G1スペシャル予想


 3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典2012−2013』(自由国民社)の制作では、編集を担当された競馬道OnLine編集部様に大変お世話になりました。


競馬道OnLineのサイトにて、先々週の高松宮記念から栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想しております。今週の桜花賞の担当は栗山求。有力馬の血統分析と直前予想を行います。有力馬分析は無料公開、直前の予想は有料会員のみ閲覧できます。よろしければご覧くださいませ。
http://www.keibado.ne.jp/sp2012/


来週の皐月賞の担当は望田潤さん、3週後の天皇賞・春は栗山求……といった具合に交互にやっていきます。





土曜日に中山競馬場のイベントに出演します


 3月31日(土)、中山競馬場のパドック横のベンジャンミンプラザで行われるオープン型レーシングセミナーに出演します。共演は細江純子さん、井内利彰さんです。4Rのあとに3人でトークをし、その後はレースの合間に1人ずつトークをします。よろしければお立ち寄りください。




『競馬血統クロニクル』発売


3月31日に『サラブレ』を発行するエンターブレインから『競馬血統クロニクル』というムック本が発売になります。わたしも執筆陣に加わっているのですが、欲目を抜きに客観的にみて非常によく出来た素晴らしい1冊だと思います。


主要サイアーライン解説に始まり、世界の最新トップサイアーたち、中央競馬リーディングサイアー史など、ここには書ききれないほど盛りだくさんの内容です。わたしは無記名原稿をいろいろ書いているほか、「種牡馬のIFの物語」という記名原稿を書きました。「歴史が変わったかもしれない種牡馬にまつわるエピソード集」という副題です。


直接血統とは関係ありませんが、「私が血統にハマったきっかけ」というコラムがおもしろいですね。笠雄二郎さん、吉沢譲治さん、加藤栄さん、関口隆哉さん、田端到さん、望田潤さん、わたしの7名が、血統との出会いについて告白しています。


帯には「永久保存版 近代競馬の血統の流れがこれ一冊で分かる!」と銘打っていますが、まさにそのとおり。ぜひ1冊お手元にどうぞ。
http://ebten.jp/sarabure/p/9784047280441/ 





しばらくの間アッサリとした更新になります


高松宮記念が迫ると春競馬の気分がグッと盛り上がってきます。ブログも調子よく書いていきたいところですが、この時季、春の出版物に関わる仕事量もピークを迎えます。今年は新馬戦の開始が2週間早まる影響で、POG関連の原稿スケジュールがタイトになっており、例年以上に厳しい状況です。ブログを書く時間がどうしても取れません……。不本意ながらこれからしばらくの間、アッサリとした感じで更新を続けたいと考えております。ゴメンナサイ!




『サラブレ』4月号発売


 3月13日に『サラブレ』4月号(株式会社エンターブレイン)が発売になりました。高松宮記念、桜花賞、皐月賞、そしてドバイワールドCデーの展望などが盛りだくさんの内容ですが、そのなかで「現役馬の血統七不思議」という記事を執筆いたしました。カラー4ページの特集企画です。「なぜこんなに走る!? 父ステイ×母父マックの謎」など、7つの血統ミステリーについて栗山求の考えを記しました。ぜひ一冊お手元にどうぞ。




ドラマ『大地のファンファーレ』が地上波で全国放送


本日22時00分、NHK総合テレビでばんえい競馬を舞台としたドラマ『大地のファンファーレ』が放送されます(22時43分まで)。本日が前編、来週20日が後編です。すでに北海道やBSプレミアムでは放送されたのですが、地上波の全国放送は今回が初めて。待ちに待った放送なので楽しみです。





『パーフェクト種牡馬辞典 2012−2013』発売!


 明日3月9日(金)、栗山求&望田潤がメイン執筆者として関わった『パーフェクト種牡馬辞典 2012−2013』(自由国民社)が全国の書店で発売になります。


“配合”に比重を置いたという点で過去の類書とは一線を画しています。5代血統表を掲載し、種牡馬ごとの配合ポイント、成功するパターン、馬券になる得意条件などを記したほか、種牡馬ランキング20位までの馬については、今年のPOGの狙い馬を3代血統表付きで2頭ずつ取り上げています。


また、グリーンチャンネルでおなじみの辻三蔵さんが種牡馬ごとの調教傾向を解説し、久保和功さんが同様にパドックの見方をレクチャーしています。競馬道 OnLine 編集部と野本秀樹さんの協力により、データ分析部分を一新。情報量は昨年までの約10倍(!)という大増量となりました。


このほか、栗山求は「種牡馬にとって大切な『血統と配合』」と題する文章を寄稿しています。400字詰め原稿用紙20枚ほどの分量で、血統表をどう解釈するかといった基礎的な血統講座と、サラブレッドがどのような歴史をたどって現代に血を伝えてきたかという血統興亡史が柱です。


馬券はもちろんPOGや生産にも応用可能な新時代の種牡馬辞典であり、まさに全方位型の決定版、といった趣です。配合の教科書としてもお使いいただけると思います。お買い上げいただけましたら幸いですm(_ _)m
http://www.amazon.co.jp/dp/4426113911







プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

  • 皐月賞はアルアイン
    ヒデハヤテ
  • 皐月賞はアルアイン
    Y子
  • 皐月賞はアルアイン
    ゆーな
  • 4月1、2日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    Y子
  • Man o'War 生誕100年
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    砂の鬼ダイホウゲツ
  • フラワーCはファンディーナ
    ゆーな
  • フラワーCはファンディーナ
    ヒデハヤテ
  • フラワーCはファンディーナ
    Y子
  • 3月4、5日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
    まりあ

recent trackback

LINK

検索

携帯

qrcode